古瀬 奈津子

FURUSE Natsuko

職名

教授

生年月

1954年08月

所属

基幹研究院 人文科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 比較社会文化学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 比較社会文化学専攻

文教育学部 人文科学科

■廃止組織■ 比較日本学教育研究センター

主担当学科

文教育学部人文科学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻歴史文化学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻国際日本学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 日本古代史、儀式、政治史、日中比較史、

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 1.唐の書儀と日本の往来物を比較して、それぞれの家族・親族のあり方の違いについて、台湾大学における国際学術検討会における方向に基づき論文を執筆した。。
    2.平安時代史について、藤原行成の日記『権記』に引用された法令や日記について検討し、行成編『新撰年中行事』と日記の関係を考察した論文「藤原行成『権記』と『新撰年中行事』」を執筆した。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 1.学部では、リベラルアーツ色・音・香で、おいしさと色・音・香について歴史学の立場から講義を行った。日本史研究法では、古代・中世史料の読み方・調べ方とテーマの選び方の手ほどきをした。日本文化史概論では、安田次郎教員と合同で日本古代・中世史を都市に着目しながら概観した。日本古代史演習では『続日本紀』延暦9年条を講読し、桓武朝前半期の政治・社会の変化について考察した。大学院では、『令集解』葬喪令と『小右記』寛仁2年条を講読し、律令制の基礎とその後の社会的展開について理解を深めた。卒論・修論の研究指導を行い、卒論4人、修論1人、がそれぞれ学位を取得した。
    2.大学院教育改革支援プログラムを引き継いだ副専攻「日本文化論」の一環として、比較日本学教育研究センター主催の国際日本学シンポジム「日本学からの対話」および国際日本学コンソーシアム「グローバル化と日本学」を開催し、大学院教育の国際化に寄与した。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 1.東アジアにおける日本という視点から、日本古代の天皇制研究を進め、日本社会の特質に迫る。
    2.共同研究「東アジアにおける礼・儀式・支配構造の比較史的研究」を開始し、礼と儀式による日唐比較研究から、日唐古代社会の本質的差異と歴史的展開の共時性を明らかにする。
    3.平安時代の政治システムについて、律令制からの変容過程を、同時代の中国との比較を交えて考察し、古代から中世への変化を明らかにする。
    4.共同研究「社会的上下感覚の生成・持続・変容に関 する比較史」(科学研究費)により、従来とは別の見方で、日本古代における上下関係について考える。
    5.日本学の観点から、海外の日本研究者と共同で、日本の社会と文化について、異なった視点からの学際研究を進める。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  •  女子大というと閉ざされたイメージがあるかもしれませんが、お茶の水女子大学の場合それは当てはまりません。サークルだけではなく、ゼミや勉強会を通じて他大学との交流もあります。他大学の単位を取得する制度もあります。お茶大の中だけに閉じこもらずに、積極的に外の世界とのつながりももつようにしましょう。
     ただし、国立女子大学の意義もまたあると思います。現代社会においては、まだ就職や、結婚をし子どもをもった後に仕事を続けようとした場合などに、男女平等とは言えない部分があるのではないでしょうか。子どもの出生率が下がったままなのは、こうしたことに原因があるのではないでしょうか。本当の意味において男女がそれぞれの特性をいかして生きていける社会を実現するために、国立女子大学の意義はまだ大きいと言わざるを得ないと思います。

学歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学, 文教育学部, 史学科, 大学, 1977年03月, 卒業, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人文科学研究科, 史学専攻, 大学院(修士課程), 1980年03月, 修了, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化研究科, 比較文化学専攻, 大学院(博士課程), 1983年03月, 単位取得満期退学, 日本国

  • 東京大学, 大学院(博士課程), 1999年03月, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士, 1977年03月

  • 修士, 1980年03月

  • 博士(文学), 1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 文化科学系,教授

  • 基幹研究院 人文科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 比較社会文化学専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 比較社会文化学専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 比較社会文化学専攻,教授

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学 大学院人間文化研究科,助手,1983年04月 - 1986年03月

  • 日本学術振興会,特別研究員,1986年04月 - 1987年12月

  • 国立歴史民俗博物館 歴史研究部,助手,1988年01月 - 1991年10月

  • 国立歴史民俗博物館 歴史研究部,助教授,1991年11月 - 1993年03月

  • お茶の水女子大学 大学院人文科学研究科,助教授,1993年04月 - 1997年03月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 日本古代王権と儀式

    吉川弘文館, 1998年02月, 古瀬 奈津子, 単行本(学術書)

  • 遣唐使の見た中国

    吉川弘文館, 2003年05月, 古瀬 奈津子, 単行本(学術書)

  • 摂関政治(シリーズ日本古代史⑥)

    岩波書店, 2011年12月, 古瀬 奈津子, 単行本(学術書)

  • 広開土王碑拓本の新研究

    同成社, 2013年07月, 古瀬 奈津子, 研究書

  • 東アジアにおける礼・儀式と支配構造

    吉川弘文館, 2016年02月, 古瀬奈津子, 研究書

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 宋令唐令の比較からみた皇帝権力の変質

    国際東方学者会議紀要, 2012年11月, 古瀬 奈津子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Fujiwara no Michinaga’s Consumer Lifestyle: Powerful People and Consumptin

    比較日本学教育研究センター, 2012年03月, 古瀬 奈津子, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • 営繕令中的宋令與唐令

    中国史研究, 57巻(頁57 - 70), 2008年12月, 古瀬 奈津子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 遣唐留学生と日本文化の形成

