森 寛敏

Mori Hirotoshi

職名

准教授

生年月

1978年11月

所属

基幹研究院 自然科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 理学専攻

理学部 化学科

■廃止組織■ シミュレーション科学教育研究センター

■廃止組織■ 生命情報学教育研究センター

主担当学科

理学部化学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻化学・生物化学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻化学・生物化学領域

URL

写真a

学歴 【 表示 / 非表示

  • 九州大学, 理学部, 化学科, 大学, 2001年03月, 卒業, 日本国

  • 九州大学, 理学府, 分子科学専攻, 大学院(修士課程), 2003年03月, 修了, 日本国

  • 九州大学, 総合理工学府, 量子プロセス理工学専攻, 大学院(博士課程), 2005年09月, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(理学), 2001年03月

  • 修士(理学), 2003年03月

  • 博士(工学), 2005年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,准教授

  • 基幹研究院 自然科学系,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 理学専攻

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 総合理工学府,日本学術振興会特別研究員(DC2),2005年04月 - 2005年09月

  • 九州大学 総合理工学府,日本学術振興会特別研究員(PD),2005年10月 - 2007年03月

  • アイオワ州立大学 エームス研究所,博士研究員,2006年10月 - 2008年02月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • Molecular Dynamics

    Recent advances in fragment molecular orbital-based molecular dynamics (FMO-MD) simulation, InTech, 2012年01月, Yuto K., Mochizuki Y., Nakano T., Mori H., Lichang Wang, 研究書, Chapter X

  • レアメタル・希少金属リサイクル技術の最先端—ナノ・有機・メタラジーが広げるリサイクル技術

    計算科学によるレアメタル抽出錯体設計の課題, フロンティア出版, 2011年08月, 森 寛敏, 研究書, 第6章

論文 【 表示 / 非表示

  • Origin of high oxygen reduction reaction activity of Pt12 and strategy to obtain better catalyst using sub-nanosized Pt-alloy clusters

    Sci. Rep., 7巻(頁45381(1) - 45381(9)), 2017年03月, Miyazaki K., Mori H., 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Effective Fragment Potential version 2 - Molecular Dynamics (EFP2-MD) Simulation for Investigating Solution Structures of Ionic Liquids

    Chem. Lett., 2016年05月, Kuroki N., Mori H., 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Theoretical study on crystal-facet dependency of hydrogen storage rate for shape controlled Pd nano particles

    Chem. Phys. Lett., 644巻(頁255 - 260), 2015年12月, Matsuda A., Mori H., 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Fragment molecular orbital-based molecular dynamics study on hydrated Ln(III) ions

    JPS Conf. Proc., 5巻(頁011001-1 - 011001-10), 2015年, Fujiwara T., Mori H., Komeiji Y., Mochizuki Y., 原著, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著者

  • Fragment molecular orbital-based molecular dynamics (FMO-MD) simulations on hydrated Cu(II) ion

    Chem-Bioinfomatics. J, 14巻(頁1 - 13), 2014年07月, Kato Y., Fujiwara T., Komeiji Y., Nakano T., Mori H., Okiyama Y., Mochizuki Y., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • Adaptive Application Composition in Quantum Chemistry

    Argonne National Laboratory Preprint , 2009年, Li L., Kenny J. P., Wu M.-S., Huck K., Gaenko A., Gordon M. S., Janssen C. L., McInnes L. C., Mori H., Netzloff H., Norris B., Windus T. L., 原著, 共著者, 査読あり, 機関テクニカルレポート,プレプリント等

  • Constructing a Performance Database for Large-Scale Quantum Chemistry Packages

    High Performance Computing and Simulation Symposium (HPCS 2008), 2008年, Wu M.-S., Mori H., Bentz J., Windus T., Netzloff H., Sosonkina M., Gordon M. S., 原著, 共著者, 査読あり, 研究論文

  • Theoretical Study on Structures of Gold, Silver, and Copper Clusters Using Relativistic Model Core Potential

    1st WESEA International Conference on Computational Chemistry(頁11 - 13), 2007年, Nakashima H., Mori H., Miyoshi E., 原著, 第一著者相当, 査読あり, 研究論文

  • Application of Newly Developed spdsMCPs for First Row Transition Metal Elements

    1st WESEA International Conference on Computational Chemistry(頁14 - 18), 2007年, Osanai Y., Ma San Mon, Noro T, Mori H., Nakashima H, Klobukowski M, Miyoshi , 原著, 共著者, 査読あり, 研究論文

  • ハイドロキシフェニルベンズオキサゾール誘導体亜鉛錯体の薄膜構造についての再考察

    有機 EL 討論会第一回例会論文集(頁17 - 18), 2005年, 筒井哲夫,劉瀟,平山泰子,片平賀子,森 寛敏,近藤真之,三好永作, 原著, 共著者, 査読あり, 研究論文

