小谷 眞男

KOTANI Masao

職名

教授

生年月

1963年11月

所属

基幹研究院 人間科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 ジェンダー社会科学専攻

生活科学部 人間生活学科

国際本部 国際教育センター

主担当学科

生活科学部人間生活学科・生活社会科学講座

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科ジェンダー社会科学専攻生活政策学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻社会学・社会政策領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • イタリア法文化史、リベラルアーツ法学教育論・法と文芸、トランス-サイエンス論、ろう文化・手話学、社会福祉

研究内容 【 表示 / 非表示

  • ①近現代イタリア法文化史。とくに現在は、Beccariaの時代からナポレオン法体制期・リソルジメントにかけてのイタリアにおける、いわゆる「ローマ法の危機」ないしキケロ研究と diritto nazionale としてのイタリア法の生成について研究中。②リベラルアーツ法学教育論については内外の先進事例の調査に着手した。③トランス-サイエンス論ではイタリアの震災リスク裁判事例を分析している。④手話学ではイタリアのバイリンガルろう児聴児統合教育の事例を調べている。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • リベラルアーツ法学教育(法社会学入門、比較法文化論、法と文学、法解釈学入門、消費者法、リスク社会と法、など)、キケロ講読、トランス・サイエンス論、手話学

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • ローマ法ないし共和制末ローマ文化との関係を検証することによって、近現代イタリア法史への展望が大きく拓けてくるであろう。リベラルアーツ法学教育論、トランス・サイエンス論、手話学については、研究と教育との間のジグザグ運動を繰り返しながら、市民社会のための新しい法学教育の理論と実践を構築していきたい。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 鍛えられた市民社会は、流れされない精神と、質の高い文化をつねに必要としている。大学は、本来、天の邪鬼な批判的精神と、何の役にも立ちそうもない学術を、ぶれずにバックアップし続けてくれる貴重な存在である。良質の大学を欠く社会は、結局のところ強い市民社会を維持できない。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学, 大学院総合文化研究科, 相関社会科学専攻課程, 大学院(修士課程), 1989年03月, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学術修士, 1989年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 人間科学系,教授

  • 基幹研究院 人間科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 人間発達科学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 ジェンダー社会科学専攻

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 社会科学研究所,助手,1991年04月 - 1996年03月

  • 国立ナポリ大学 "フェデリコ二世" 文学哲学部,イタリア政府給費留学生,1992年10月 - 1994年09月

  • 国立ナポリ大学 "オリエンターレ" 政治学部,外国人客員教員,2007年10月 - 2008年03月

  • 'サピエンツァ' 国立ローマ大学 東洋研究学部,外国人客員教員,2008年04月 - 2008年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 世界の社会福祉年鑑2016

    外国人移民のケア労働とイタリアの社会福祉:家族主義モデルから家族=移民ケアモデルへ;イタリア, 旬報社, 2016年11月, 小谷 眞男, 編集代表:宇佐見耕一・小谷眞男・後藤玲子・原島博, 単行本(学術書), 43-61, 193, 218-221, 229-232

  • 市民社会論

    ベッカリーア『犯罪と刑罰』における市民・人・名誉 ---イタリアにおける市民社会論研究のために---, おうふう, 2016年03月, 小谷 眞男, 杉田 孝夫・中村 孝文, 単行本(学術書), 121-148

  • 世界の社会福祉年鑑2015

    旬報社, 2015年11月, 編集代表:宇佐見耕一・小谷眞男・後藤玲子・原島博, 単行本(学術書)

  • Diritto e giustizia in Italia e Giappone: problemi attuali e riforme

    L’Aquila震災リスク裁判論・序説:日伊比較法研究の一素材として, Cafoscarina, 2015年04月, 小谷 眞男, ORTOLANI Andrea , 単行本(学術書), 45-62

  • 世界の社会福祉年鑑2014

    イタリア, 旬報社, 2014年12月, 小谷 眞男, 編集代表:宇佐見耕一・小谷眞男・後藤玲子・原島博, 単行本(学術書), 123, 149-151, 157-160

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 「防災・災害」を切り口とした分野横断型授業「生活科学概論」の試み---専門知識を実践活動につなげる---

    人文科学研究, 12巻(頁381 - 393), 2016年03月, 難波 知子・伊藤 亜矢子・香西 みどり・小谷 眞男・須藤 紀子・元岡 展久, 総説, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共著者

  • イタリアにおける大規模災害と公共政策---2009年アブルッツォ州震災の事例を中心に---

    海外社会保障研究187号(頁45 - 57), 2014年06月, 小谷 眞男, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 革命期イタリア半島における共和制的立憲主義(1796-1799)

    生活社会科学研究, 20巻(頁71 - 82), 2013年10月, ダーリオ イッポリート(小谷眞男訳), 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共著者

  • セレーナ・クルス事件再考---社会的養護をめぐるイタリアの法文化---

    新しい家族–––養子と里親制度の研究, 56巻(頁118 - 135), 2013年10月, 小谷 眞男, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「イタリア人にとって法とは何か---法律としての法と文化としての法---」

    『星美学園短期大学日伊総合研究所報』, 2013年03月, 小谷眞男, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • ボッラーテ刑務所の奇跡――イタリアの刑務所改革はいかに推進されたのか?

