研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 核磁気緩和 、プロトン移動、溶媒和、水素結合

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,教授

  • 基幹研究院 自然科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 理学専攻

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of Counterion and Solvent on Proton Location and Proton 2 Transfer Dynamics of N−H···N Hydrogen Bond of Monoprotonated 3 1,8-Bis(dimethylamino)naphthalene

    J. Phys. Chem. A 2013, 117, 10576−10587, 2013年, Y. Masuda, Y. Mori, and K. Sakurai, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • First Observation of Ultrafast Intramolecular Proton Transfer Rate between Electronic Ground States in Solution

    J. Phys. Chem. A 2012, 116, 4485−4494, 2012年, Yuichi Masuda,* Tomoko Nakano, and Midori Sugiyama, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Application of Nuclear Magnetic Relaxation To Elucidate Proton Location and Dynamics in N···H···O Hydrogen Bonds

    J. Phys. Chem. A 2012, 116, 8409−8418, 2012年, Tomoko Nakano and Yuichi Masuda, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Solvent Effect on Intramolecular Electron Transfer Rates of Mixed-Valence Biferrocene Monocation Derivatives

    J. Phys. Chem. A, 2006年, Y. Masuda and C. Shimizu, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Solvent Effect on Intramolecular Electron Transfer Rates of Mixed-Valence Biferrocene Monocation Derivatives

    J. Phys. Chem. A, 2006年, Y. Masuda and C. Shimizu, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 典型元素と遷移元素

    月刊化学 化学同人, 1997年, 益田祐一, 総説・解説(学術雑誌)

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 季刊化学総説”溶液の分子論的描像”,

    3.1章 "電解質溶液の動的性質, 学会出版, 1995年, 益田祐一, 大滝仁志 

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 混合原子価多核フェロセンの集積化と電子移動ダイナミックス-環境の揺らぎの効果-

    特定領域研究(A)(2), 2001年度, 1,800千円

  • スピン-格子緩和時間による超高速プロトン移動速度における溶媒効果の研究

    基盤研究(C)(2), 2001年度, 800千円

  • 酸素17標識水の緩和時間の研究

    益田 祐一, 受託研究, 日本メジフィジックス株式会社, 2001年度, 1,800千円

  • スピン-格子緩和時間による超高速プロトン移動速度における溶媒効果の研究

    基盤研究(C)(2), 2000年度, 1,100千円

  • スピン-格子緩和時間による超高速プロトン移動速度における溶媒効果の研究

    基盤研究(C)(2), 1999年度, 1,300千円