小林 哲幸

KOBAYASHI Tetsuyuki

職名

教授

所属

基幹研究院 自然科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 ライフサイエンス専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 ライフサイエンス専攻

理学部 生物学科

■廃止組織■ 糖鎖科学教育研究センター

研究推進・社会連携・知的財産本部 研究推進部 【教育研究部門】 ソフトマター教育研究センター

主担当学科

理学部生物学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻生命科学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻生命科学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生理活性脂質、メタボローム解析、ソフトイオン化型質量分析、アレルギーと炎症、必須脂肪酸, 脂質メタボローム、脂質代謝、脂質栄養学、脂質生化学

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 我々の研究室では、「脂質分子から細胞機能・病態を探る」をメインテーマとして、細胞生化学的手法や分子生物学的手法、さらには質量分析を駆使して、以下のテーマを研究している。研究姿勢としては、流行を追うというよりは独創的な研究を目指している。1)生理活性脂質の代謝と機能;生理活性リン脂質である環状ホスファチジン酸(cPA)やリゾホスファチジン酸(LPA)の生物活性を解析すると共に、これら脂質分子の生体内濃度バランスを制御する機構について解析している。2)脂質メタボローム解析;いち早く最新の質量分析技術を駆使した脂質分子の系統的・網羅的解析手法の確立に努め、リン脂質分子やステロイド関連化合物について新知見の発見を目指している。3)細胞のストレス応答に関与するステリルグルコシドの合成誘導と機能の解析。4)必須脂肪酸バランスと生活習慣病(脂質栄養学);オメガ3系列脂肪酸の生理作用;DHAに代表されるオメガ3系列脂肪酸について最新の知見を整理し、予防医学的観点から研究成果を社会へ還元することに努めている。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 学部生に対しては、生化学関連の各種講義や実習を担当し、卒業研究の指導を行っている。また、院生に対しては、脂質生化学に関する新しい研究課題を基盤において、博士前期や後期課程の院生の講義・演習や学位取得のための研究指導を行っている。教育目的として、問題解決能力の高い、知的基礎体力のある人材を社会に供給することを目指している。そのための教育理念として、単に知識や技術を教えるのではなく、知識をどうやって得るか、また、どのように適用するか、そのための「知恵」を授けることを念頭において教育を行っている。自主性を重んじ、面白いデータが得られたときの感動を知ってもらいたい。これは大学院での研究に限らず、学部の講義や実習にもあてはまる。質の高い高等教育を行うためには、ハイレベルな研究がその基盤になくてはならない。したがって、私は脂質生化学に関する最新の研究課題に取り組みながら、独創的な研究を展開することを心がけている。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 以前は、生体膜の単なる構成成分としてしか考えられていなかった脂質は、近年、様々な生理機能への関与が明らかにされ、ホットな研究領域の一つとなっている。生理活性脂質としてのcPAやCGに関する我々の研究は、世界的にみても独創的かつ重要な研究となっている。また時代は今、新たなポストゲノム研究に入り、脂質生化学の分野でも代謝産物の構造と機能を網羅的に解析するメタボローム解析が可能となった。新しい質量分析装置を駆使して脂質の構造解析と定量の技術にさらに磨きをかけ、脂質分子の新機能を見出して行きたい。
    共同研究が可能なテーマとして、以下の項目がある。
    1)生理活性リン脂質の機能(アルルギー・炎症・がん)解析と代謝制御の解明
    2)質量分析による脂質メタボローム解析のための基盤技術の構築とその適用
    3)DHAをはじめとするオメガ3系列脂肪酸の生理機能

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 生物には美しいほどの見事な原理や論理性が潜んでいます。私の専門は、脂質生化学という研究分野で、細胞膜などの生体膜やそれを構成する主要な脂質分子の構造や機能を研究対象にしています。細胞膜は単なる仕切ではなく、ダイナミックに変動する脂質分子の変換工場です。脂質分子からは生理活性分子が作られ、そのバランスが崩れるとアレルギーやがん等の病気になることが分かってきました。さらに、神経機能にも関わっています。生命維持や健康において果たす脂質分子の重要な役割について、いっしょに学んで解明してみませんか?

学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学, 薬学部, 薬学科, 大学, 1978年03月, 卒業, 日本国

  • 東京大学大学院, 薬学系研究科, 生命薬学, 大学院(修士課程), 1981年03月, 修了, 日本国

  • 東京大学大学院, 薬学系研究科, 生命薬学, 大学院(博士課程), 1984年03月, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 薬学学士, 1978年03月

  • 薬学修士, 1981年03月

  • 薬学博士, 1984年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,教授

  • 基幹研究院 自然科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 ライフサイエンス専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 ライフサイエンス専攻,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 ライフサイエンス専攻,教授

