伊藤 亜矢子

ITO Ayako

職名

准教授

所属

基幹研究院 人間科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 人間発達科学専攻

生活科学部 人間生活学科

ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 人間発達教育科学研究所

主担当学科

生活科学部人間生活学科・発達臨床心理学講座

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻発達臨床心理学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻発達臨床心理学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スクールカウンセリング、国際比較、コミュニティ・アプローチ

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 米国ASCAのCarol Dahir氏や韓国Sang Min Lee氏など、海外のスクールカウンセリング研究者と共同研究・実践交流を継続的に行い、日本におけるスクールカウンセリングの独自性や可能性について検討した。特に2013年度には、スクールカウンセラーへの全国調査を日韓で行った。
    また、全校型スクールカウンセリングのツール開発の一環として、中学校版学級風土質問紙の全国基準値再収集のため、15年ぶりの全国再調査を行った。
    2014年度にはこれらの分析を行い(継続中)、スクールカウンセラー実践力育成プログラム作成の一環として研究会などを行った。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 伊藤研究室では、子ども・学校・地域・コミュニティをキーワードに、各人のテーマに応じて、実践研究を行っています。
     臨床心理学・コミュニティ心理学・教育心理学・学校心理学の知見を元に、学校内外での、子ども支援を促進する方法の開発やシステムづくりをめざした実践研究です。
     現在では主に、学級風土コンサルテーションによる学校生活の支援やそれに関連してのフィールドワークなどの実践研究、学級のニーズに応じた心理教育の実践などを中学校を中心に、小学校・中学校・高等学校で実践しています。
     大学院生の多くは、心理臨床センターに所属し、相談事例について、伊藤のスーパーバイズを受けます。伊藤が母親面接、大学院生が子ども面接を担当する場合も多くなっています。そのほか、大学院生は興味に応じて外部実習に行っています。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 子どもの成長を支える環境、特に学校環境づくりに向けて、スクールカウンセリングの国際比較や予防型・全校型ツールの開発、学級風土コンサルテーションなどを今後も継続する予定です。2013年度には、国際比較による東アジア型スクールカウンセラーの全校支援モデルとツールの構築(科学研究費基盤(C)研究課題番号:23530891)を終了し、2014年度からは、「国際比較とエビデンスによる日本型スクールカウンセラーの実践力育成プログラム」(科学研究費基盤(C)研究課題番号:26380921)を行っています。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 自分なりのテーマ関心を持ち、実践の場で創造的な実践研究ができる人材を求めています。
     それぞれが自分の意見・センスを生かしながら、お互いに協働することで、学校という場や地域で、その場所の専門家である現職教員の先生方等と協働し、子ども支援を展開することは、やりがいのある実践研究活動です。スクールカウンセラーに重要なのはwork with すなわち他業種も含めた協働。それに環境要因や発達的要因も含めた適切な問題理解の力ではないでしょうか。
     助け合い切磋琢磨しながら、創造的な臨床心理士・実践的研究者として成長していける研究室をめざしています。

学位 【 表示 / 非表示

  • 教育学士, 1989年03月

  • 教育学修士, 1991年03月

  • 博士(教育学), 2005年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 人間科学系,准教授

  • 基幹研究院 人間科学系,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 人間発達科学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 人間発達科学専攻

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 学校心理学ハンドブック第2版 「チーム」学校の充実をめざして

    学級風土のアセスメント, 教育出版, 2016年11月, 伊藤 亜矢子, 日本学校心理学会, 単行本(学術書), 116-117

  • 必携 発達障害支援ハンドブック

    スクールカウンセリングでの支援 学校現場の支援における現実, 金剛出版, 2016年09月, 伊藤 亜矢子, 下山晴彦・村瀬嘉代子・森岡正芳, 単行本(学術書), 338-342

  • Working With Parents of Bullies and Victims

    いじめっ子・いじめられっ子の保護者支援マニュアル 教師とカウンセラーが保護者と取り組むいじめ問題, 金剛出版, 2015年05月, 伊藤 亜矢子, 伊藤亜矢子監訳 多々納聖子訳 ロバーツ著, 単行本(学術書), 1-201

  • 児童心理

    さまざまな出会いの時4月-出会いを育む学級づくり, 金子書房, 2015年04月, 伊藤 亜矢子, 単行本(学術書), 1-10

  • 学校臨床心理学・地域援助特論(‘15)

    第10章 海外のスクールカウンセリング, 放送大学教育振興会, 2015年03月, 伊藤 亜矢子, 倉光修, 教科書, 176-190

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 新版中学生用学級風土尺度(Classroom Climate Inventory; CCI)の作成

    教育心理学研究, 65巻2号(頁91 - 105), 2017年03月, 伊藤亜矢子・宇佐美慧, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • 特集スクールカウンセラーの個人面接-学校コミュニティの中での実践と課題 養護教諭・教師への対応-個人面接

    子どもの心と学校臨床, 16巻(頁91 - 98), 2017年02月, 伊藤亜矢子, 原著, 研究論文(その他学術会議資料等), 単著

  • Validation and Utility of the Social Emotional Health Survey: Secondary for Japanese Students.

