岸本 良美

KISHIMOTO Yoshimi

職名

寄附研究部門准教授

所属

お茶大アカデミック・プロダクション

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 食品の機能性、動脈硬化

学歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学, 生活科学部, 生活環境学科, 大学, 卒業, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化創成科学研究科, ライフサイエンス専攻, 大学院(修士課程), 修了, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化創成科学研究科, ライフサイエンス専攻, 大学院(博士課程), 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • お茶大アカデミック・プロダクション,寄附研究部門准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 栄養学レビュー

    心血管リスク低減のためのナッツとマメ科種子, ILSI Japan, 2016年02月, 岸本 良美, 研究書, 133-147

論文 【 表示 / 非表示

  • 野菜・果物からのポリフェノール摂取量の季節差に関する検討

    日本栄養・食糧学会誌, 2017年02月, 田口千恵、岸本良美、福島洋一、才田恵美、田中未央里、近藤和雄, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Regular egg consumption at breakfast by Japanese woman university students improves daily nutrient intakes: open-labeled observations

    Asia Pac. J. Clin. Nutr., 2017年, Taguchi C, Kishimoto Y, Suzuki-Sugihara N, Saita E, Usuda M, Wang W, Masuda Y, Kondo K, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Additional consumption of one egg per day increases serum lutein plus zeaxanthin concentration and lowers oxidized low-density lipoprotein in moderately hypercholesterolemic males

    Food Res. Int., 2017年, Kishimoto Y, Taguchi C, Saita E, Suzuki-Sugihara N, Nishiyama H, Wang W, Masuda Y, Kondo K, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Dietary polyphenol intake estimated by 7-day dietary records among Japanese male workers: evaluation of the within- and between-individual variation

    J. Nutr. Sci. Vitaminol., 2017年, Taguchi C, Kishimoto Y, Fukushima Y, Saita E, Tanaka M, Takahashi Y, Masuda Y, Goda T, Kondo K, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • The effect of the consumption of egg on serum lipids and antioxidant status in healthy subjects

    J. Nutr. Sci. Vitaminol., 62巻(頁341 - 345), 2016年10月, Kishimoto Y, Taguchi C, Suzuki-Sugihara N, Saita E, Usuda M, Wang W, Masuda Y, Kondo K, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 広がる“食”の可能性-動脈硬化予防を目指したポリフェノールの機能性研究-

    オレオサイエンス, 13巻(頁504 - 506), 2013年, 岸本良美, 総説, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The Associations Between Plasma Galectin-3 Levels and Coronary (CAD) and Peripheral Artery Disease (PAD)

    Kishimoto Y, Saita E, Miura K, Seki T, Miyazaki Y, Suzuki-Sugihara N, Ikegami Y, Ohmori R, Kondo K, Momiyama Y, 国外, 2017年04月, 85th European Atherosclerosis Society Congress, プラハ(チェコ共和国), 一般発表, 第一発表者

  • 生活習慣病予防につながるアスタキサンチンの機能性

    岸本良美, 国内, 2016年12月, 第14回日本機能性食品医用学会総会, 東京, 招待講演, 第一発表者

  • ポリフェノールの摂取状況と機能性に関する最近の知見

    岸本良美, 国内, 2016年11月, 第23回日本未病システム学会学術総会, 福岡, 招待講演, 第一発表者

  • 血清コレステロール高値男性を対象とした鶏卵摂取試験-血清脂質濃度とLDL酸化指標の検討

    岸本良美、田口千恵、才田恵美、鈴木(杉原)規恵、西山博、王唯、増田泰伸、近藤和雄, 国内, 2016年07月, 第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 東京, 一般発表, 第一発表者

  • Effects of Oligonol on high glucose-induced inflammatory responses in THP-1 macrophages

    Kishimoto Y, Fujisawa T, Saita E, Suzuki-Sugihara N, Kitadate K, Taguchi C, Kondo K, 国内, 2016年07月, 24th International Congress on Nutrition and Integrative Medicine, 札幌(北海道), 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 12th Asian Congress of NutritionでYoung Investigator Award

    Asian Congress of Nutrition, Yoshimi Kishimoto, Norie Suzuki-Sugihara, Emi Saita, Chie Taguchi, Kazuo Kondo, Gene expressions of HO-1 and inflammatory factors in HUVECs are drastically induced by palmitic acid and diversely modulated by polyphenols, 2015年05月, 国外

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C), 岸本 良美, 2017年度, 1,100千円

  • 食後の血管炎症とmiRNA発現変動に着目した食品の新たな動脈硬化予防機構の検討

    若手研究(B), 2014年度

  • TG-richリポ蛋白による血管炎症反応機構とポリフェノールによる改善作用の検討

    若手研究(B), 2011年度, 1,300千円

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター, その他,2015年04月 - 2016年03月, 国内