相川(小島) 京子

KOJIMA-AIKAWA Kyoko

所属

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 理学専攻

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 ライフサイエンス専攻

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 ライフサイエンス専攻

理学部 化学科

■廃止組織■ リーダーシップ養成教育研究センター

主担当学科

理学部化学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻化学・生物化学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻化学・生物化学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 細胞生化学、糖鎖生物学、タンパク質科学、遺伝子工学

学歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学大学院, 理学研究科, 修士課程化学専攻, 大学院(修士課程), 1991年03月, 修了, 日本国

  • 東京大学大学院, 薬学系研究科, 大学院(博士課程), 1994年09月, 論文博士, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 薬学士, 1986年03月

  • 理学修士, 1991年03月

  • 博士(薬学), 1994年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,准教授

  • 基幹研究院 自然科学系,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 理学専攻,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士前期課程 理学専攻,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士前期課程 理学専攻,教授

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学 医学部,研究員,1986年04月 - 1989年03月

  • ユトレヒト大学 医学部,博士研究員,1996年09月 - 1997年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • Lectins: Methods and Protocols, Methods in Molecular Biology

    Solid-Phase Assay of Lectin Activity Using HRP-Conjugated Glycoproteins, Springer, 2014年10月, Kyoko Kojima-Aikawa, Jun Hirabayashi , 研究書, p101-106

  • 新スタンダード栄養・食物シリーズ2 生化学

    第2章 細胞の構成、水   第11章 糖質の代謝, 東京化学同人, 2014年03月, 相川 京子, 大塚 譲、脊山洋右、藤原葉子、本田善一郎, 単行本(学術書), p6-18、p91−99

  • 無敵のバイオテクニカルシリーズ改訂第4版 タンパク質実験ノート 

    糖鎖, 羊土社, 2011年12月, 相川京子、中野佑妃子、斎藤多佳子、松本勲武, 研究書, p148-155 

  • 生物薬科学実験講座「糖質」

    糖タンパク質の検出法 , 廣川書店, 2011年07月, 相川京子、松本勲武, 研究書, p.13-20                

論文 【 表示 / 非表示

  • HMMC-1, a human monoclonal antibody to fucosylated core 1 O-glycan, suppresses growth of uterine endometrial cancer cells.

    Cancer Sci, 2013年01月, Oikawa F, Kojima-Aikawa K, Inoue F, Suzuki A, Tanaka K, and Aoki D., 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Identification of mono- and di-sulfated N-acetyl-lactosaminyl oligosaccharide. Structures as epitopes specifically recognized by humanized monoclonal antibody HMOCC-1 raised against ovarian cancer.

    J Biol Chem, 2012年01月, Shibata TK, Matsumura F, Wang P, Yu, S, Khoo K-H, Kitayama K, Akama TO, Sugihara K, Kyoko Kojima-Aikawa, Seeberger PE, Fukuda M, Suzuki A, Aoki D, and Fukuda MN., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • ZG16p, an animal homologue of β-prism fold plant lectins, interacts with heparan sulfate proteoglycans in pancreatic zymogen granules.

    Glycobiology, 2012年01月, Kumazawa-Inoue K, Mimura T, Hosokawa-Tamiya S, Nakano Y, Dohmae N, Kinoshita-Toyoda A, Toyoda H, and Kyoko Kojima-Aikawa., 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Crystal structures of human secretory proteins ZG16p and ZG16b reveal a Jacalin-related β-prism fold.

    Biochem Biophys Res Commun., 2011年11月, Kanagawa M, Satoh T, Ikeda A, Nakano Y, Yagi H, Koichi Kato, Kojima-Aikawa K, and Yamaguchi Y., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Caenorhabditis elegans proteins captured by immobilized galβ1-4Fuc disaccharide units: assignment of 3 annexins.

    Carbohydr Res, 2011年06月, Takeuchi T, Nishiyama K, Yamada A, Tamura M, Takahashi H, Natsugari H, Aikawa J, Kojima-Aikawa K, Arata Y, Kasai K., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The role of glycosylation of ZG16B/PAUF in the proliferation of pancreatic cancer cells

    Goto Y, Nakano Y, Kojima-Aikawa K, 国外, 2013年12月, Joint Symposium 2013 Ewha Womans University, Japan Women's University and Ochanomizu University for the promotion of Education and Research for Women in Science, Seoul, 一般発表, 共著者

  • Molecular mechanism of ALCAM shedding in metastatic potential of endometrial cancer cells

    Mano T, Inoue F, Aoki D, Kojima-Aikawa K, 国外, 2013年12月, Joint Symposium 2013 Ewha Womans University, Japan Women's University and Ochanomizu University for the promotion of Education and Research for Women in Science, Seoul, 一般発表, 共著者

  • ヒトanxA4及びanxA5の血栓形成抑制作用の分子機構

    倉浪佑実子、萩生田綾乃、 鈴木健裕、 堂前直、 相川京子, 国内, 2013年09月, 第86回 日本生化学会大会, 横浜, 日本生化学会, 一般発表, 共著者

  • レクチンZG16pによる腸管上皮細胞の機能調節

    水戸晶子、野田紀子、齋藤多佳子、相川京子, 国内, 2013年09月, 第86回日本生化学会大会, 横浜, 日本生化学会, 一般発表, 共著者

  • 糖鎖修飾によるCD166のシェディングの調節

    相川京子、井上芙実香、眞 野知子、笈川文子、鈴木 淳、田中京子、青木大輔, 国内, 2013年08月, 第32回日本糖質学会年会, 大阪, 日本糖質学会, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

創作活動・製品・公演・競技・フィールドワーク等 【 表示 / 非表示

  • 公開講座「細胞の顔、糖鎖を見てみよう!!」

    2013年11月, その他

    お茶の水女子大学, 糖鎖科学教育研究センター

  • 糖鎖が決める、がん細胞の運命やいかに?

    2009年03月

    お茶の水女子大学糖鎖科学研究教育センター

  • 実験キット:糖鎖科学入門ーレクチンを使った細胞表面糖鎖検出キット

    2007年12月, 機器

    相川京子, SSH 小石川高等中学校

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • ヒト腸管レクチンの腸内細菌共生系の賦活化作用に関する研究

    相川京子, 研究助成, 財団法人旗影会, 2013年度, 1,000千円

  • 腸内フローラ形成におけるレクチンZG16pの役割

    相川京子, 研究助成, ヤクルトバイオサイエンス研究財団研究助成, 2009年度, 1,500千円

  • レクチンを使った細胞表面糖鎖のプロファイリング

    特定領域研究, 2008年度, 1,800千円

  • レクチンを使った細胞表面糖鎖のプロファイリング

    特定領域研究, 2007年度, 1,900千円

  • 腸管レクチンの乳酸菌増殖促進活性に関する研究

    相川京子, 研究助成, 財団法人 旗影会, 2007年度, 1,000千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会, 評議員,2017年01月 - 現在, 国内

  • 日本生化学会, 委員,2001年12月 - 2006年03月, 国内