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • やさしい「細胞の科学」

    オーム社, 1999年03月, 室伏きみ子、小林哲幸 共著, 教科書

  • バイオサイエンス事典

    II.生体物質と代謝, 朝倉書店, 2002年01月, 小林哲幸ほか, 太田次郎編, 辞典・事典, 34-60

  • ライフサイエンス入門

    脳の働きと脂質;食環境の大切さ, オーム社, 2002年04月, 小林哲幸, 室伏きみ子編, 単行本(学術書), 35-47

  • スタンダード栄養・食物シリーズ3「人体の構造と機能」II.生化学

    第8章 脂質と生体膜, 東京化学同人, 2003年05月, 小林哲幸, 近藤和雄ほか編, 教科書, 67-82

  • 健康・栄養科学シリーズ「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」総論

    第3章 糖質と脂質の化学 B.脂質の化学 , 南江堂, 2005年02月, 小林哲幸, 香川靖雄ほか編, 教科書, 97-103

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A novel sphingomyelin/cholesterol domain-specific probe reveals the dynamics of the membrane domains during virus release and in Niemann-Pick type C.

    FASEB J, 31巻4号(頁1301 - 1322), 2017年04月, Makino, A., Abe, M., Ishitsuka, R., Murate, M., Kishimoto, T., Sakai, S., Hullin-Matsuda, F., Shimada, Y., Inaba, T., Miyatake, H., Tanaka, H., Kurahashi, A., Pack, C.G., Kasai, R.S., Kubo, S., Schieber, N.L., Dohmae, N., Tochio, N., Hagiwara, K., Sasaki, Y., Aida, Y., Fujimori, F., Kigawa, T., Nishibori, K., Parton, R.G., Kusumi, A., Sako, Y., Anderluh, G., Yamashita, M., Kobayashi, T., Greimel, P., Kobayashi, T., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Group X Secreted Phospholipase A2 Releases omega-3 Polyunsaturated Fatty Acids, Suppresses Colitis and Promotes Sperm Fertility

    J. Biol. Chem., 291巻13号(頁6895 - 6911), 2016年01月, Murase R, Sato H, Yamamoto K, Ushida A, Nishito Y, Ikeda K, Kobayashi T, Yamamoto T, Taketomi Y, Murakami M., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Medicines and Vegetable Oils as Hidden Causative of Cardiovascular Disease and Diabetes

    Pharmacology, 98巻98号(頁134 - 170), 2016年, Harumi Okuyama, Peter H Langsjoen, Naoki Ohara, Yoko Hashimoto, Tomohito Hamazaki, Satoshi Yoshida, Tetsuyuki Kobayashi, Alena M. Langsjoen., 総説, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Novel role of group VIB Ca2+-dependent phospholipase A2γ in leukocyte-endotherial cell interaction in acute inflammation: an intravital microscopic study in rat mesentery.

    J. Trauma and Acute Care Surgery, 79巻5号(頁782 - 789), 2015年, Mitsuaki Kojima, Junichi Aiboshi, Masahiro Shibata, Tetsuyuki Kobayashi, and Yasuhiro Otomo, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Statins Stimulate Atherosclerosis and Heart Failure- pharmacological mechanisms.

    Expert Review in Clinical Pharmacology, 8巻2号(頁189 - 199), 2015年, Harumi Okuyama, Peter H. Langsjoen, Tomohito Hamazaki, Yoichi Ogushi, Rokuro Hama, Tetsuyuki Kobayashi and Hajime Uchino, 総説, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 古くて新しい作物、荏胡麻から見た脂質栄養学

    学士会会報, 2005年, 小林哲幸, その他記事

  • リゾリン脂質メディエーターとしてのリゾホスファチジン酸と環状ホスファチジン酸の存在、代謝および生理機能

    蛋白質核酸酵素, 1999年, 小林哲幸、室伏きみ子, 共著者, 総説・解説(学術雑誌)

  • 細胞分化・ストレス応答とステリルグルコシド

    蛋白質核酸酵素, 1999年, 室伏きみ子、小林哲幸, 共著者, 総説・解説(学術雑誌)

  • 体にいい油、悪い油

    ミセス2月号(頁206 - 207), 2017年02月, 小林哲幸ほか, 資料, 共著者, 査読なし, 総説・解説(商業誌)

  • 求められる、油脂製品の安全性とリスク評価

    ファルマシア, 2011年, 小林哲幸, 単著, 総説・解説(学術雑誌)

