近藤 恵

KONDO Megumi

職名

助教

所属

基幹研究院 自然科学系

生活科学部 人間・環境科学科

主担当学科

生活科学部人間・環境科学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科生活工学共同専攻

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科生活工学共同専攻

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 人類進化、自然人類学、年代測定、化石骨、ジャワ原人

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 1.化石骨の年代測定学・年代判定学:化石骨試料に含有される少量・微量元素を調べることにより、それらの年代測定または間接的な相対年代判定を行う。
    2.ジャワ原人の編年および変遷史:インドネシアのジャワ原人に関する遺跡の地質学的調査を行い、各種試料の年代分析をすることにより、化石骨の編年を行う。またそれにより、人類進化の様相を考察する。
    3.日本の旧石器時代の人類の編年および変遷史:日本の旧石器時代の人類とされる化石骨について、年代測定または年代判定を行い、日本列島の人類の由来について考察する。"

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 1.「人体計測学演習」:人間の形態を見る目と表現する方法を修得する。具体的には人体寸法計測法とデータ処理法を習得するための演習である。解剖学的特徴点の同定のしかた、被験者に対する配慮のしかた、マルチン式人体計測器の取り扱い方、計測結果の取り扱い方、計測誤差の評価のしかたについて演習する。計測者として被験者への接し方、補助者としてやるべきことについても教育する。
    2.LA科目「生物人類学」:ヒトを自然界に生息する一生物として捉え、ヒトの生物学的な側面を、進化を踏まえて理解を深める。
    3.「環境科学」:私たちが現在目にする自然環境は、どのように形成され、どのような状態になっているか、について、気圏、水圏、地圏それぞれについて、基礎的な知識を習得させる。
    4.「環境生理学」:人体に起きているさまざまな生理現象について、基礎的な知識を習得する。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • ジャワ原人関連の資料について年代分析を進めることにより、アジアに留まらず、人類進化の様相がより明確になっていくと期待される。また、特に日本の資料については、従来よりも精度の高い分析が可能になってきたことにより、試料の処理方法がより重要になっていることから、当研究室で進めている前処理法の研究がさらに重要視されつつある。より精密な年代分析を必要とする資料を取り扱っている研究者と共同研究ができれば、当研究室での成果が生かせると考える。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 自然界において「ヒト」という生物はどのように形成されてきたのか、そしてどのような特性を持つに至ったか、など、科学的に考えてみたい方々に、興味深い研究分野です。自分自身がどのような生物であるか、理解を深めてみませんか。

学位 【 表示 / 非表示

  • 家政学士, 1990年03月

  • 家政学修士, 1992年03月

  • 博士(理学), 1995年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,助教

  • 基幹研究院 自然科学系,助教

  • 生活科学部 人間・環境科学科,助教

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会,特別研究員(PD),1997年01月 - 1999年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 考古論集-川越哲志先生退官記念論文集-

    帝釈観音堂洞窟遺跡出土哺乳動物骨の多元素分析 -古人類化石の出土層準・年代判定に関する基礎的研究, 川越哲志先生退官記念事業会, 2005年11月, 松浦 秀治・近藤 恵, 広島大学大学院文学研究科考古学研究室, 単行本(学術書), 207-214

  • 北上山地に日本更新世人類化石を探る - 岩手県大迫町アバクチ・風穴洞穴遺跡の発掘

    風穴洞穴第4層の堆積年代に関する予備的分析, 東北大学出版会, 2003年11月, 松浦 秀治・近藤 恵, 百々 幸雄・瀧川 渉・澤田 純明, 単行本(学術書), 281-283

  • 北上山地に日本更新世人類化石を探る - 岩手県大迫町アバクチ・風穴洞穴遺跡の発掘

    アバクチ洞穴の下位堆積物に関する年代分析, 東北大学出版会, 2003年11月, 松浦 秀治・近藤 恵, 百々 幸雄・瀧川 渉・澤田 純明, 単行本(学術書), 49-53

