古川 はづき

Hazuki Kawano-Furukawa

職名

教授

所属

基幹研究院 自然科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 理学専攻

理学部 物理学科

研究推進・社会連携・知的財産本部【基盤部門】 ラジオアイソトープ実験センター

主担当学科

理学部物理学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻物理科学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻物理科学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 強相関電子系、超伝導と磁性、中性子散乱実験、物性実験、低温

研究内容 【 表示 / 非表示

  •  中性子散乱法を用いて強相関電子系の研究を行っている。研究対象として近年取り上げた物質は、新奇超伝導CeCoIn5、モット絶縁体、p波超伝導Sr2RuO4、RENi2B2C(RE=Y and rare earth)とその関連物質である。主な研究成果は以下のようにまとめられる。

    (1)CeMIn5 (M=Co, Rh,Ir) 異常超伝導状態について
    準2次元重い電子系超伝導体CeCoIn5では強いパウリ常磁性効果により特異な超伝導混合状態(FFLO状態)が実現すると考えられている。古川研では、FFLO状態の存在を直接的に実証するため中性子小角散乱実験による超格子反射の観測に挑戦している。試料の作成およびその物性評価を行った。

    (2)Sr2RuO4の超伝導体対称性の検証
    Sr2RuO4はp波超伝導であると言われている。しかし、p波超伝導の発現に寄与することが期待される強磁揺らぎについてはその存在が明確でなく、逆に、大きな反強磁性揺らぎを示す。来年度以降実施を計画している中性子小角散乱実験用の大型単結晶試料の育成、および、得られた試料の物性評価を行った。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • (学部)凝縮系物理学、物性物理学序論、物理学基礎実験、一般物理学実験
    (大学院)強相関物理、強相関物理演習
    (卒業研究・修士研究指導)研究室所属の学生各自に1つずつ研究テーマを与え個別の研究指導を行っている。これまでの研究課題は研究室のHPに記載している。各人、担当した研究テーマの試料を作成し、X線構造解析、電気抵抗、磁化測定、中性子散乱等を用いて物性研究を行う。研究の目的の熟知と最適な実験・解析法の議論に徹する時間が長いが、その中で「新しい問題への解決法を、自分の手で、いかにうまく切り開くか」といった研究のおもしろさを伝える様心がけている。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  •  最近、超伝導現象と磁性の関わりについて研究を行っています。
    現在の研究テーマは、強磁性超伝導に期待される自発的磁束格子構造の実証、および、CeCoIn5で実現していると思われているFFLO相を実証する事です。
     これら2つの現象は、ともに数十年前に理論的に予言された現象で、これまでに現実の系で実現していることが確認されていない問題です。
    これらの現象を実験で実証するのは非常に難しく、チャレンジングです。
    これまでに培った知識を生かし、可能な限りの集中力で実験の準備を進めています。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  •  将来的な人口の大幅減少を見据え、近年、女性パワーの活用が注目されています。個々の活躍の場を見つけるため、大学生活を充実したものにすることは大切なことです。自分が興味を持てる事を見つけることができる場所、そして、その興味を延ばすことができる場所を見つけましょう。
    一番、大切なことは、ポジティブ思考をもち自らの意思で走り続ける事だと思います。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学, 理学系研究科, 物理学専攻, 大学, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,教授

  • 基幹研究院 自然科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 理学専攻

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Weak Ferromagnetism in superconducting ErNi2B2C

    In Rare Earth Transition Metal Borocarbides (Nitrides) :..., 2001年01月, H. Kawano-Furukawa, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Ferromagnetic superconductor ErNi211B2C

    Physica C, 2004年08月, H. Kawano-Furukawa, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Neutron diffraction study of magnetic field induced Metal-Insulator transition in Pr0.7Ca0.3MnO3

    Phys. Rev. B, 1995年05月, H. Yoshizawa, H. Kawano, Y. Tomioka and Y. Tokura, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Canted antiferro-magnetism in an insulating lightly doped LaxSr1-xMnO3 with x<0.17

    Phys. Rev. B, 1996年02月, H. Kawano, R. Kajimoto, M. Kubota and H. Yoshizawa, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Magnetic field induced Metal-Insulator transition in Pr0.7Ca0.3MnO3

    J. Phys. Soc. Jpn., 1996年04月, H. Yoshizawa, H. Kawano, Y. Tomioka and Y. Tokura, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Possibility of spontaneous vortex phase in ErNi2B2C

    H. Kawano-Furukawa, H. Takeya, H. Yoshizawa and K. Kadowaki, 国外, 2000年03月, 8th General Conference of the Condensed Matter Division of the European Physical Society (EPS - CMD18), Montreux, Switzerland, 一般発表, 第一発表者

  • Nd1-xSrxMnO3の高ホール濃度領域のスピン揺らぎ

    梶本亮一、古川はづき、吉沢英樹、野田耕平、 桑原英樹、十倉好紀, 国内, 2000年03月, 日本物理学会 2000年春の分科会, 関西大学, 一般発表, 共著者

  • RuSr2YCu2O8の中性子回折

    高際寛之、秋光純、古川はづき、吉沢英樹, 国内, 2000年03月, 日本物理学会 2000年春の分科会, 関西大学, 一般発表, 共著者

  • ホウ素炭化物超伝導体ErNi211B2Cにおける弱強磁性秩序

    古川はづき、土生田恵美、竹屋浩幸、吉沢英樹、門脇和男, 国内, 2000年09月, 日本物理学会第55回年次大会, 新潟大学五十嵐キャンパス, 一般発表, 第一発表者

  • 弱強磁性超伝導体ErNi211B2CにおけるHC1の異常

    土生田恵美、古川はづき、竹屋浩幸、吉沢英樹、門脇和男, 国内, 2000年09月, 日本物理学会第55回年次大会, 新潟大学五十嵐キャンパス, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 新しい磁性超伝導体における磁性と超伝導の共存・競合に関する研究

    奨励研究, 2000年度, 1,400千円

  • 新奇超伝導体における電子スピンの役割解明

    若手研究(B), 2005年度, 2,100千円

  • 強磁性と超伝導の共存と自己誘起磁束格子の探索 (1999-2002)

    古川 はづき, 受託研究, 科学技術振興事業団, 1999年度, 50,000千円

  • ヘリカル磁束状態の観測のための空間反転対称性の破れた超伝導体の単結晶作成技術の確立

    古川 はづき, 平成24年度(第34回)研究助成, 公益財団法人 日本板硝子材料工学助成会, 2012年度, 110千円

  • 中性子小角散乱法による磁束状態の観測を通じた新規超伝導体の対称性決定

    古川 はづき, 第41回(平成22年度)三菱財団自然科学研究助成, 公益財団法人 三菱財団, 2012年度

全件表示 >>