坂元 章

SAKAMOTO Akira

職名

教授

所属

基幹研究院 人間科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 人間発達科学専攻

文教育学部 人間社会科学科

ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 人間発達教育科学研究所

主担当学科

文教育学部人間社会科学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻心理学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻心理学領域

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • メディア、心理学、テレビ、テレビゲーム、インターネット

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 従来、「メディアと人との関わり」を研究課題としているが、2016年度もそうした研究を進め、共同研究者とともに、その成果を論文や学会発表などによって報告した。また、「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」による保護者啓発に関する研究のとりまとめに座長として協力した。この他、情報リテラシーやメディア・リテラシーの教材開発に協力するなどの仕事を行った。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 従来、学部および大学院において、社会心理学に関する授業を担当しており、その領域の研究、理論、方法などの指導を行っている。学部の授業においては、社会心理学の学習とプレゼンテーション能力向上の両者にとって有効な教育方法の開発に取り組んだ。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 現在、メディアの心理学的研究などについて、いくつかのテーマに関する研究を進めているが、引き続き、それぞれの研究を充実させるとともに、この分野の研究の活性化に尽力したい。
    その一方で、メディアに関する現実的な問題に取り組むためには、他の分野や専門との連携が重要であり、それゆえ、共同研究にも取り組みたいと考えている。

学位 【 表示 / 非表示

  • 文学士, 1986年03月

  • 社会学修士, 1988年03月

  • 博士(社会学), 1992年02月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 人間科学系,教授

  • 基幹研究院 人間科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 人間発達科学専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 人間発達科学専攻,教授

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 新編社会と情報

    Tokyo Shoseki, 2017年02月, 赤堀侃司・永野和男・東原義訓・坂元章他, 教科書

  • 社会と情報

    Tokyo Shoseki, 2017年02月, 赤堀侃司・永野和男・坂元章他, 教科書

  • The Oxford Handbook of Media Psychology

    Japanese approach to research on psychological effects of use of media, Oxford University Press, 2013年01月, Sakamoto, A., K. E. Dill, 単行本(学術書), 496-510

  • 子ども期の養育環境とQOL

    子どものメディアライフとQOL, 金子書房, 2012年09月, 長谷川真里・坂元章, 菅原ますみ(編), 単行本(学術書), 67-80

  • 社会と情報

    Tokyo Shoseki, 2012年02月, 赤堀侃司・永野和男・坂元章他, 教科書

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • テレビゲーム利用による攻撃性・規範意識への影響―中学生の縦断調査データに対するレーティング区分ごとの分析―

    デジタルゲーム学研究, 9巻1号(頁13 - 23), 2016年12月, 堀内由樹子・田島祥・鈴木佳苗・渋谷明子・坂元章, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • パチンコ・パチスロ遊技障害尺度の短縮版の開発

    精神医学, 58巻12号(頁939 - 999), 2016年12月, 秋山久美子 ・坂元章 ・祥雲暁代 ・河本泰信 ・佐藤拓 ・西村直之 ・篠原菊紀 ・石田仁・牧野暢男, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • パチンコ・パチスロ遊技障害尺度の作成および信頼性・妥当性の検討

    精神医学, 58巻4号(頁307 - 316), 2016年04月, 秋山久美子 ・祥雲暁代 ・坂元章 ・河本泰信 ・佐藤拓 ・西村直之 ・篠原菊紀 ・石田仁 ・牧野暢男, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Development of a pants pattern design system based on 3D body data analysis

    IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, 3巻2号(頁114 - 124), 2015年12月, Takami Yamamoto, Masanori Nakayama, Rui Katsura, Akira Sakamoto, Issei Fujishiro, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Validity of TV, video, video game viewing/usage diary: Comparison with the data measured by a viewing state measurement device

    Journal of Socio-Informatics, 7巻1号(頁1 - 11), 2014年11月, Rei KUDO, Shinichi HORIKAWA, Akira SAKAMOTO, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 子どもとインターネット(下) ―保護者啓発がますます重要に

    週刊教育資料, 2013年02月, 坂元 章, 寄書, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

  • 子どもとインターネット(上) ―インターネットの活用と安全を両立させる―

    週刊教育資料, 2013年02月, 坂元 章, 寄書, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

  • 子どもはメディア問題にどう対応すべきか ―学校の役割―

    教育展望, 2012年10月, 坂元 章, 寄書, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

  • 「教育の事業化」事業仕分けから思うこと

    ニューサポート高校情報, 2010年, 坂元章, その他記事

  • 「CEROの禁止表現およびZ区分表現の妥当性に関する調査」の概要

    デジタルゲーム学研究, 2009年, 坂元 章, 総説・解説(学術雑誌)

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • Happy子育ておことばBook ―小学生編―

    どんなソフトか知ってますか? 親もいっしょに遊べばコミュニケーションにも役立ちます。, 主婦の友社, 2012年07月, 坂元 章, 解説書・図録等, 共著

  • Happy子育ておことばBook ―小学生編―

    むやみに避けるより家庭内のルールを決めて習慣にする。, 主婦の友社, 2012年07月, 坂元 章, 解説書・図録等, 共著

  • Happy子育ておことばBook ―幼児編―

    ホントはどうなの?ゲームが子どもに与える悪影響, 主婦の友社, 2012年04月, 坂元 章, 解説書・図録等, 共著

  • Proceedings: Science of Human Development for Restructuring the “Gap Widening Society”, 17

