倉光 ミナ子

Minako KURAMITSU

職名

助教

所属

基幹研究院 人間科学系

主担当学科

文教育学部グローバル文化学環

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科ジェンダー社会科学専攻地理環境学コース

写真a

学歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学, 文教育学部, 地理学科, 大学, 卒業, 日本国

  • イーストアングリア大学, The School of Development Studies, 大学院(その他), 修了, グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化研究科, 発達社会科学専攻開発・ジェンダー論コース, 大学院(修士課程), 修了, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化研究科, 比較社会文化学専攻, 大学院(博士課程), 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士号(社会科学)

  • 博士号(社会科学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 基幹研究院 人間科学系,助教

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科,助手,2003年04月 - 2006年03月

  • 天理大学 国際文化学部,講師,2006年04月 - 2010年03月

  • 天理大学 国際学部,講師,2010年04月 - 2013年03月

  • 天理大学 国際学部,准教授,2013年04月 - 2016年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 国際開発と協働―NGOの役割とジェンダーの視点(みんぱく実践人類学シリーズ8)

    「ジェンダーと開発」に対するアカデミックなアプローチとは―サモア・女性省の活動に関する調査・研究を通して, 明石書店, 2013年02月, 倉光 ミナ子, 鈴木紀・滝村卓司, 研究書, 138-155

  • ジェンダー人類学を読む:地域別・テーマ別基本文献レヴュー

    親族組織に埋め込まれたジェンダー―ポリネシア・サモア, 世界思想社, 2007年03月, 倉光ミナ子, 宇田川妙子・中谷文美, 研究書, 170-194

論文 【 表示 / 非表示

  • La‘ei Samoa: From Public Servants’Uniform to National Attire?

    The Journal of Polynesian Society, 125巻1号(頁33 - 57), 2016年05月, Minako KURAMITSU, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Samoan Pioneer Wives and ‘Home’: From the Experiences of Living in Japan more than 20 years

    Geographical Review of Japan(Ser.B), 89巻1号(頁14 - 25), 2017年01月, Minako KURAMITSU, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • ファアファフィネ:南太平洋・サモアの多様な性

    天理大学人権問題研究室紀要19号(頁49 - 57), 2016年06月, 倉光 ミナ子, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • 「参加」からみた「国際参加プロジェクト」の再考―第9回「国際参加プロジェクト(インドネシア)」を事例に―

    アゴラ13号(頁19 - 27), 2016年03月, 倉光 ミナ子, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • Living in Japan for over 20 years: The experiences of Samoan pioneer wives

    Building Global Networks through Local Sensitivities: Japanese Researchers’ Contribution to Gender and Geography(頁35 - 41), 2014年09月, Minako KURAMITSU, 原著, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 紹介 Janet Henshall Momsen, Gender and Development. London: Routledge, 2004, xvi+272pp.

    アジア経済, 46巻3号(頁105), 2005年03月, 倉光ミナ子, 原著, 単著, 査読なし, 総説・解説(大学・研究所紀要)

  • ファファフィネテーラーを追っかけろ!-サモアのジェンダーと「衣」をめぐる調査からー

    日本オセアニア学会NEWLETTER74号(頁1 - 9), 2002年12月, 倉光ミナ子, 原著, 単著, 査読なし, その他記事

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 大学ができる国際協力の総合的研究:平成26~27年度地域文化研究センター共同研究会「大学ができる国際協力の総合的研究」報告書

    「国際参加プロジェクト」の難しさとやりがい:インドネシア・ニアス島での活動の経験から, 天理大学地域文化研究センター, (頁25 - 34), 2016年03月, 倉光 ミナ子, 井上 昭洋, 調査報告書, 単著

  • フィールドワーキング―日常を再発見するための方法―

    ケータイを解体する!?, 天理大学, (頁4 - 12), 2014年03月, 倉光 ミナ子, 天理大学地域文化研究センター, 教材, 単著

  • オセアニア(朝倉世界地理講座第15巻)

    コラム サモアの「衣」―「裸族文化」から「衣服文化」へ, 朝倉書店, (頁316 - 317), 2010年04月, 倉光 ミナ子, 片山一道・熊谷圭知, その他, 単著

  • 第9回「国際参加プロジェクト(インドネシア)」報告書

    第9回「国際参加プロジェクト(インドネシア)」について, 天理大学地域文化研究センター, (頁8 - 13), 2009年01月, 倉光 ミナ子, 倉光 ミナ子, その他, 単著

  • 第7回「国際参加プロジェクト(インドネシア)」報告書

    ふれあいを通して学ぶ, 天理大学地域文化研究センター, (頁74), 2008年03月, 倉光 ミナ子, その他, 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 在日サモア人妻の子育てに関する一考察

    国内, 2017年03月, 日本オセアニア学会第34回研究大会, 松江しんじ湖温泉 夕景湖畔 すいてんかく(島根県), 一般発表, 第一発表者

  • 現地のニーズと学生の期待:参加型開発の視点から考えた教育プログラム

    国内, 2015年10月, 天理大学創立90周年記念シンポジウム「「国際参加プロジェクトの今後の展望~15年間の活動をふりかえって~」, 天理大学, 招待講演, 第一発表者

  • The Diversity of Samoan Migrant Women’s Experiences in New Zealand

    国外, 2015年09月, IGS/ASU Conference, “Blurred & Brittle Boundaries: Transnational Familial & Gender Relations, Lady Margaret Hall, University of Oxford, 一般発表, 第一発表者

  • Living in Japan for over 20 years: the experiences of Samoan pioneer wives

    国外, 2013年08月, Pre-Conference of the IGU Commission on Gender and Geography, 奈良女子大学, 一般発表, 第一発表者

  • 多様化する女性の国際移動とその背景―ニュージーランドへのサモア女性の移動経験を事例として―

    国内, 2009年11月, 人文地理学会大会, 名古屋大学, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • サモア移民女性による「ホーム」の構築とジェンダー規範の影響:日本とNZの比較から

    基盤研究(C), 倉光 ミナ子, 2017年度, 700千円

  • ローカル・センシティヴなジェンダー地理学とグローバル・ネットワークの構築

    基盤研究(A), 熊谷 圭知, 倉光 ミナ子, 2015年度, 100千円

  • ローカル・センシティヴなジェンダー地理学とグローバル・ネットワークの構築

    基盤研究(A), 熊谷 圭知, 倉光 ミナ子, 2014年度, 100千円

  • ローカル・センシティヴなジェンダー地理学とグローバル・ネットワークの構築

    基盤研究(A), 熊谷 圭知, 倉光 ミナ子, 2013年度, 100千円

  • ローカル・センシティヴなジェンダー地理学とグローバル・ネットワークの構築

    基盤研究(A), 熊谷 圭知, 倉光 ミナ子, 2012年度, 100千円

全件表示 >>