鈴木 禎宏

SUZUKI Sadahiro

職名

准教授

所属

基幹研究院 人文科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 比較社会文化学専攻

生活科学部 人間生活学科

主担当学科

生活科学部人間生活学科・生活文化学講座

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻生活文化学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻表象芸術論領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 近代イギリス工芸史、近代日本工芸史、近代茶道史

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 専門分野:
    比較日本文化論/比較文学比較文化、生活造形論

    主な研究課題:
    1 二〇世紀イギリスの工芸(Studio Potteryを中心に)
    2 近現代日本の工芸(民芸運動ほか)
    3 その他日本とヨーロッパを軸とする比較文化論(例えば、昭和初期の日本における「世界」観など)

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 主な担当授業科目
    (学 部)比較生活文化論、比較文化論演習、比較生活文化史I、 生活造形論ほか
    (大学院)比較文化論、比較文化特論、生活造形特論、生活芸術論演習
     学部4年間を通じ、「自分で問題をみつけ、その問題に自分で答えをみつけることのできる人材」の育成を目指しております。
     この目的のためには、(1)基礎技能を高めていくことと、(2)専門性を高めていくことと いう、二つの事柄が重要です。すなわち、(1)語学などの基礎学力、問題設定能力、情報収集能力、分析・思考能力、発表能力などを高めていくことと、(2)比較文化論という方法論を身につけ、 異文化理解能力と異文化への発信能力を高めることです。
     こうした観点から各学年の授業を組み立て、学部4年間で一通りの能力が身に付くように努力しております。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 生活造形論の理論化。
    いわゆる「情報技術革命」が文化のあり方に及ぼす影響の分析。

    平成26-28年度 科学研究費補助金 萌芽研究「「手応え」に関する越域的学際研究の試み:対抗産業革命から対抗ITC革命に向けて」研究代表者

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  •  日本語の「ハンカチ」と英語の"handkerchief"は似て非なるものですが、その違いをみなさんは御存知でしょうか。
    「ハンカチ」とは「小型・方形の手ふき布」(『広辞苑』)であるのに対し、 "handkerchief"は"a small piece of material or paper that you use for blowing your nose, etc."(鼻をかむさいなどに用いる、一切れのものまたは 紙)(Oxford 英英辞典)です。「ハンカチ」も"handkerchief"も一切れの布であることにかわりはありませんが、それらが現実の生活において果たす役割は、文化によって異なることになります。
     このような生活造形などを手がかりとして、文化の接触と変容の 問題等に取り組んでおります。こうした問題を考える際には、(1)「異文化」を「自文化」に対して説明すること、 および(2)「自文化」を「異文化」に対して説明すること、の2点を常に意識することになります。
     文化と文化の接触の現場に興味があり、外国語の習得に意欲のある方を、歓迎いたします。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学, 教養学部, 教養学科, 大学, 1994年03月, 卒業, 日本国

  • 東京大学大学院, 総合文化研究科, 比較文学比較文化専攻, 大学院(修士課程), 1996年03月, 修了, 日本国

  • 東京大学大学院, 総合文化研究科, 超域文化科学専攻, 大学院(博士課程), 1999年03月, 単位取得満期退学, 日本国

  • 東京大学大学院, 総合文化研究科, 大学院(博士課程), 2002年10月, その他, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(教養), 1994年03月

  • 修士号(学術), 1996年03月

  • 博士号(学術), 2002年10月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 基幹研究院 人文科学系,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 比較社会文化学専攻,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士前期課程 比較社会文化学専攻,准教授

  • 生活科学部 人間生活学科,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 文化科学系,准教授

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 『欧州航路の文化誌 寄港地を読み解く』

    青弓社, 2017年01月, 橋本順光・鈴木禎宏, 研究書, 53-77, 219-224

  • 『バーナード・リーチの生涯と芸術 「東と西の結婚」のヴィジョン』

    ミネルヴァ書房, 2006年03月, 鈴木 禎宏, 単行本(学術書)

