伊達 公恵

DATE Kimie

職名

特任講師

所属

ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 ヒューマンライフイノベーション研究所

写真a

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(理学), 2002年03月

  • 博士(理学), 2012年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学,日本学術振興会特別研究員DC2

  • お茶の水女子大学,日本学術振興会特別研究員PD

  • お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究科,リサーチフェロー

  • お茶の水女子大学,日本学術振興会特別研究員RPD

  • ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 ヒューマンライフイノベーション研究所,特任講師

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • イェール大学 医学部,リサーチフェロー,2015年10月 - 2016年10月

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 化学工業

    2010年12月, 伊達公恵、佐野琴音、小川温子, 多糖の資源活用と機能探求 - 細胞外マトリックス分子の糖鎖による肝再生の制御, 研究書, 902-907

  • O-Linked Glycosylation on Focus

    O-グリコシル化に注目して, Trends in Glycoscience and Glycotechnology, 2000年, 2000年, 浅沼公恵、鈴木理沙、田中亮子, Van den Steen, P. E.; Rudd, P. M.; Wormald, M. R.; Dwek, R. A.; and Opdenakker, G., 研究書

  • Dynamic Cytoskeletal Glycosylation and Neurodegenerative Disease

    ダイナミックな細胞骨格のグリコシル化と神経変性疾患, Trends in Glycoscience and Glycotechnology, 1999年, 2000年, 鈴木理沙、浅沼公恵、田中亮子, Van den Steen, P. E.; Rudd, P. M.; Wormald, M. R.; Dwek, R. A.; and Opdenakker, G., 研究書

論文 【 表示 / 非表示

  • The pseudoproteoglycan probes synthesized by conjugating unsulfated dextran with poly-L-lysine exhibit anti-HIV-1 activity.

    Current topics in Virology, 14巻(頁25 - 29), 2017年12月, Date K, Kano-Yajima F, Nakamura K, Ohtsuki T, Hoshino H, Tanamoto K, Ushijima H, Sakagami H, Ogawa H., 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • The Serum Protein Renalase Reduces Injury in Experimental Pancreatitis.

    J. Biol. Chem., 292巻51号(頁21047 - 21059), 2017年, Kolodecik TR, Reed AM, Date K, Shugrue C, Patel V, Chung SL, Desir GV, Gorelick FS., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Sialylation of vitronectin regulates stress fiber formation and cell spreading of dermal fibroblasts via a heparin-binding site.

    Glycoconj. J., 33巻2号(頁227 - 36), 2016年, Miyamoto Y, Tanabe M, Date K, Sakuda K, Sano K, Ogawa H., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Carbohydrate-binding activities of coagulation factors fibrinogen and fibrin.

    Glycoconj. J., 32巻6号(頁385 - 92), 2015年, Date K, Ohyama M, Ogawa H., 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Autoactivation of Pancreatic Trypsinogen Is Controlled by Carbohydrate-Specific Interactio.

    FEBS Lett., 589巻5号(頁569 - 575), 2015年, Ogawa H, Kusumi I, Ogata A, Wada A, Sakagami H, Mitsuhashi K, Date K., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 第4回研究者育成助成<ロッテ重光学術賞>

    公益財団法人ロッテ財団, 伊達公恵, 食品成分による高血糖抑制機構の解明:腸内機能 性糖鎖の制御による健康長寿, 2017年02月, 国内

  • Poster of Distinction

    47th Annual Meeting of American Pancreatic Association, Kimie Date, Renalase forms high molecular weight complex in plasma for translation induced by acute pancreatitis., 2016年10月, 国外

  • Society for Glycobiology Travel Award

    Glycobiology & Japanese Society of Carbohydrate Research Joint Annual Meeting, Kimie Date, Pancreatic α-amylase controls glucose assimilation in duodenum through N-glycan-specific binding, followed by endocytosis and degradation., 2014年11月, 国外

  • 鈴木紘一メモリアル賞

    公益財団法人日本生化学会, 伊達 公恵, 膵α‐アミラーゼと腸内糖鎖リガンドとの結合を介する糖吸収調節機構の発見, 2012年02月, 国内