    東アジア世界史研究センター年報(専修大学)1号(頁43 - 49), 2008年03月, 古瀬 奈津子, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • 天聖令の発見と日本古代史研究

    歴史学研究833号(頁43 - 45), 2007年10月, 古瀬奈津子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 新刊紹介 鈴木靖民・金子修一・石見清裕・浜田久美子編『訳註 日本古代の外交文書』

    唐代史研究18号(頁201 - 202), 2015年08月, 古瀬奈津子, 原著, 単著, 査読なし, 書評,文献紹介等

  • 書評 氣賀澤保規編『遣隋使の見た風景』

    唐代史研究16号(頁99 - 104), 2013年07月, 古瀬 奈津子, 原著, 単著, 査読なし, 書評,文献紹介等

  • 特別寄稿 国際日本学シンポジウム 「発見!お茶の水女子大学の広開土王碑拓本」

    エリプス29号, 2012年10月, 古瀬 奈津子, 原著, 単著, 査読なし, 総説・解説(大学・研究所紀要)

  • 書評:佐藤全敏著『平安時代の天皇と官僚制』

    法制史研究59号(頁241 - 246), 2010年, 古瀬 奈津子, 原著, 単著, 査読あり, 総説・解説(学術雑誌)

  • 唐礼と日本古代の儀式  ~唐礼受容の過程~ (シンポジウムの記録)

    唐代史研究, 2003年, 古瀬 奈津子, 総説・解説(学術雑誌)

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 平成7・8年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書 『古代日本における書状の系譜~正倉院文書から綸旨まで~』

    1997年03月, 古瀬 奈津子, 科研費報告書

  • 平成15年度~平成18年度科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般)研究成果報告書 日本古代における書状の社会的機能に関する研究

    2007年03月, 古瀬 奈津子, 科研費報告書

  • 大学院教育改革支援プログラム「日本文化研究の国際的情報伝達スキルの育成」平成21年度活動報告書 海外教育派遣事業編

    日唐営繕令営造関係条文の検討2010年03月, 古瀬 奈津子, 近藤譲・古瀬奈津子・菅聡子・頼住光子, 外部資金報告書

  • 日中歴史共同研究第一期報告書 日中原文編

    日本人と中国人の相互認識2010年01月, 古瀬 奈津子, その他

  • 日本文化研究の国際的情報伝達スキルの育成 平成20年度活動報告書・海外教育派遣事業編 (お茶の水女子大学大学院教育改革支援プログラム)

    女房としての紫式部2009年03月, 古瀬 奈津子, 近藤譲・古瀬奈津子・菅聡子・頼住光子, 外部資金報告書

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 遣唐使と東アジアの国際情勢

    古瀬奈津子, 国外, 2016年03月, 国立台湾大学日本語文学系講演会, 台北市(台湾), 国立台湾大学日本語文学系, 招待講演, 第一発表者

  • 唐の書儀と日本古代の書状

    古瀬 奈津子, 国外, 2004年07月, 中国唐史学会第9回年会, 中国・雲南省昆明, 中国唐史学会, 招待講演, 第一発表者

  • 日本史からみた「井真成墓誌」

    古瀬 奈津子, 国内, 2004年11月, 唐代史研究会秋期シンポジウム, 東京・明治大学駿河台校舎, 唐代史研究会, 招待講演, 第一発表者

  • 摂関政治成立の歴史的意義 ~摂関政治と母后~

    古瀬 奈津子, 国内, 2000年11月, 日本史研究会大会, 京都・仏教大学, 日本史研究会, 招待講演, 第一発表者

  • 官人出身法からみた日唐官僚制の特質

    古瀬 奈津子, 国外, 2001年07月, 唐律名例律学術検討会, 台湾・台湾県烏来, 台湾大学歴史学系・唐律研読会 中国法制史学会, 招待講演, 第一発表者

全件表示 >>

創作活動・製品・公演・競技・フィールドワーク等 【 表示 / 非表示

  • 史料調査

    2001年04月, 10/20-10/24

    古瀬 奈津子, 中国・北京大学図書館

  • 史料調査、史跡調査

    1999年04月, 11/22-11/27

    古瀬 奈津子, 中国・寧波(天一閣など)

  • 外来研究員・ 史料学による日本古代政治史の再検討

    1996年04月, 5/1-10/31

    古瀬 奈津子, 国立歴史民俗博物館

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 東アジアにおける礼・儀式・支配構造の比較史的研究ー唐宋変革期の中国・朝鮮と日本ー

    基盤研究(B), 古瀬奈津子, 2016年度

  • 東アジアにおける礼・儀式・支配構造の比較史的研究ー唐宋変革期の中国・朝鮮と日本ー

    基盤研究(B), 古瀬 奈津子, 2015年度

  • 人文学(特に日本史および日本学)を中心とした学術研究動向調査

    古瀬 奈津子, 受託研究費, 日本学術振興会, 2015年度, 5,000,000千円

  • 東アジアにおける礼・儀式・支配構造の比較史的研究ー唐宋変革期の中国・朝鮮と日本ー

    基盤研究(B), 古瀬 奈津子, 2014年度

  • 人文学(特に日本史および日本学)を中心とした学術研究動向調査

    古瀬 奈津子, 受託研究費, 日本学術振興会, 2014年度, 5,000,000千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 東方学会, 委員,2013年06月 - 現在, 国内

  • 唐代史研究会, 委員,2003年08月 - 2005年08月, 国内

  • 唐代史研究会, 委員,2005年08月 - 2007年08月, 国内

  • お茶の水史学, 委員長,2002年04月 - 2004年03月, 国内

  • お茶の水史学, 委員,2005年04月 - 2006年03月, 国内

全件表示 >>