北島 佐知子

KITAJIMA Sachiko

職名

准教授

所属

基幹研究院 自然科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 理学専攻

理学部 物理学科

主担当学科

理学部物理学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻物理科学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻物理科学領域

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ディコヒーレンス、エンタングルメント、初期相関

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 非平衡統計物理の基礎的な問題として、量子系の基礎的課題である量子系の緩和現象、コヒーレンスやエンタングルメントのダイナミクスといった問題に取り組んでいる。このテーマは近年の量子情報分野においても重要な課題となっている。我々は、系の情報を担う密度行列の時間発展を追うといった方法論を用いて、コヒーレンスおよびエンタングルメントの消失過程、また特に最近では系の初期相関効果に着目し、これら諸性質に対する詳細な解析を行っている。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 学部 :古典力学、電磁気学II、電磁気学演習、物理数学演習を担当。
    大学院:博士前期過程の講義として、量子物理学特論、理学総論(1回分)を担当。また、博士前期課程の学生2名、学部4年生2名が参加するゼミなどを通して、量子情報理論の基礎、および個々の研究テーマについての議論等を行った。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 非平衡統計物理分野の長きにわたる基礎課題であり、かつ近年の量子情報分野において重要な、量子系のコヒーレンス消失やエンタングルメントといった諸問題を中心に研究をさらに進展させる。主に、量子系の重要な理論模型や確率模型を基にした研究の発展を目指す。これらの課題を通して、非平衡統計物理および量子情報分野における共通な重要課題に対して新たな知見を得ること、また新たな理論的枠組の構築につながる研究を進展させる。

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,准教授

  • 基幹研究院 自然科学系,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 理学専攻

全件表示 >>

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 量子と非平衡系の物理: 量子力学の基礎と量子情報・量子確率過程

    東京大学出版会, 2009年11月, 柴田文明、有光敏彦、番雅司、北島佐知子, 研究書, 2-89

論文 【 表示 / 非表示

  • Dephasing of qubits due to an observable stochastic variable

    Phys. Rev. A, 2013年02月, Masashi Ban, Sachiko Kitajima and Fumiaki Shibata, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Distance between Qubit States with Initial System-environment Correlation

    International Journal of Theoretical Physics, 2012年08月, Masashi Ban, Sachiko Kitajima and Fumiaki Shibata, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Qubit decoherence with an initial correlation

    Phys. Lett. A, 2011年06月, Masashi Ban, Sachiko Kitajima and Fumiaki Shibata, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Trace distance in stochastic dephasing with initial correlation

    Phys. Rev. A, 2011年04月, Masashi Ban, Sachiko Kitajima, and Fumiaki Shibata, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Relaxation process of quantum system: Stochastic Liouville equation and initial correlation

    Phys. Rev. A, 2010年08月, Masashi Ban, Sachiko Kitajima, and Fumiaki Shibata, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 散逸のあるJaynes-Cummings 模型の厳密な扱いIII

    北島佐知子、番雅司、柴田文明, 国内, 2013年03月, 日本物理学会第68回年次大会, 広島大学, 一般発表, 第一発表者

  • スクイズド状態による不完全ホモダイン測定

    大日向正志、北島佐知子、有光敏彦、吉田恭, 国内, 2012年09月, 日本物理学会2012年秋季大会, 横浜国立大学, 一般発表, 共著者

  • 量子非平衡系における階層方程式

    柴田文明、北島佐知子、番雅司, 国内, 2011年09月, 日本物理学会2011年秋季大会, 富山大学, 一般発表, 共著者

  • 散逸のあるJaynes-Cummings 模型の厳密な扱いII

    北島佐知子、番雅司、柴田文明, 国内, 2011年09月, 日本物理学会2011年秋季大会, 富山大学, 一般発表, 第一発表者

  • 環境下における連続量テレポーテーションII

    北島佐知子、有光敏彦、吉田恭、大日向正志, 国内, 2011年09月, 日本物理学会2011年秋季大会, 富山大学, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 初期相関を伴う量子複合系のダイナミクス‐厳密な扱い‐

    若手研究(B), 北島佐知子, 2012年度

  • 量子確率模型による環境制御とディコヒーレンス抑制の理論

    若手研究(B), 北島佐知子, 2009年度

  • 量子確率模型による環境制御とディコヒーレンス抑制の理論

    若手研究(B), 2008年度

  • 散逸を伴う量子情報通信路の研究

    北島佐知子, 公益財団法人 国際科学技術財団 2008年研究助成「情報通信の理論と技術」分野, 2008年度

  • 厳密に解ける模型による量子デンスコーディングと情報の回復

    若手研究(B), 北島佐知子, 2006年度

全件表示 >>