  • 『イギリス文化事典』

    「バーナード・リーチ 『東』と『西』をむすぶ巡礼者」, 丸善出版, 2014年11月, 鈴木 禎宏, イギリス文化事典編集委員会(編), 辞典・事典, 580-581

  • 『芸術と福祉:アーティストとしての人間』

    「バーナード・リーチとダーティントン・ホール:『中量生産』をめぐって」, 大阪大学出版会, 2009年06月, 鈴木禎宏, 藤田治彦, 研究書, 143-172

  • 『日本藝術の創跡 異文化への扉 創造の交流点』

    「『東と西を超えて』バーナード・リーチと日本」, 世界文藝社, 2009年04月, 鈴木禎宏, 辞典・事典, 258-263

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 情報通信技術と人文学 学術研究と文章解釈をめぐって

    比較文學研究102号(頁86 - 97), 2017年02月, 鈴木 禎宏, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「大原美術館における白樺美術館所蔵品について バーナード・リーチ旧蔵オーガスタス・ジョン≪女の肖像(ドレリア)≫とヘンリー・ラム≪浜辺の女達≫、≪浴み≫を中心に」

    『大原美術館紀要』3号(頁53 - 133), 2009年12月, 鈴木禎宏, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • 「バーナード・リーチ作品試論《鉄絵魚文壺 Vase “Leaping Salmon”》について」

    『美術史』153号(頁63 - 75), 2002年10月, 鈴木 禎宏, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「十九世紀と二十世紀の狭間:バーナード・リーチの伝記的研究1887-1909」

    『比較文学研究』78号(頁4 - 21), 2001年08月, 鈴木 禎宏, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「セインズベリー日本芸術研究所所蔵バーナード・リーチ旧蔵書コレクションについて」

    『比較文学・文化論集』18号(頁13 - 21), 2001年03月, 鈴木 禎宏, 資料, 研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 「川端康雄著 ウィリアム・モリスの遺したもの」

    図書新聞3305号(頁3), 2017年06月, 鈴木 禎宏, 原著, 単著, 査読なし, 書評,文献紹介等

  • 「バーナード・リーチ 造形言語としての『スリップウェア』の成立」

    炎芸術128号(頁22 - 27), 2016年11月, 鈴木 禎宏, 原著, 単著, 査読なし, 総説・解説(商業誌)

  • 展覧会スポットライト 生誕130年 バーナード・リーチ展

    炎芸術127号(頁102 - 105), 2016年08月, 鈴木 禎宏, 原著, 単著, 査読なし, その他記事

  • 「『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』人名索引」

    『民藝』748号(頁28 - 32), 2015年04月, 鈴木 禎宏, 原著, 単著, 査読なし, その他記事

  • 「バーナード・リーチの窯」

    『陶説』712号(頁15 - 18), 2012年07月, 鈴木 禎宏, 原著, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』

    公益財団法人日本民藝館, 2014年07月, 鈴木 禎宏, 日本民藝館学芸部, その他

  • 『柳宗悦』

    ソウル:国立現代美術館, (頁202 - 208), 2013年05月, 「バーナード・リーチと朝鮮」, 展示物解説・図録等, 単著

  • 科学研究費補助金 基盤研究A 平成23-26年度 「アーツ・アンド・クラフツと民藝 ウィリアム・モリスと柳宗悦を中心とした比較研究」 (課題番号23242014) 調査研究中間報告書(平成23-24年度)。

    「『対抗産業革命』論:アーツ・アンド・クラフツと民藝の比較研究に関する一考察」, 大阪大学, (頁79 - 90), 2013年03月, 鈴木 禎宏, 藤田治彦(大阪大学), 科研費報告書, 単著

  • 『濱田が出会った魅惑の近代』

    「濱田庄司が見た近代:バーナード・リーチの視点から」, 益子町文化のまちづくり実行委員会, 2012年09月, 鈴木 禎宏, 横堀聡(益子陶芸美術館), 展示物解説・図録等, 単著

