岸本 良美

KISHIMOTO Yoshimi

職名

寄附研究部門准教授

所属

お茶大アカデミック・プロダクション

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 食品の機能性、動脈硬化

学歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学, 生活科学部, 生活環境学科, 大学, 卒業, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化創成科学研究科, ライフサイエンス専攻, 大学院(修士課程), 修了, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化創成科学研究科, ライフサイエンス専攻, 大学院(博士課程), 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • お茶大アカデミック・プロダクション,寄附研究部門准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 栄養学レビュー

    心血管リスク低減のためのナッツとマメ科種子, ILSI Japan, 2016年02月, 岸本 良美, 研究書, 133-147

論文 【 表示 / 非表示

  • Low Levels of Plasma Osteoglycin in Patients with Complex Coronary Lesions

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2018年03月, Seki T, Saita E, Kishimoto Y, Ibe S, Miyazaki Y, Miura K, Ohmori R, Ikegami Y, Kondo K, Momiyama Y, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • 糖脂質代謝・肝機能に対するポリフェノールの効果

    機能性食品と薬理栄養, 11巻(頁276 - 281), 2018年02月, 岸本良美、田口千恵, 総説, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Low Plasma Levels of Fibroblast Growth Factor-21 in Patients with Peripheral Artery Disease

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2018年01月, Miyazaki Y, Saita E, Kishimoto Y, Ibe S, Seki T, Miura K, Suzuki-Sugihara N, Ikegami Y, Ohmori R, Kondo K, Momiyama Y, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Serum gamma-glutamyltransferase is inversely associated with dietary total and coffee-derived polyphenol intakes in apparently healthy Japanese men

    European Journal of Nutrition, 2017年10月, Taguchi C, Kishimoto Y, Kondo K, Tohyama K, Goda T, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Plasma interleukin-27 levels in patients with coronary artery disease

    Medicine, 96巻(頁e8260 - ), 2017年10月, Miura K, Saita E, Suzuki-Sugihara N, Miyata K, Ikemura N, Ohmori R, Ikegami Y, Kishimoto Y, Kondo K, Momiyama Y, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 広がる“食”の可能性-動脈硬化予防を目指したポリフェノールの機能性研究-

    オレオサイエンス, 13巻(頁504 - 506), 2013年, 岸本良美, 総説, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Plasma Heme Oxygenase-1 (HO-1) Levels and Coronary and Peripheral Artery Diseases

    岸本良美、関俊樹、宮崎良央、三浦光太郎、池上幸憲、近藤和雄、樅山幸彦, 国内, 2018年03月, 第82回日本循環器学会学術集会, 大阪, 一般発表, 第一発表者

  • インドキノ抽出物によるLDL酸化抑制作用

    岸本良美、新井英里、才田恵美、鈴木(杉原)規恵、田口千恵、近藤和雄, 国内, 2017年12月, 第27回日本MRS年次大会, 横浜, 一般発表, 第一発表者

  • 培養血管内皮細胞においてクルクミンは飽和脂肪酸による炎症反応を抑制する

    岸本良美、才田恵美、田口千恵、谷真理子、近藤和雄, 国内, 2017年12月, 第15回日本機能性食品医用学会総会, 東京, 一般発表, 第一発表者

  • The effect of additional consumption of one egg per day on serum lipids and antioxidant parameters in healthy and moderately hypercholesterolemic males

    Kishimoto Y, Taguchi C, Saita E, Suzuki-Sugihara N, Nishiyama H, Wang W, Masuda Y, Kondo K, 国外, 2017年10月, IUNS 21st ICN International Congress of Nutrition, Buenos Aires (Argentina), 一般発表, 第一発表者

  • Pine bark polyphenol prevents low-density lipoprotein (LDL) oxidation in vitro and in humans

    Kishimoto Y, Nakayama S, Saita E, Suzuki-Sugihara N, Taguchi C, Tani M, Kamiya T, Kondo K, 国内, 2017年08月, IUMRS-ICAM2017, 京都, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 12th Asian Congress of NutritionでYoung Investigator Award

    Asian Congress of Nutrition, Yoshimi Kishimoto, Norie Suzuki-Sugihara, Emi Saita, Chie Taguchi, Kazuo Kondo, Gene expressions of HO-1 and inflammatory factors in HUVECs are drastically induced by palmitic acid and diversely modulated by polyphenols, 2015年05月, 国外

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 小胞体ストレス制御を基盤とした食品の新たな血管炎症抑制機構の解明

    基盤研究(C), 岸本 良美, 2017年度, 1,100千円

  • 食後の血管炎症とmiRNA発現変動に着目した食品の新たな動脈硬化予防機構の検討

    若手研究(B), 2014年度

  • TG-richリポ蛋白による血管炎症反応機構とポリフェノールによる改善作用の検討

    若手研究(B), 2011年度, 1,300千円

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター, その他,2015年04月 - 2016年03月, 国内