浜口 順子

HAMAGUCHI Junko

職名

教授

所属

基幹研究院 人間科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 人間発達科学専攻

生活科学部 人間生活学科

■廃止組織■ 人間発達教育研究センター

ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 人間発達教育科学研究所

主担当学科

生活科学部人間生活学科・発達臨床心理学講座

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻保育・児童学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻保育・児童学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 保育者養成、子ども性、子ども理解、保育の歴史、大人性

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 現職保育者と非専門家とが協同して学ぶことによって、どのような「専門性」を追求できるのか、保育者養成のパラダイム変換を、社会人プログラムや学部授業を通して展開している。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 大学入学前までにもっている子ども観、保育観をいちど白紙に戻す、いわゆるunlearnの段階を重視して、現在の子育て、保育、教育観の再構築と、実践的能力の養成を目指す。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 保護者(親)が生き生きと労働し生活することと、子育てすることとが、矛盾しがちな現代社会の問題を考え、打開するために、現職保育者と保護者(一般社会人)が大学で学び直す機会を多様に展開する。(すでにECCELLプログラムで進めているものを、さらに発展させる)

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 子どもは「かわいい」のか、少子化はなぜ問題なのか(問題でないかもしれない)、しつけは必要なのか・・・など、子育てであたり前になっていることに疑問符を付けてほしい。人はみなかつて子どもであったことをまっすぐにとらえ、子どもをばかにしないでほしい。子どもがいかに真面目に、有能さをもって生きているか、見えるだろうか。

学歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学, 家政学部, 児童学科, 大学, 1981年03月, 卒業, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 家政学研究科, 児童学専攻, 大学院(修士課程), 1983年03月, 修了, 日本国

  • ユトレヒト大学, 教育学研究所, 大学院(その他), 1985年06月, その他, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化研究科, 人間発達学, 大学院(博士課程), 1989年03月, 単位取得満期退学, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, その他, 2005年03月, 論文博士, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 家政学士, 1981年03月

  • 家政学修士, 1983年03月

  • 博士(人文科学), 2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 人間科学系,教授

  • 基幹研究院 人間科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 人間発達科学専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 人間発達科学専攻,教授

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 貞静保育専門学校⇒道灌山保育専門学校,授業講師,1991年04月 - 1993年03月

  • 道灌山保育専門学校⇒鶴見大学短期大学部,授業講師,1991年04月 - 1993年03月

  • 十文字学園女子大学⇒お茶の水女子大学,教授,1995年04月 - 継続中

担当科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度

  • ECCELL子ども学ゼミⅣ

  • ECCELL子ども学ゼミⅢ

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 保育学講座① 保育学とは 問いと成り立ち

    第8章 専門家としての保育者の歴史, 東京大学出版会, 2016年07月, 浜口順子, 日本保育学会, 研究書, 203-226

  • 子どもと家庭と社会をつなぐ家庭支援論

    保育士による家庭支援の基本, 福村出版, 2015年03月, 加藤邦子・牧野カツコ・井原成男・榊原洋一・浜口順子, 加藤邦子・浜口順子, 研究書, 31-42

  • 保育者論―共生へのまなざし―

    保育者をめざす, 同文書院, 2014年04月, 2014年, 浜口順子, 榎沢良彦、上垣内伸子, 教科書, 1-18

  • 新しく生きる―津守真と保育を語る―

    フレーベル館, 2009年12月, 津守眞、浜口順子共編著, 単行本(学術書)

  • 保育者論

    保育の本質, 建帛社, 2009年07月, 浜口順子, 榎田二三子、大沼良子、増田時枝, 教科書, 19-33

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 平成期幼稚園教育要領と保育者の専門性

    教育学研究, 81巻4号(頁66(448) - 77(459)), 2014年12月, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 編集顧問倉橋惣三とキンダーブック(8)「広がる世界、伸びる日本という」メッセージ

    幼児の教育, 113巻1号(頁42 - 47), 2014年01月, 浜口 順子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 編輯顧問倉橋惣三とキンダーブック(7)犬を主題にした観察絵本

    幼児の教育, 112巻4号(頁43 - 50), 2013年10月, 浜口 順子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 編輯顧問倉橋惣三とキンダーブック(6)昭和初期の「よいこども」観の変化

    幼児の教育, 112巻3号(頁42 - 49), 2013年07月, 浜口 順子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 編輯顧問倉橋惣三とキンダーブック(5)生活と知を結ぶ芸術性

    幼児の教育, 112巻2号(頁46 - 51), 2013年04月, 浜口 順子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 倉橋惣三との対話(1)

    幼児の教育, 116巻2号(頁40 - 43), 2017年04月, 浜口順子, 原著, 単著, 査読なし, 研究論文

  • そこにいる子が子どもであるということ(4)

