後藤 真里

GOTOH MARI

職名

特任准教授

所属

ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 ヒューマンライフイノベーション研究所

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 脂質メディエーター

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 環状ホスファチジン酸(Cyclic phosphatidic acid: cPA)は独特な環状リン酸構造を持つ脂質メディエーターとして、ミクソアメーバPhysarum polycephalum から単離され、1992年にその構造と細胞増殖抑制作用が報告されました。その後ヒトの血清や動物脳をはじめ、広範な生物とその組織に存在していることが明らかにされ、これまでに、がん細胞浸潤・転移抑制、神経細胞生存促進、疼痛抑制などが、cPAの特異的な作用として見出されています。これらの結果は、cPAをがん治療や疼痛治療などの医療分野へと応用することの可能性を示唆し、今後の研究の進展に期待がもたれます。現在、有機合成されたcPAよりも代謝的に安定なcPA類似体を作成して、そのがん細胞に与える影響、神経細胞に与える影響、痛み抑制効果を精査しており、さらに、それらの作用に関わるcPAの受容体の探索と、受容体の活性化によって誘導されるシグナル伝達の解明を進めていく予定です。

学歴 【 表示 / 非表示

  • ルイ・パスツール大学, 大学院(博士課程), 2006年03月, 卒業, フランス共和国

  • お茶の水女子大学, 大学院(博士課程), 2006年03月, 卒業, 日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 ヒューマンライフイノベーション研究所,特任准教授

担当科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • Biomimetic

    Biomimetic synthesis and properties of polyprenoids, 2011年, Laurent DÉSAUBRY , Nigel RIBEIRO, Mari GOTOH, Yoichi NAKATANI, 研究書

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of cyclic phosphatidic acid on the proliferation and differentiation of mouse cerebellar granule precursor cells during cerebellar development

    Brain research, 1614巻(頁28 - 37), 2015年04月, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • 脂質メディエーター・環状ホスファチジン酸の変形性関節症と多発性硬化症への効果とその医療応用への展望

    脂質栄養学, 24巻(頁41 - 51), 2015年03月, 総説, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Cyclic Phosphatidic Acid Relieves Osteoarthritis Symptoms

    Mol. Pain, 10巻(頁 52 - ), 2014年10月, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Search for the most ‘primitive’ membranes and their reinforcers

    Orig. Life Evol. Biosph., 44巻(頁197 - 208), 2014年10月, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Cyclic phosphatidic acid treatment suppress cuprizone-induced demyelination and motor dysfunction in mice

    Eur. J. Pharmacol., 741巻(頁17 - 24), 2014年07月, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • Effects of Autotaxin Knock-down on Tumor Cell Invasion and Metastasis

    人間情報学会, 後藤 真里, ポスター発表最優秀賞, 2012年12月, 国内