  • 前・中期旧石器問題の検証

    ひょうたん穴出土「骨器」の年代測定, 日本考古学協会, 2003年05月, 近藤 恵・松浦 秀治, 前・中期旧石器問題調査研究特別委員会, 単行本(学術書), 387-389

  • Geological Research and Development Centre (Bandung), Special Publication, No.27

    Stratigraphic allocation of the hominid frontal bone fragment (Bp9408) from Sangiran by the multielement approach, Geological Research and Development Centre(Bandung), 2001年11月, SUDIJONO, MATSU'URA Shuji, KONDO Megumi, AZIZ Fachroel, 単行本(学術書), 81-85

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Sexual dimorphis in the human hand proportion: A radiographic study

    Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Ser.D, vol.43巻(頁1 - 6), 2017年12月, KONDO Megumi, OGIHARA Naomichi, SHINODA Ken-ichi, ANADA Sayaka, ITO Kohta, MURATA Mitsunori, TANAKA Toshiaki, TAKAI Shozo, MATSU'URA Shuji, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Allometric relationship between hand bone lengths and stature in a modern Japanese population

    Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Ser.D, vol.43巻(頁7 - 15), 2017年12月, KONDO Megumi, OGIHARA Naomichi, MATSU'URA Shuji, ANADA Sayaka, ITO Kohta, MURATA Mitsunori, TANAKA Toshiaki, MATSUURA Shun, TAKAI Shozo, SHINODA Ken-ichi, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Advanced maritime adaptation in the western Pacific coastal region extends back to 35,000-30,000 years before present

    Proceedings of the National Academy of Sciences USA, 113巻40号(頁11184 - 11189), 2016年, Fujita, M., S. Yamasaki, C. Katagiri, I. Oshiro, K. Sano, T. Kurozumi, H. Sugawara, D. Kunikita, H. Matsuzaki, A. Kano, T. Okumura, T. Sone, H. Fujita, S. Kobayashi, T. Naruse, M. Kondo, S. Matsu'ura, G. Suwa and Y. Kaifu, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • The characteristics and chronology, of the earliest Acheulean at Konso, Ethiopia.

    Proceedings of the National Academy of Sciences USA, 110巻(頁1584 - 1591), 2013年01月, Beyene, Y., S. Kato, G. WoldeGabriel, W. K. Hart, K. Uto, M. Sudo, M. Kondo, M. Hyodo, P. R. Renne, G. Suwa and B. Asfaw, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • High-resolution record of the Matuyama-Brunhes transition constrains the age of Javanese Homo erectus in the Sangiran dome, Indonesia

    Proceedings of the National Academy of Sciences USA, 2011年11月, Hyodo, M., S. Matsu'ura, Y. Kamishima, M. Kondo, Y. Takeshita, I. Kitaba, T. Danhara, F. Aziz, I. Kurniawan and H. Kumai, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • ジャワ原人の年代に関する総合的再検討

    ジャワ人類化石産出層の磁気的研究2004年03月, 兵頭 政幸・藤本 真司・中条 忠寛・松浦 秀治・近藤 恵・アジズ F.・熊井 久雄, 松浦 秀治, 科研費報告書

  • ジャワ原人の年代に関する総合的再検討

    サンギランおよびモジョケルトの凝灰岩試料の40Ar/39Ar年代に関する予察的分析2004年03月, 近藤 恵・宇都 浩三・松浦 秀治・兵頭 政幸・檀原 徹・アジズ F.・スディヨノ・熊井 久夫, 松浦 秀治, 科研費報告書

  • ジャワ原人の年代に関する総合的再検討

    ジャワ島含人類化石層における火山灰試料の採取2004年03月, 松浦 秀治・熊井 久夫・兵頭 政幸・近藤 恵・檀原 徹・アジズ F.・スディヨノ, 松浦 秀治, 科研費報告書

  • ジャワ原人の年代に関する総合的再検討

    ジャワ島出土人類化石の年代測定―火山灰分析と年代試料評価―2004年03月, 檀原 徹・熊井 久夫・松浦 秀治・兵頭 政幸・近藤 恵・アジズ F.・スディヨノ, 松浦 秀治, 科研費報告書

