研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 西洋哲学、近代哲学、ドイツの哲学

研究内容 【 表示 / 非表示

  •  日本学術振興会より科研費の助成(「研究活動スタート支援」、2010年~2011年)を受け、「ロックとライプニッツにおける意識から逃れ去るもの」という研究プロジェクトを進めている。

教育内容 【 表示 / 非表示

  •  文教育学部の主に1~3年生向けの概論講義、主に哲学科の2~4年生向けの専門講義の、二種類の講義の授業を行った。
     また専門課程の学部生向けの英語文献講読、大学院生向けのドイツ語文献講読、他の教員との合同でフランス語文献購読の、三種類の演習授業を行った。
     その他、卒業論文・修士論文指導および審査を行った。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学, 大学, 卒業, 日本国

  • 東京大学, 大学院(修士課程), 卒業, 日本国

  • メキシコ国立自治大学, 哲学文学部, 哲学科, 大学院(博士課程), 卒業, メキシコ合衆国

学位 【 表示 / 非表示

  • 哲学博士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 文化科学系,准教授

  • 基幹研究院 人文科学系,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 比較社会文化学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 比較社会文化学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 比較社会文化学専攻

全件表示 >>

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 哲学としての美学

    Die philosophische Ästhetik, 晃洋書房, 2017年04月, 2009年, 渋谷治美・中野裕考・馬場智一・中村美智太郎・大森万智子, Günter Pärtner, 研究書

  • 大阪工業大学紀要. Series B, 人文社会篇

    体系という湖の中の島:『オプス・ポストゥムム』におけるカントとフィヒテ、シェリングとの関係, Islas en la laguna del sistema: La relación de Kant con Fichte y Schelling en el Opus post, Éndoxa Series Filosóficas N° 18, 2013年, 2004年, 内田浩明・中野裕考, 研究書, 29-56

  • アブラハムのイサク献供物語

    フランツ・ヒンケランマート「アブラハムの信仰と西洋のオイディプス」, 日本キリスト教団出版局, 2012年02月, 中野裕考, 関根清三, 単行本(学術書), 273-280

  • 近代哲学の名著

    カント『実践理性批判』, 中央公論社, 2011年07月, 中野裕考, 熊野純彦, 単行本(学術書), 266-275

  • La teoría de la autoafección de Kant. Un estudio sobre la intuición sensible en la Crítica de la razón pura

    Universidad Iberoamericana, 2010年, Hirotaka Nakano Ito, 研究書

論文 【 表示 / 非表示

  • Is there Japanese / Latin American Philosophy?

    Tetsugaku1号(頁140 - 154), 2017年04月, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Practical Metaphilosophy : For inhabitants of two-storey houses

    お茶の水女子大学人文科学研究, 12 巻(頁79 - 90), 2016年03月, 中野 裕考, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 運動としての自己触発

    日本カント研究, 15巻, 2014年06月, 中野裕考, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • 自我意識の条件――『モナドロジー』§§29-30注解――

    人文科学研究, 2013年03月, 中野裕考, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • ルソーにおける有限性の自我論

    倫理学年報, 2013年03月, 中野裕考, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Kant and French Phenomenology on Self-affection

    NAKANO, Hirotaka, 国外, 2015年09月, 12. Internationale Kant-Kongress, University of Wien, 一般発表, 第一発表者

  • Philosophy in Latin America

    NAKANO, Hirotaka, 国内, 2015年05月, 第74回日本哲学会, 上智大学, 日本哲学会, 招待講演, 第一発表者

  • 自己触発論の運動論的解釈

    中野裕考, 国内, 2013年11月, 第38回日本カント協会, 早稲田大学, 日本カント協会, 招待講演, 第一発表者

  • La constitución del yo en el Emilio

    中野裕考, 国外, 2012年10月, Coloquio internacional Jean-Jaque Rousseau a 300 años de su nacimiento, メキシコシティ, Universidad Autóbina Metropolitana, 一般発表, 第一発表者

  • ライプニッツの有限な自我

    中野裕考, 国内, 2011年11月, 日本ライプニッツ協会大会, 一般発表, 第一発表者

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 若手研究者奨励賞

    日本哲学会, 中野裕考, 2011年05月, 国内

  • 2008年度アルフォンソ・カソ・メダル

    メキシコ国立自治大学, 中野裕考, メキシコ国立自治大学における各専攻課程の2008年度の最優秀博士論文, 2010年11月, 国外

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • カントと現代の知覚理論

    若手研究(B), 2014年度

  • カントと現代の知覚理論

    若手研究(B), 2013年度, 800千円

  • ロックとライプニッツにおける意識から逃れ去るもの

    研究活動スタート支援, 2010年度, 1,365千円