    幼児の教育, 116巻1号(頁50 - 55), 2017年01月, 浜口順子, 原著, 単著, 査読なし, 研究論文

  • そこにいる子が子どもであるということ(3)

    幼児の教育, 115巻4号(頁54 - 57), 2016年09月, 浜口順子, 原著, 単著, 査読なし, 研究論文

  • そこにいる子が子どもであるということ(2)

    幼児の教育, 115巻3号(頁54 - 57), 2016年07月, 浜口順子, 原著, 単著, 査読なし, 研究論文

  • そこにいる子が子どもであるということ(1)

    幼児の教育, 115巻2号(頁43 - 46), 2016年04月, 浜口順子, 原著, 単著, 査読なし, 研究論文

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 倉橋惣三保育人間学セレクション 全7巻

    学術出版会, 7巻(頁505 - 517), 2017年01月, 倉橋惣三, 浜口順子, 著書解題

  • 乳幼児教育を基軸とした生涯学習モデルの構築ECCELL最終報告書

    お茶の水女子大学ECCELL, 2016年03月, 乳幼児教育を基軸とした生涯学習モデルの構築ECCELL, 外部資金報告書, 共著

  • 平成22年度年次報告書

    お茶の水女子大学ECCELL, 2011年08月, 浜口順子, 乳幼児教育を基軸とした生涯学習モデルの構築 プロジェクト(ECCELL), 外部資金報告書, 共著

  • 「幼・保の発達を見通したカリキュラム開発」最終報告書 大学コミュニティにある保育実践と学生の学びをつなぐ―保育カリキュラム研究と保育者養成カリキュラム研究の相互的展開をめざして

    2010年01月, お茶の水女子大学特別教育研究経費事業「幼保プロジェクト」, 外部資金報告書, 共著

  • お茶の水女子大学「幼・保の発達を見通したカリキュラム開発」中間報告書 大学コミュニティにある保育実践と学生の学びをつなぐ―保育カリキュラム研究と保育者養成カリキュラム研究の相互的展開をめざして―

    2008年07月, お茶の水女子大学特別教育研究経費「幼保プロジェクト」, 外部資金報告書, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 大学における重層的生涯学習型保育者養成の到達点と課題(1)―お茶の水女子大学社会人プログラムの挑戦と評価―

    安治陽子・浜口順子, 国内, 2014年05月, 日本保育学会第67回大会, 大阪総合保育大学・大阪城南女子短期大学, 日本保育学会, 一般発表, 共著者

  • 大学における重層的生涯学習型保育者養成の到達点と課題(2)―お茶の水女子大学における現職者養成の系譜―

    浜口順子・安治陽子, 国内, 2014年05月, 日本保育学会第67回大会, 大阪総合保育大学・大阪城南女子短期大学, 日本保育学会, 一般発表, 第一発表者

  • 「乳幼児教育を基軸とした生涯学習モデルの構築」事業の現在①―保育リカレント講座「ECCELL社会人プログラム」の展開―

    安治陽子・浜口順子・菊地知子, 国内, 2013年05月, 日本保育学会第66回大会, 中村学園大学・中村学園大学短期大学大学部, 日本保育学会, 一般発表, 共著者

  • 「乳幼児教育を基軸とした生涯学習モデルの構築」事業の現在①―発達臨床基礎論Ⅱ・発達臨床基礎演習Ⅱを通して“総合的保育者”養成を考える―

    菊地知子・浜口順子・安治陽子, 国内, 2013年05月, 日本保育学会第66回大会, 中村学園大学・中村学園大学短期大学大学部, 日本保育学会, 一般発表, 共著者

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 乳幼児教育を基軸とした生涯学習モデルの構築

    浜口順子, 特別経費, 2013年度, 8,850千円

  • 乳幼児教育を基軸とした生涯学習モデルの構築

    浜口順子, 特別経費, 文科省, 2013年度, 8,550千円

  • 保育者養成テキストの企画編集

    浜口順子, 奨学寄附金, (株)フレーベル館, 2013年度, 870千円

  • 保育者養成テキストの企画編集

    浜口順子, 奨学寄付金, フレーベル館, 2012年度, 870千円

  • 乳幼児教育を基軸とした生涯学習モデルの構築

    浜口(竹内)順子, 特別経費, 2012年度, 17,100千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本保育学会, 評議員,2016年06月 - 2018年05月, 国内

  • 日本保育学会, 理事,2014年06月 - 2016年05月, 国内

  • 日本保育学会, 理事,2012年06月 - 2014年05月, 1340-9808, 国内

  • 日本保育学会, 幹事(監査),2010年06月 - 2012年05月, 国内

  • 乳幼児教育学研究, 委員,2010年04月 - 2013年03月, 国内

全件表示 >>