  • ジャワ原人の年代に関する総合的再検討

    ジャワ島出土人類化石の年代測定―FT年代測定―2004年03月, 檀原 徹・熊井 久夫・松浦 秀治・兵頭 政幸・近藤 恵・アジズ F.・スディヨノ, 松浦 秀治, 科研費報告書

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 宮古島市ツヅピスキアブ洞窟第 IV 層から 産出 したシカとイノの年代 分離 - 琉球列島に おける完 新世のシカ化石は 確認されていない-

    近藤 恵 、久貝弥嗣 、藤田祐樹 、並木基真、米田 穣、松浦秀治, 国内, 2016年10月, 第70回日本人類学会大会, 新潟(日本), 日本人類学会, 一般発表, 第一発表者

  • 歯牙の放射性炭素分析による法医学的生年推定法:必要最小象牙質量の検討

    福井謙二,近藤美穂子,松浦秀治,近藤 恵,岩楯公晴, 国内, 2016年06月, 第100次日本法医学会学術集会全国大会, きゅりあん,東京, 日本法医学会, 一般発表, 共著者

  • 古島市ツヅピスキアブ洞窟の第IV-1・2層から混在出土したシカとイノシシの年代分離

    松浦秀治 、久貝弥嗣 、藤田祐樹 、近藤 恵, 国内, 2015年10月, 第69回日本人類学会大会, 東京(日本), 日本人類学会, 一般発表, 共著者

  • 歯牙の放射性炭素分析による法医学的生年推定法:必要最小エナメル質量の検討

    福井謙二,近藤美穂子,松浦秀治,近藤 恵,岩楯公晴, 国内, 2015年06月, 第99次日本法医学会学術集会全国大会, 高知市文化プラザかるぽーと,高知市, 日本法医学会, 一般発表, 共著者

  • 浜北人骨と三ケ日人骨の年代はどのように測定されたか

    近藤 恵, 国内, 2014年11月, 日本人類学会公開シンポジウム, 浜松(日本), 日本人類学会, 招待講演, 第一発表者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • Anthropological Science 論文奨励賞

    日本人類学会, 近藤 恵, Dating of the Hamakita human remains from Japan, KONDO M. & MATSU'URA S., Anthropological Science,Peer review, vol.113,pp.155-161, 2005, 2007年10月, 国内

  • 家庭経営学奨学金

    お茶の水女子大学, 近藤 恵, 人類の歴史に関する年代学的研究, 1999年11月, 国内

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 高精度放射性炭素年代測定に向けて化石骨試料の精緻調整法の開発

    基盤研究(C), 近藤 恵, 科学研究費補助金, 日本学術振興会, 2012年度, 390千円

  • ジャワ原人の年代論争の終結へ向けて

    基盤研究(B), 松浦秀治, 近藤 恵, 科学研究費補助金, 日本学術振興会, 2012年度, 300千円

  • 高精度放射性炭素年代測定に向けて化石骨試料の精緻調整法の開発

    基盤研究(C), 2011年度, 1,170千円

  • 世界文化遺産サンギラン遺跡出土古人類化石の評価にかかる年代学的検証

    基盤研究(A), 松浦秀治, 2011年度, 500千円

  • 高精度放射性炭素年代測定に向けて化石骨試料の精緻調整法の開発

    基盤研究(C), 2010年度, 2,990千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本人類学会, 幹事(監査),2017年11月 - 現在, 国内

  • 日本第四紀学会, 評議員,2017年09月 - 現在, 国内

  • 第四紀研究(日本第四紀学会)特集号編集委員, 委員,2016年06月 - 2017年08月, 国内

  • Anthropological Science(日本人類学会)編集委員, 委員,2015年10月 - 現在, 国内

  • 第四紀研究(日本第四紀学会)論文審査委員, 委員,2014年02月 - 2014年07月, 国内

全件表示 >>