小玉 亮子

KODAMA Ryoko

職名

教授

所属

基幹研究院 人間科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 人間発達科学専攻

生活科学部 人間生活学科

■廃止組織■ 教育開発センター

■廃止組織■ 教育研究特設センター

■廃止組織■ 総合学修支援センター

■廃止組織■ 人間発達教育研究センター

■廃止組織■ グローバル人材育成推進本部

■廃止組織■ グローバル人材育成推進センター

ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 人間発達教育科学研究所

主担当学科

生活科学部人間生活学科・発達臨床心理学講座

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻保育・児童学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻保育・児童学領域

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 子ども、教育、家族

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 学部では、発達臨床心理学講座において、比較教育文化論に関する講義と、幼児教育に関して社会学的・歴史学的視点にもとづく文献購読の演習を担当し、幼児教育における大人と子どもの関係について、多様なテーマの下に比較文化的検討をおこなった。この他、専門の「人間関係学」および教職科目の「生徒指導の研究」を担当した。
     大学院では、人間発達科学系の保育・児童学コースに所属し、授業では、幼児教育の比較史に関する文献購読を行い、ドイツ、イギリス、日本等の幼児教育の思想と制度の成立史について検討をおこなった。
     また、あわせて、子ども社会学研究会を開催し、メディアと子どもというテーマで今年度は映画を通して、子どもがどのように表象されているのかを検討した。

学位 【 表示 / 非表示

  • 教育学修士, 1991年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 人間科学系,教授

  • 基幹研究院 人間科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 人間発達科学専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 人間発達科学専攻,教授

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議連携会員,連携会員,2011年10月 - 継続中

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 『教育学』

    ジェンダーとセクシュアリティ, 医学書院, 2015年03月, 小玉亮子, 木村元, 教科書, 203-216

  • 『教育格差の社会学』

    「ジェンダーと教育」, 有斐閣, 2014年01月, 小玉亮子, 耳塚寛明編, 教科書

  • 『福祉国家と教育』

    「ドイツにおける社会国家形成と教育福祉職の成立—ジェンダーの視点から−」, 昭和堂, 2013年11月, 小玉亮子, 廣田照幸他編, 単行本(学術書), 167-186

  • 『生きる力をそなえた子どもたちーそれは家庭科教育から』

    「広げ、深める家族の学習のために」, 学文社, 2013年06月, 小玉亮子, 日本家庭科教育学会編, 単行本(学術書), 80-84

  • 『生きる力をつける学習~未来をひらく家庭科~』

    「家庭科から問う科学と技術」, 教育実務センター, 2013年04月, 小玉亮子, 望月一枝他編, 単行本(学術書), 152-157

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 「幼児教育をめぐるポリティクス―国民国家・階層・ジェンダー―」

    日本教育社会学会編『教育社会学研究』, 2011年06月, 小玉亮子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • <教育と家族>研究の展開―近代的子ども観・近代家族・近代教育の再考を軸として

    日本家族社会学会編『家族社会学研究』, 2010年10月, 小玉亮子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 少子化、ナショナリズム、ジェンダー―1910年台のドイツにおける出生率低下問題から―

    比較家族史学会編『比較家族史研究』, 2010年03月, 小玉亮子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「近代教育とジェンダー――幼児教育における教育者養成システムの歴史から――」

    日本ドイツ学会編『ドイツ研究』, 2008年05月, 小玉亮子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「子どもの現在――いじめ言説を問い直す――」

    『月刊 自治研』, 2007年10月, 小玉亮子, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 「子どもの目の高さに立つ? ―スコットランドで考えたこと―」

    幼児の教育, 2011年, 小玉亮子, 単著, その他記事

  • 近代ドイツにおける家族と国家、そして、第三項―西洋教育史における家族研究の射程―

    日本の教育史学, 2010年, 小玉亮子

  • 保育園・幼稚園と親のかかわりを考える

    幼児の教育, 2009年, 小玉亮子, 総説・解説(大学・研究所紀要)