    ウェブサイト “Synodos: academic journalism” , 2017年04月, Lucia Castellano(小谷眞男訳), 資料, 共著者, 査読なし, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • 黒須純一郎『チェーザレ・ベッカリーア研究---『犯罪と刑罰』『公共経済学』と啓蒙の実践---』(書評)

    社会思想史研究, 38巻(頁232 - 236), 2014年09月, 小谷 眞男, 原著, 単著, 査読なし, 書評,文献紹介等

  • 小谷「書評」に対する芝氏の「反論」について---比較家族史研究の健全な発展のために---

    比較家族史研究, 28巻(頁150 - 153), 2014年03月, 小谷 眞男, 原著, 単著, 査読なし, 書評,文献紹介等

  • 「特集によせて」

    『比較家族史研究』, 2012年03月, 小谷眞男, 総説, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

  • 「芝紘子『地中海世界の〈名誉〉観念---スペイン文化の一断章---』(書評)」

    『比較家族史研究』, 2012年03月, 小谷眞男, 総説, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働科学研究費補助金政策科学総合研究事業『社会的養護における児童の特性別標準的ケアパッケージ:被虐待児を養育する里親家庭の民間の治療支援機関の研究』

    イタリアにおける脱施設化と里親委託率の動向2012年03月, 小谷 眞男, 開原久代, 科研費報告書

  • 法過程における制度と身体の相互作用---イタリア刑事裁判史料の法人類学的解読---

    2007年05月, 小谷 眞男, 科研費報告書

  • イタリアの「国民国家」形成過程における制度と社会に関する総合的研究

    1889年統一刑法典編纂過程と国民国家形成2007年04月, 小谷 眞男, 北村暁夫, 科研費報告書

  • イタリアにおける多元的法空間の究明-刑事裁判史料の法社会史的解読-

    2005年05月, 小谷 眞男, 科研費報告書

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Protezione civile o incivile? --- 2009年ラクイラ震災から見えてくるイタリア社会の現在 ---

    小谷 眞男, 国内, 2017年03月, イタリア近現代史研究会全国大会, 東京(日本), イタリア近現代史研究会, 一般発表, 第一発表者

  • Law in the Liberal Arts in Japan

    KOTANI Masao, 国外, 2015年05月, A Sociologia do Direito em Movimento: Perspectivas da América Latina, Canoas (RS, Brasil), Research Committee Sociology of Law, 一般発表, 第一発表者

  • Il caso Hakamada: la condanna dell’innocente e la prova del DNA a discarico nell’esperienza giapponese

    KOTANI Masao, 国外, 2015年03月, Prova genetica ed errore giudiziario, Milano (Italia), Società italiana di biodiritto e Italy Innocence project, 招待講演, 第一発表者

  • Beccaria e la cultura della Roma tardo-repubblicana: “the Ciceronian moments” in Dei delitti e delle pene

    KOTANI Masao, 国外, 2014年12月, Les cultres de Beccaria: colloque international, Paris (France), Istituto Italiano di Cultura et École normale supérieure de Paris, 招待講演, 第一発表者

  • “diritto comuneの危機” と法律家たち:“diritto patrio” 言説の検証

    小谷 眞男, 国内, 2014年09月, イタリア近現代史研究会全国大会, 東京(日本), イタリア近現代史研究会, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

創作活動・製品・公演・競技・フィールドワーク等 【 表示 / 非表示

  • アブルッツォ州2009年地震被災地現地調査

    2014年09月, 1日, その他

    小谷 眞男, L'Aquila (Italia)

  • フランスの統合教育現場におけるフランス語・フランス手話バイリンガル教育の実地調査

    2013年09月, 1日間, その他

    小谷 眞男, フランス

  • イタリアの統合教育現場におけるイタリア語・イタリア手話バイリンガル教育の実地調査

    2012年11月, 5日間, その他

    小谷 眞男, イタリア

  • アラブの春の調査研究

    2012年04月, 10日

    小谷眞男, カイロ

  • イタリアの統合教育現場におけるイタリア語・イタリア手話バイリンガル教育の実地調査

    2011年04月, 5日

    小谷眞男, 国立ろう機構(ローマ)、コッサート市立小学校(ピエモンテ州)

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • リベラルアーツ法学教育実践の原理と方法論に関する研究---人・社会・科学技術

    基盤研究(C), 小谷 眞男, 2017年度, 240千円

  • 福祉・介護サービスの市場化とガバナンスの変容に関する国際比較研究

    基盤研究(B), 平岡 公一, 小谷 眞男, 2017年度, 400千円

  • 福祉・介護サービスの市場化とガバナンスの変容に関する国際比較研究

    基盤研究(B), 平岡 公一, 小谷 眞男, 2016年度, 200千円

  • リベラルアーツ法学教育実践の原理と方法論に関する研究---人・社会・科学技術

    基盤研究(C), 小谷 眞男, 2016年度, 1,268千円

  • 福祉・介護サービスの市場化とガバナンスの変容に関する国際比較研究

    基盤研究(B), 平岡 公一, 小谷 眞男, 2015年度, 100千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 比較家族史研究(比較家族史学会), 委員,2014年06月 - 現在, 09135812, 国内

  • 日伊比較法研究会, 理事,2013年04月 - 現在, 国内

  • 比較家族史学会, 理事,2008年10月 - 現在, 国内

  • 比較家族史学会, 委員,2008年10月 - 2011年03月, 国内

  • イタリア近現代史研究会, 委員,2000年04月 - 2001年03月, 国内