  • 『日本民藝館所蔵 バーナード・リーチ作品集』

    「バーナード・リーチの人と作品 柳宗悦との関わりをめぐって」, 筑摩書房, (頁9 - 17), 2012年06月, 鈴木 禎宏, 日本民藝館学芸部編, 展示物解説・図録等, 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • "Bernard Leach and Korea"

    鈴木禎宏, 国外, 2010年08月, The XIXth Congress of the International Comparative Literature Association, Chung Ang-University, Seoul, Korea, International Comparative Literature Association, 一般発表, 第一発表者

  • Historiography of the Mingei Movement: Conditions and Possibilities

    鈴木禎宏, 国内, 2008年10月, 第6回デザイン史デザイン学国際会議 ICDHS 2008 OSAKA, 大阪大学中之島センター他, デザイン史デザイン学国際会議, 一般発表, 第一発表者

  • 「民芸運動の自然観と生活のかたち:バーナード・リーチを手がかりに」

    鈴木禎宏, 国内, 2007年12月, 第6回人と自然:環境思想セミナー, 総合地球環境学研究所・セミナー室3・4, 総合地球環境学研究所, 招待講演, 第一発表者

  • "Bernard Leach and Japan"

    Sadahiro Suzuki, 国外, 2007年03月, 5e Colloque SFECO Orients dans la ce´ramique contemporaine, 30-31 mars 2007, Institution National de l'Histoire de l'Art, Paris, SFECO(La Socie´te´ francaise d’Etude de la Ce´ramique orientale) (フランス東洋陶磁学会), 招待講演, 第一発表者

  • 「『ポスト・ジャポニスム』考 バーナード・リーチ研究から見えてきたもの」

    鈴木 禎宏, 国内, 2007年03月, ジャポニスム学会賞受賞記念講演会, 学士会館分館(本郷), ジャポニスム学会, 招待講演, 第一発表者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 第28回サントリー学芸賞

    財団法人サントリー文化財団, 鈴木禎宏, 『バーナード・リーチの生涯と芸術 ―― 「東と西の結婚」のヴィジョン』(ミネルヴァ書房), 2006年12月, 国内

  • 第27回(2006年度)ジャポニスム学会賞

    ジャポニスム学会, 鈴木禎宏, 『バーナード・リーチの生涯と芸術 ―― 「東と西の結婚」のヴィジョン』(ミネルヴァ書房), 2006年12月, 国内

  • 第11回日本比較文学会賞

    日本比較文学会, 鈴木禎宏, 『バーナード・リーチの生涯と芸術 「東と西の結婚」のヴィジョン』, 2007年06月, 国内

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 「アーツ・アンド・クラフツと民藝 ウィリアム・モリスと柳宗悦を中心とした比較研究」(23242014)

    基盤研究(A), 藤田 治彦, 鈴木 禎宏, 2014年度, 380千円

  • 「手応え」に関する越域的学際研究の試み:対抗産業革命から対抗ITC革命に向けて

    挑戦的萌芽研究, 鈴木 禎宏, 2014年度, 700千円

  • 「アーツ・アンド・クラフツと民藝 ウィリアム・モリスと柳宗悦を中心とした比較研究」(23242014)

    基盤研究(A), 藤田 治彦, 鈴木 禎宏, 2013年度, 400千円

  • 「アーツ・アンド・クラフツと民藝 ウィリアム・モリスと柳宗悦を中心とした比較研究」(23242014)

    基盤研究(A), 藤田 治彦, 鈴木 禎宏, 2012年度, 400千円

  • 「アーツ・アンド・クラフツと民藝 ウィリアム・モリスと柳宗悦を中心とした比較研究」(23242014)

    基盤研究(A), 藤田 治彦, 鈴木 禎宏, 2011年度, 500千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 文化資源学会, 会長,2016年07月 - 現在, 国内

  • 文化資源学会, 理事,2012年07月 - 2016年07月, 国内

  • 芸術学関連学会連合, 幹事(監査),2012年06月 - 2015年06月, 国内

  • 文化資源, 委員,2007年12月 - 2010年12月, 1880-7232, 国内

  • ジャポニスム学会, 幹事(監査),2007年03月 - 2009年03月, 国内

全件表示 >>