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • アラキドン酸補給の安全性に関する研究

    アラキドン酸等の脂肪酸摂取がラット炎症病態やマウス眼組織形成に及ぼす影響について2012年03月, 浜崎智仁、奥山治美、小林哲幸ほか(計10名), 科研費報告書

  • アラキドン酸補給の安全性に関する研究

    脂質メタボロームを用いたラット炎症病態と必須脂肪酸バランスの解析2012年03月, 浜崎智仁、奥山治美、小林哲幸ほか(計10名), 科研費報告書

  • 数種の食用油に含まれる微量有害因子に関する研究 厚生労働科学研究費補助金 食品の安全性高度化推進研究事業 平成16年度研究報告書

    Ⅱ-7.大豆レシチン画分中の微量成分と培養細胞を用いた生理活性評価2005年03月, 小林哲幸, 奥山治美, 外部資金報告書

  • ステリルグルコシドを介した細胞のストレス初期応答機構の解析

    2005年03月, 小林 哲幸, 科研費報告書

  • 数種の食用油に含まれる微量有害因子に関する研究 厚生労働科学研究費補助金 食品安全確保研究機構 平成15年度研究報告書

    Ⅱ-8.ステリルグルコシドの生理活性に関する研究2004年04月, 小林哲幸, 奥山治美, 外部資金報告書

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • カフェ酸によるC型肝炎ウイルス感染阻害

    白砂圭崇、谷田以誠、鈴木咲帆、稲森陽子、小林哲幸、花田賢太郎、深澤征義, 国内, 2017年03月, 日本薬学会第137年会, 仙台国際センター, 日本薬学会, 一般発表, 共著者

  • Lipid analysis of brain tissues in a mouse model for cellular inositol depletion

    Chinatsu Tabata, Tetsuo Ohnishi, Chie Shimamoto, Takeo Yoshikawa, Tetsuyuki Kobayashi, 国外, 2016年12月, 日韓3女子大学交流合同シンポジウム, 梨花女子大学, 梨花女子大学, 一般発表, 共著者

  • 躁うつ病治療薬標的候補イノシトールモノホスファターゼ(IMPase)1機能欠損マウスの脳のリン脂質解析

    田端千夏、大西哲生、島本知英、小林哲幸、吉川武男, 国内, 2016年11月, 第39回日本分子生物学会, パシフィコ横浜, 日本分子生物学会, 一般発表, 共著者

  • マスト細胞を制御する第二のAnaphylactic sPLA2の同定

    武富芳隆、砂川アンナ、入江敦、山本圭、三木寿美、佐藤弘泰、小林 哲幸、村上 誠, 国内, 2016年06月, 第58回日本脂質生化学会大会, 秋田市にぎわい交流館AU, 日本脂質生化学会, 一般発表, 共著者

  • 精神疾患の病態生理に脂肪酸結合タンパク質の質的量的変化の関連性

    島本 知英、大西 哲生、前川 素子、豊田 倫子、渡辺 明子、豊島 学、鈴木 勝昭、杉山 栄二、森 則夫、中村 和彦、瀬藤 光利、大和田 祐二、小林 哲幸、吉川 武男, 国内, 2015年12月, 第88回日本生化学会大会・第38回日本分子生物学会合同大会(BMB2015), 神戸ポートアイランド, 日本生化学会, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • ランズ奨励賞

    日本脂質栄養学会, 小林哲幸, 食餌必須脂肪酸バランスと慢性疾患との連関における生化学的解析, 1995年09月, 国内

  • 三島海雲記念財団第40回学術奨励賞

    三島海雲記念財団, 小林哲幸, ステリルグルコシドによる抗潰瘍作用の解析, 2002年06月, 国内

工業所有権の取得(産学(官)連携の成果の場合も含む) 【 表示 / 非表示

  • ヒアルロン酸産生能増強剤およびその用途

    山田信治ほか2名, 日本油脂株式会社

  • 環状ホスファチジン酸を含むグリア細胞の増殖、分化及び/又は生存の促進のための薬剤

    室伏きみ子ほか2名, 株式会社ジェンコム

  • 新規なタンパク質およびその利用

    小林俊秀、小林哲幸、西堀耕三、倉橋敦、藤森文啓

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • ステロイド関連化合物のデータベース構築、およびその他生理活性脂質のメタボローム解析

    小林哲幸, 戦略的創造研究推進事業 CREST , 独立行政法人科学技術振興機構, 2007年度, 5,850千円

  • 生理活性リゾリン脂質の産生バランス制御とがん細胞浸潤転移の関係

    小林哲幸, 平成19年度医用薬物研究奨励富岳基金研究助成, 医用薬物研究奨励富岳基金, 2007年度, 2,000千円

  • 生理活性リゾリン脂質の産生バランス制御とがん細胞浸潤転移の関係

    基盤研究(C), 2007年度, 2,600千円

  • ステロイド関連化合物のデータベース構築、およびその他生理活性脂質のメタボローム解析

    小林哲幸, 戦略的創造研究推進事業 CREST , 独立行政法人科学技術振興機構, 2006年度, 7,150千円

  • ステロイド関連代謝物のデータベース構築、およびその他生理活性脂質のメタボローム解析

    小林哲幸(主たる共同研究者), 戦略的創造研究推進事業CREST, 独立行政法人科学技術振興機構, 2005年度, 3,250千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本脂質生化学会, 委員,2010年01月 - 現在, 国内

  • 健康・長寿研究談話会, 副会長,2008年01月 - 現在, 国内

  • 日本生化学会関東支部会, 評議員,2011年01月 - 現在, 国内

  • 日本生化学会, 評議員,2016年09月 - 現在, 国内

  • 日本脂質栄養学会, 評議員,2016年01月 - 2018年12月, 国内

全件表示 >>