    Contemporary School Psychology, 19巻4号(頁243 - 252), 2015年08月, Ito, A., Smith, D.C., You, S., Shimoda, Y., & Furlong, M. J. , 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • 私の実践 学級風土コンサルテーションによる省察

    授業づくりネットワーク8号(頁71 - 77), 2012年12月, 伊藤亜矢子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • リーダーが生まれる学級風土

    児童心理2012年11月号号(頁23 - 28), 2012年11月, 伊藤亜矢子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 「安心・安全な学校体制の準備編 スクールカウンセラーの積極的活用アイディア 『提言 スクールカウンセラーの特性を理解したうえでまずは管理職が積極的な活用を』」

    総合教育技術, 69巻15号(頁22 - 25), 2015年03月, 伊藤 亜矢子, 資料, 単著, 査読なし, その他記事

  • 『「わがまま」はあたりまえ,「わがまま」は宝物』

    「児童心理」 小学一年生・二年生のこころと世界, 66巻6号(頁46 - 49), 2012年, 伊藤 亜矢子, 総説, 単著, 査読なし, その他記事

  • 書評特集 今年の注目!私のBooks & Papers 5 

    臨床心理学61, 11巻1号(頁146 - 147), 2011年, 伊藤亜矢子, 資料, 単著, 査読なし, その他記事

  • 【観点】学校からの報告(3)全校型支援のヒント:スコットランド・アイルランドの実践に学ぶ

    子どもと学校臨床4号(頁113 - 120), 2011年, 伊藤 亜矢子, 原著, 単著, 査読なし, その他記事

  • 『早期発見・早期対応のためのアセスメント』

    「児童心理 特集不登校の現在」, 6月号臨時増刊巻(頁124 - 129), 2011年, 伊藤 亜矢子, 原著, 単著, 査読なし, その他記事

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 監訳者解題 ロバーツ著いじめっ子・いじめられっ子の保護者支援マニュアル教師とカウンセラーが保護者と取り組むいじめ問題

    金剛出版, (頁189 - 199), 2015年05月, 伊藤 亜矢子, その他, 単著

  • 日本サッカー協会被災地こころのプロジェクトテキスト

    日本サッカー協会, 2012年, 伊藤亜矢子(監修), 教材, 共著

  • 臨床心理学

    発達障害児と共に学び合う通常学級, 金子書房, (頁682 - 683), 2012年, 伊藤亜矢子, 鑑定書, 共著

  • 指導と評価12月号

    学級文化-支持的な学級の雰囲気の大切さ,それを築くためには-, 図書文化社, 57号(頁8 - 11), 2011年, 伊藤亜矢子, 鑑定書, 共著

  • 2010年香港・台湾スクールカウンセリング研修旅行報告書―学校現場・大学・行政の三者間連携を模索する―

    香港の包括的ガイダンスプログラムについて―Brian Lee氏の講演から―, 学会連合資格「学校心理士」認定運営機構認定委員会, (頁111 - 113), 2010年08月, 伊藤亜矢子, 学会連合資格「学校心理士」認定運営機構認定委員会, 調査報告書, 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Validation of the Social Emotional Health Survey among Japanese High School Students

    Iida, J., Ito, A., Yokohari, A., Aoyama, I., Sugimoto,K.,,and Endo,H., 国外, 2017年07月, 32ed Conference of International School Psychology Association, Manchester Metropolitan University, UK, International School Psychology Association, 一般発表, 共著者

  • Validation of the Social Emotional Health Survey among Japanese High School Students Part 2;Ecological Validity

    Ito, A., Iida, J., Yokohari, A., Aoyama, I., Sugimoto,K.,,and Endo,H., 国外, 2017年07月, 32ed Conference of International School Psychology Association, Manchester Metropolitan University, UK, International School Psychology Association, 一般発表, 共著者

  • What qualities are required of school counselors to promote collaboration with teachers in providing socio-emotional support for children?: Based on a survey of Japanese school counselors and teachers.

    Ayako Ito, 国外, 2017年03月, Evidence Based School Counseling Conference, San Diego University, USA, Evidence Based Shool Counselor Conference, 一般発表, 第一発表者

  • 中1ギャップによる不適応の未然防止へ: 小学校でつけておきたい力

    伊藤亜矢子, 国内, 2016年10月, 日本教育心理学会第58回総会, 香川大学, 一般発表, 第一発表者

  • 「自由な校風」は何を生徒にもたらすのか-学校生活の主観的体験とレジリエンスに着目して-

    菖蒲知佳・伊藤亜矢子, 国内, 2016年09月, 日本心理臨床学会第35回大会, パシフィコ横浜, 日本心理臨床学会, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

創作活動・製品・公演・競技・フィールドワーク等 【 表示 / 非表示

  • 北区不登校対策モデル地区における実践研究

    2005年04月

    伊藤 亜矢子

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • コミュニティ心理学会若手奨励賞

    日本コミュニティ心理学会, 伊藤亜矢子, 学級風土質問紙の作成, 2003年06月, 国内

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 学級風土アセスメントによる学級経営支援

    伊藤亜矢子, 郁文館夢学園校費, 2015年度, 170千円

  • 学級風土アセスメントによる学級経営支援

    伊藤亜矢子, 郁文館夢学園校費, 2014年度, 170千円

  • 学級風土アセスメントによる学級経営支援

    伊藤亜矢子, 品川区教育委員会委託研究, 品川区教育委員会歳費, 2014年度, 473千円

  • 国際比較による東アジア型スクールカウンセラーの全校支援モデルとツールの構築

    基盤研究(C), 伊藤亜矢子, 科学研究費補助金, 2013年度, 1,430千円

  • 学級風土アセスメントによる学級経営支援

    伊藤亜矢子, 郁文館夢学園校費, 2013年度, 170千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本コミュニティ心理学会, 委員長,2009年04月 - 2012年03月, 国内

  • 日本コミュニティ心理学会, 常任理事(常務理事),2009年04月 - 2012年03月, 国内

  • 日本コミュニティ心理学会, 常任理事(常務理事),2009年04月 - 2012年03月, 国内

  • 日本コミュニティ心理学会国際交流委員会, 委員長,2009年04月 - 2012年03月, 国内

  • 教育心理学研究, その他,2009年01月 - 2010年12月, 0021-5015, 国内

全件表示 >>