篁 倫子

TAKAMURA, Tomoko

職名

教授

所属

基幹研究院 人間科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 人間発達科学専攻

生活科学部 心理学科

■廃止組織■ 人間発達教育研究センター

主担当学科

生活科学部心理学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻発達臨床心理学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻発達臨床心理学領域

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 発達障害児の親のメンタルヘルス、養育格差、発達障害とアセスメント、ハイリスク児の発達と支援

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 子どもの行動および心理社会的発達に及ぼす環境養育格差の影響(グローバルCOE「格差センシティブな人間発達科学の創成」)
    <発達障害児の親のメンタルヘルス>
    発達障害のある子どもを育てる親(父、母)のメンタルヘルスを心理学的観点から明らかにし、活用されている支援リソースが親のメンタルヘルスの維持・向上に果たしている役割・機能について臨床心理学的検討を行う。さらにそれに基づき、既存のリソースの発展的活用、ならびに新たな支援の方向性を提案することを目指す。
    <発達障害の子どものアセスメント>
    子どもたちが抱える困難を学習や行動上のつまずきからいかに気づいていくか、支援につながる心理教育的アセスメントの手法を教員が身につけていくか。子どもに関わる人々の目を養う方法を提案していく

教育内容 【 表示 / 非表示

  • <学部教育:発達臨床心理学講座>
    生涯発達の視点から臨床心理学を学ぶことを目標に置き、特に子どもの発達の問題と障害に対する心理・教育的支援を広く学ぶ授業内容である。担当講義では1)発達臨床診断法:乳幼児期の発達と心理学的アセスメントの考え方・手法を視聴覚教材や実際の検査法を概説、2)障害臨床学:を現代の障害概念を説き、同時に、自分自身にひきつけて考えていくよう導く。発達障害等について概説、3)学校心理研究演習:病気や障害の子どもおよび家族の理解と心理教育的支援について指導。

    <大学院>
    1)人間発達科学専攻発達臨床心理学コース
    子どもの発達の問題と障害に対する心理教育的臨床、医療での心理臨床を学ぶことを目的にしている。学生は研究テーマを理論的、実践的に学び、修士論文の研究を進める。
    2)ライフサイエンス専攻遺伝カウンセリングコース
    ハイリスク児と障害臨床について講義

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 子どもの行動および心理社会的発達に及ぼす環境養育格差の影響に関する調査研究では中国、タイ、ベトナムのデータが揃い、日本との比較を行う(グローバルCOE「格差センシティブな人間発達科学の創成」)を、オーストラリア(担当)との国際比較研究を進める。
    発達障害の親のメンタルヘルスと支援に関する心理学的研究は予備調査としての質的検討を終え、今年度は広範囲な調査研究を行う。
    ハイリスク児の発達に及ぼす環境養育の影響に関する研究を長期フォロアップコホートを対象に行う。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学, 教育学部, 教育学科教育心理学専修, 大学, 1978年03月, 卒業, 日本国

  • ボール州立大学(インディアナ州立), 教育学部, カウンセリン心理学, 大学院(修士課程), 1980年08月, 修了, アメリカ合衆国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(文学), 1978年03月

  • 文学修士, 1980年08月

  • 医学博士, 1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 人間科学系,教授

  • 基幹研究院 人間科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 人間発達科学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 人間発達科学専攻

全件表示 >>

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 心理検査を支援に繋ぐフィードバック

    就学時の発達相談における知能検査の意味と活かし方, 金剛出版, 2016年09月, 篁 倫子, 竹内健児, 単行本(学術書), 33-41

  • 子育て支援ガイドブック‐逆境を乗り越える子子育て技術‐

    第2章‐2発達障害児の子育てを支援する②, 金剛出版, 2014年08月, 篁 倫子, 橋本和明, 単行本(学術書)

  • 子ども期の養育環境とQOL,お茶の水女子大学グローバルCOEプログラム格差センシティブな人間発達科学の創成1巻

    第7章 発達障害の子どもたちと養育環境, 金子書房, 2012年09月, 篁 倫子, 菅原ますみ, 研究書, 119-131

  • 対人援助専門職のための発達障害支援ハンドブック

    第3章発達障害の理解と支援の基本, 第6章実践事例 2心理学の専門家の視点から, 金剛出版, 2012年02月, 篁 倫子, 柘植雅義・篁倫子・大石幸二・松村京子, 単行本(学術書), 31-42, 65-67

  • Science of Human Development for Restructuring the “Gap Widening Society, Proceedings