  • 「親子関係をGewaltという視点から考える」

    幼児の教育, 2006年, 小玉亮子, 総説・解説(大学・研究所紀要)

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 近代世界における国民・ジェンダー規範の形成

    少子化、ナショナリズム、ジェンダー―1910年代のドイツにおける出生率低下問題から―2010年03月, 小玉亮子, 加藤千香子, 科研費報告書

  • 大学コミュニティにある保育実践と学生の学びをつなぐ

    子どもたちのための場所―社会的・歴史的コンテクストから考えるということ2010年01月, 小玉亮子, お茶の水女子大学「幼保プロジェクト」発行, その他

  • 文献選集・現代の親子 第一期 子育てのエージェント 全10巻 第二期 「問題」とされる親と子 全10巻

    日本図書センター, 2009年06月, 小玉亮子・広井多鶴子

  • 『平成17~19年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書 子どものしつけ・教育戦略の社会学的研究―階層性・公共性・プライヴァタイゼーション』

    「親たちのニーズとアクションー教育戦略と公共性」2008年03月, 小玉亮子, 片岡栄美, 科研費報告書

  • 『教育学meetsクイア・スタディーズ』

    2008年03月, 日本教育学会関東地区担当理事 片岡洋子・小玉亮子, 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 家庭的保育の現状と課題:海外との比較検討から

    小玉亮子, 国内, 2015年01月, 日本学術会議学術フォーラム, 日本学術会議大会議場, 日本学術会議, 招待講演, 第一発表者

  • 震災後の保育・子育てとその周辺

    菊地知子・小玉亮子・高田文子, 国内, 2014年05月, 保育学会第67回大会, 大阪総合保育大学・大阪城南女子短期大学, 日本保育学会, 一般発表, 共著者

  • 1920年代から1930年代ドイツにおける家族と教育

    小玉亮子, 国内, 2013年10月, 教育史学会第57回大会, 福岡大学, 教育史学会, 一般発表, 第一発表者

  • 20世紀前半のドイツにおける家庭教育の展開―1920年全国学校会議に焦点をあてて―

    小玉亮子, 国内, 2012年12月, ジェンダー史学会第9回大会, 東京外国語大学, ジェンダー史学会, 一般発表, 第一発表者

  • A Comparative study on the early childhood educational Curriculum Reform in 2000s- Japan, England and Germany-

    小玉亮子, 国外, 2012年01月, Presentation prepared for 10th Annual Hawaii International Conference on Education, Honolulu, Hawaii, USA. , Honolulu, Hawaii, USA. , Presentation prepared for 10th Annual Hawaii International Conference on Education, Honolulu, Hawaii, USA. , 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • ヴァイマル期ドイツにおける消費社会の進展と家庭教育に関する社会史的研究

    基盤研究(C), 2011年度, 800千円

  • 「子ども」の保護・養育と遺棄をめぐる学際的比較史研究

    萌芽研究, 橋本伸也, 2011年度, 300千円

  • ヴァイマル期ドイツにおける消費社会の進展と家庭教育に関する社会史的研究

    基盤研究(C), 2010年度, 900千円

  • 消費者教育推進方策研究事業

    小玉亮子, 消費者教育推進方策研究事業, 消費者庁, 2010年度, 1,999,880千円

  • 格差是正に向けた就学前教育の比較社会学的研究―日米英独の比較から

    小玉亮子, 日本証券奨学財団平成22年度研究調査助成, 財団法人 日本証券奨学財団, 2010年度, 950,000千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本教育学会, 副会長,2015年09月 - 現在, 国内

  • 『日本の教育史学』, 委員,2014年10月 - 2016年09月, 0386-8982, 国内

  • 日本学術会議, 委員,2011年10月 - 現在, 国内

  • 『日本の教育史学』, 委員,2010年10月 - 2012年09月, 0386-8982, 国内

  • 日本教育史学会, 理事,2010年09月 - 現在, 国内

全件表示 >>