    The effects of video games on aggression in female university students: Reward and negative mood2012年02月, Kumazaki (Yamaoka) A., Kobayashi, S., Mouri, M., & Sakamoto, A., Miwa, K., 外部資金報告書

  • Proceedings: Science of Human Development for Restructuring the “Gap Widening Society”, 17

    Effects of playing massively multiplayer online role-playing game on the interpersonal networks of players: An experimental study targeting new players2012年02月, Tajima, S., Matsuo, Y., Uryu, K., & Sakamoto, A., Miwa, K., 外部資金報告書

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 子どものインターネット利用といじめ(10)-ネットを利用しない仲間内攻撃行動がネットを利用した仲間内攻撃行動に及ぼす影響に対する携帯電話とパソコン利用量の調整効果-

    鈴木佳苗・熊崎あゆち・桂瑠以・坂元章・橿淵めぐみ, 国内, 2012年11月, 日本社会心理学会第53回大会, 筑波大学, 日本社会心理学会, 一般発表, 共著者

  • 翻訳チャットのためのリテラシー教育が偏見低減に及ぼす効果

    松尾由美・田島祥・石井奈保美・奥山洋子・坂元章 , 国内, 2012年11月, 日本社会心理学会第53回大会, 筑波大学, 日本社会心理学会, 一般発表, 共著者

  • 性的動画・雑誌接触が青少年の性意識・行動に及ぼす影響(1)-性行動への影響―

    橿淵めぐみ・安藤玲子・鈴木佳苗・熊崎あゆち・桂瑠以・坂元章, 国内, 2012年11月, 日本社会心理学会第53回大会, 筑波大学, 日本社会心理学会, 一般発表, 共著者

  • 性的動画・雑誌接触が青少年の性意識に及ぼす影響(2)-性的リアリティへの影響―

    安藤玲子・橿淵めぐみ・鈴木佳苗・熊崎あゆち・桂瑠以・坂元章, 国内, 2012年11月, 日本社会心理学会第53回大会, 筑波大学, 日本社会心理学会, 一般発表, 共著者

  • オンラインゲームを用いたシャイネス改善プログラムの開発と効果

    田島祥・松尾由美・武井友希・坂元章, 国内, 2012年11月, 日本社会心理学会第53回大会, 筑波大学, 日本社会心理学会, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀大会発表賞

    日本性格心理学会第10回大会実行委員会, 小林久美子・坂元章・鈴木佳苗・安藤玲子・橿淵めぐみ・木村文香, 研究発表「小林久美子・坂元章・鈴木佳苗・安藤玲子・橿淵めぐみ・木村文香 (2001, 9) オンラインの関係数がオフラインの対人関係に及ぼす影響 日本性格心理学会第10 回大会発表論文集,138-139.」, 2001年09月, 国内

  • 奨励賞

    財団法人中山科学振興財団, 坂元 章, これまでの研究業績。テーマ名は「テレビゲーム、インターネット、ロボットなどの相互作用メディアの使用が人間の心理的および社会的発達に及ぼす影響」。, 2000年09月, 国内

  • 研究奨励賞

    日本グループ・ダイナミックス学会, 坂元 章, 論文「坂元章・三浦志野・坂元桂・森津太子 (1995, 7) 通俗的心理テストの結果のフィードバックによる自己成就現象 ―女子大学生に対する実験と調査― 実験社会心理学研究, 35(1), 87-101.」, 1996年10月, 国内

  • 研究奨励賞

    日本教育工学会, 坂元 章, 研究発表「坂元章・馬場英顯・桜谷昭夫・大串一彦・原勤・坂元昂 (1994, 10) コンピューター使用が子供の論理的および創造的能力の発達に及ぼす影響 教育工学関連学協会連合第4回全国大会講演論文集, 91-92.」, 1995年11月, 国内

  • 研究奨励賞

    日本心理学会, 坂元 章, 論文「坂元章 (1987/8) 人物表象が印象評定に及ぼす影響 心理学研究, 58, 166-173.」, 1988年10月, 国内

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 翻訳チャットを介する国際交流が偏見低減に及ぼす効果

    挑戦的萌芽研究, 坂元 章, 2011年度, 2,500千円

  • インターネットと社会性に関する調査研究

    坂元 章, 共同研究, 株式会社三菱総合研究所, 2011年度, 1,690千円

  • 暴力シーンに関する内容分析と縦断調査に基づくメディア教育プログラムの開発と評価

    基盤研究(B), 坂元 章, 2010年度, 4,200千円

  • インターネットと社会性に関する調査研究

    坂元 章, 共同研究, 株式会社三菱総合研究所, 2010年度, 3,832千円

  • 暴力シーンに関する内容分析と縦断調査に基づくメディア教育プログラムの開発と評価

    基盤研究(B), 坂元 章, 2009年度, 5,900千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本パーソナリティ心理学会, 理事,2009年11月 - 2015年09月, 国内

  • 教育情報研究, 委員,2009年09月 - 現在, 国内

  • 日本教育情報学会, 評議員,2009年09月 - 現在, 国内

  • 日本デジタルゲーム学会, 副会長,2008年04月 - 2014年03月, 国内

  • 日本デジタルゲーム学会, 理事,2006年05月 - 2008年03月, 国内

全件表示 >>