    Children’s Development and Child-Rearing Environment: Parenting and the QOL of Children in China, お茶の水女子大学グローバルCOEプログラム, 2012年02月, Xu L., Takamua T., Gai R., Guo Zhen, 研究書

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 調査研究から何を理解し、どう支援していくのか-“Knowledge Trnaslation” の視点からの検討

    LD研究, 22巻4号(頁426 - 431), 2013年11月, 篁 倫子, 総説, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • NICUから学童期まで支援につながる発達フォローアップ -発達段階における課題と心理職の役割-

    日本未熟児新生児学会雑誌, 24巻2号(頁34 - 38), 2012年06月, 篁倫子, 資料, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Children’s Development and Child-Rearing Environment: Parenting and the QOL of Children in China

    Science of Human Development for Restructuring the “Gap Widening Society, Proceedings 17号(頁 23 - 40), 2012年02月, Xu L., Takamua T., Gai R., Guo Zhen , 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • 新しいアセスメントの動き(2)

    LD&ADHD, 2009年07月, 篁 倫子, 総説, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 支援に生かすアセスメント

    LD研究, 2008年11月, 篁 倫子, 総説, 研究論文(学術雑誌), 単著

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 発達障害児を育てる親のメンタルへルスと支援リソースに関する臨床心理学的研究

    2012年03月, 篁 倫子, 科研費報告書, 共著

  • 障害児の親のメンタルヘルスに関する研究-うつ状態の早期発見と家族支援(平成21年「子育て支援基金」助成事業研究報告書

    第6章メンタルヘルスとパーソナリティ2010年03月, 篁 倫子, 研究代表者 原仁

  • 障害児の親のメンタルヘルスに関する研究-うつ状態の早期発見と家族支援(平成21年「子育て支援基金」助成事業研究報告書

    第2章メンタルヘルスとは2010年03月, 篁 倫子, 研究代表者 原仁, 外部資金報告書

  • 小児がん等のターミナル期にある子どもの教育内容・方法に関する国際比較研究(基盤B海外)

    オーストラリアの小児がん等の心理教育支援2009年03月, 武田鉄郎、篁倫子, 科研費報告書

  • LD、ADHD等で適応障害のある児童生徒の心理・行動特性及び支援体制に関しり研究報告書

    2008年03月, 武田鉄郎, 科研費報告書, 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 特別支援教育の充実に向けた校内支援体制PDCA促進シートの活用に関する一考察

    松本くみ子・篁倫子, 国内, 2016年10月, 日本学校心理学会第18回, 名古屋大学, 一般発表, 共著者

  • 学童期の課題とフォロアップ-子ども・家族・学校をつなげる支援を目指す-:シンポジウム「多職種からみた支援と連携の課題」

    篁 倫子, 国内, 2010年06月, ハイリスク児フォロアップ研究会, 名古屋大学, ハイリスク児フォロアップ研究会, 招待講演, 第一発表者

  • 日本におけるがんの子どもの教育

    武田鉄郎、篁倫子, 国外, 2008年03月, CHERI(シドニー小児病院研究所)カンファレンス 「小児がんの子どもの支援への挑戦」, 招待講演, 共著者

  • 学校教育との連携活動において発達臨床心理学は何ができるか(指定討論)

    篁 倫子, 国内, 2007年09月, 第45回日本特殊教育学会, 一般発表, 第一発表者

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 発達障害児の親のメンタルへルス向上に向けた支援方法に関する研究

    基盤研究(C), 篁 倫子, 2013年度

  • 発達障害児を育てる親のメンタルヘルスと支援リソースに関する臨床心理学的研究(課題番号21530718)

    基盤研究(C), 篁 倫子, 2010年度, 1,430千円

  • 発達障害児を育てる親のメンタルヘルスと支援リソースに関する臨床心理学的研究(課題番号21530718)

    基盤研究(C), 篁 倫子, 2009年度, 1,690千円

  • 格差センシティブな人間発達科学の創成

    耳塚寛明, 2009年度

  • 生育環境とその格差が子どもの生活の質と精神的健康に及ぼす影響(課題番号21402044)

    基盤研究(B)(2), 榊原洋一, 2009年度, 210,000千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • LD研究(日本LD学会), 委員長,2014年06月 - 現在, 国内

  • 一般社団法人日本LD学会, 常任理事(常務理事),2014年06月 - 現在, 国内

  • 日本発達障害学会, 理事,2011年06月 - 2014年05月, 国内

  • Bio Science Trends, 委員,2009年04月 - 2011年03月, 1881-7815, 国外

  • LD研究(日本LD学会), 副委員長,2008年04月 - 2014年05月, 国内

全件表示 >>