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 白金および白金含有合金サブナノクラスターの酸素還元反応触媒能に関する第一原理分子シミュレーション

    森 寛敏, 国内, 2017年09月, 第120回 触媒討論会, 愛媛, 招待講演, 第一発表者

  • サブナノサイズ白金クラスターの酸素還元反応触媒活性を司る構造揺らぎと合金化によるその制御に関する理論的研究

    森 寛敏,宮崎かすみ, 国内, 2017年05月, 第15回ナノ学会, 札幌, 一般発表, 第一発表者

  • 有効フラグメントポテンシャル-分子動力学法によるイオン液体の手軽な第一原理分子シミュレーション

    森 寛敏, 国内, 2017年01月, 東京工業大学 先導原子力研究所コロキウム, 大岡山, 招待講演, 第一発表者

  • 第一原理分子シミュレーションによるサブナノサイズ合金クラスターの酸素還元反応触媒活性評価

    宮崎 かすみ,森 寛敏, 国内, 2016年11月, 第6回 日本化学会 化学フェスタ, 船堀, 一般発表, 共著者

  • 超臨界CO2中に溶解したp-ニトロアニリンのソルバトクロミズムに関する理論的研究

    寺島 千絵子,黒木 菜保子,森 寛敏, 国内, 2016年11月, 第6回 日本化学会 化学フェスタ, 船堀, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 第6回化学技術研究奨励賞

    新化学技術推進協会(JACI), 森 寛敏, 水素吸蔵性合金ナノ粒子内の有効空隙最大化を目指した第一原理水素吸蔵空間可視化法の開発とその応用, 2017年05月, 国内

  • 優秀ポスター賞

    日本化学会化学フェスタ, 森 寛敏,宮崎 かすみ, 第一原理分子シミュレーションによるサブナノサイズ合金クラスターの酸素還元反応触媒活性評価, 2016年12月, 国内

  • 学生優秀発表賞

    第30回分子シミュレーション討論会, 森 寛敏,黒木 菜保子,鷹尾 康一郎, [C2mim]BF4イオン液体中で生成するCo(II)(OH2)4錯体周辺の溶媒和構造とソルバトクロミズムに関する理論的研究 , 2016年11月, 国内

  • 優秀ポスター賞

    Symposium on Foldamers 2016, Urushibara K., Mori H., Masu H., Azumaya I., Tanatani A., Helical Oligomers Based on Conformational Property of Aromatic Tertiary Amide, 2016年09月, 国外

  • 優秀ポスター賞

    日本化学会化学フェスタ, 森 寛敏,黒木 菜保子, ab initio 有効フラグメント力場を用いた分子動力学計算によるイオン液体の溶液構造評価, 2015年11月, 国内

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 水素吸蔵性合金ナノ粒子内の有効空隙最大化を目指した第一原理水素吸蔵空間可視化法の開発とその応用

    第6回化学技術研究奨励賞研究助成金, 森 寛敏, 第6回化学技術研究奨励賞研究助成金, 2017年度, 1,000千円

  • イオン液体物性の予測を可能にする第一原理有効フラグメントポテンシャル法の開発

    挑戦的萌芽研究, 森 寛敏, 2017年度, 600千円

  • CO2 フリー社会実現のための物理化学と情報科学の融合

    戦略的創造研究推進事業-ACT-I, 森 寛敏, 黒木 菜保子, 戦略的創造研究推進事業-ACT-I, 2017年度, 3,900千円

  • 特定混合比で発現する特異物性を利用した新材料創成のための第一原理分子シミュレーションと機械学習の連携

    戦略的創造研究推進事業-さきがけ, 森 寛敏, 戦略的創造研究推進事業-さきがけ, 2017年度, 37,830千円

  • 第一原理分子動力学計算と情報科学の連携による CO2 分離回収に最適なイオン液体の理論探索

    一般社団法人日本ガス協会 大学等研究助成金, 森 寛敏, 一般社団法人日本ガス協会 大学等研究助成金, 2016年度, 1,000千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • Journal of Quantum Chemistry 編集委員, 委員,2013年04月 - 現在, 2356-7597, 国外

  • 情報計算化学生物学会(CBI学会) CBI ジャーナル編集委員, 委員,2011年04月 - 現在, 国内

  • 情報化学若手の会, 委員,2013年12月 - 現在, 国内

  • 有機/ナノ/冶金融合年鉱山型新レアメタル抽出技術研究会, 委員,2010年04月 - 2011年03月, 国内

  • 量子化学データベース研究会, 委員,2009年04月 - 現在, 国内