高桑 晴子

TAKAKUWA Haruko

所属

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 比較社会文化学専攻

文教育学部 言語文化学科

主担当学科

文教育学部言語文化学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻英語圏・仏語圏言語文化学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻言語文化論領域

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 19世紀女性作家、イギリス小説、アイルランド小説

研究内容 【 表示 / 非表示

  •  19世紀初頭の英国女性作家の家庭小説における女性とナショナル・アイデンティティーの表象の問題を考察している。18世紀から19世紀にかけては、スコットランド、そしてアイルランドが併合され、また海外においては植民地経営を拡大させていった時期であった。また、啓蒙主義等の影響を受け、女性の教育や権利についての関心も高まった時代でもある。19世紀初頭の女性作家たちの小説において、女性とネイションの問題が密接にかかわっていたことをMaria Edgeworth, Sydney Owenson, Susan Ferrier, Jane Austenらの小説から分析している。

教育内容 【 表示 / 非表示

  •  学部では、本年度はコア英語科目に加えて、「英文学演習(初級)」「英米文学演習(上級)(1)(2)「英文学史II」「英語圏言語文化研究I」などを担当し、イギリス小説を中心に小説そのものの精読に加え、文化的背景知識や小説の技法についての基礎知識を提供し、小説を分析・批評するための土台づくりを心掛けている。
     大学院では「英語圏言語文化特論」「英語圏言語文化演習」「イギリス言語文化論」「イギリス言語文化論演習」などを通して、極めて近代的な文学形態である小説というジャンルを文化的・社会的文脈において分析している。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • ブリテンにおける小説の興隆期と、スコットランド、アイルランドがブリテンに併合され、大英帝国が形成されている時期が重なっているという点は、今後も様々な研究の余地のある分野である。例えばいわゆる英文学史のキャノンという問題と重ね合わせる場合、「ケルトの外縁(Celtic Fringe)」という別のコンテクストを与えると「英国小説」の系譜はどのように見えるのか、という問いを立てることができる。
     また、このようなコンテクストで考えた場合、環大西洋的な影響関係、インドやオーストラリア、ニュージーランドなどの英領植民地との関係も視野に入れて英国小説の展開を考えていくことになり、女性作家についてもこのような大きな地理的移動を背景に考えていくことになる。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学, 文学部, 言語文化学科英語英米文学専門分野, 大学, 卒業, 日本国

  • 東京大学大学院, 人文社会系研究科, 欧米系文化研究専攻英語英米文学専門分野, 大学院(修士課程), 修了, 日本国

  • ダブリン大学トリニティカレッジ (Trinity College, University of Dublin), 文学研究科 (Faculty of Letters), アングロ=アイリッシュ文学専攻, 大学院(修士課程), 2005年02月, 修了, アイルランド

  • 東京大学大学院, 人文社会系研究科, 欧米系文化研究専攻英語英米文学専門分野, 大学院(博士課程), 単位取得満期退学, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(文学)

  • 修士(文学)

  • 修士(アングロ=アイリッシュ文学) (MPhil in Anglo-Irish Literature), 2005年02月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 博士前期課程 比較社会文化学専攻,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 比較社会文化学専攻,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 比較社会文化学専攻,准教授

  • 文教育学部 言語文化学科,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 比較社会文化学専攻,准教授

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 19世紀「英国」小説の展開

    スコットランドの風俗小説――スーザン・フェリアとブリテンの家庭/故郷(ホーム), 松柏社, 2014年06月, 高桑 晴子, 海老根 宏・高橋 和久, 研究書, 45-66

  • 近現代イギリス小説と「所有」

    土地に魅入られて――ビッグ・ハウス小説にみる所有の正当性への不安, 英宝社, 2014年08月, 高桑 晴子, 山本 史郎・南井 正廣・三宅 敦子・高桑 晴子, 研究書, 41-85

論文 【 表示 / 非表示

  • アイルランド問題の置換――シドニー・オウェンソンのインド表象

    ジェイン・オースティン研究10号(頁99 - 114), 2016年06月, 高桑 晴子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Pride and Prejudice as Angels’ Ladder: Jane Austen’s Novel Becomes Takarazuka Musical Theater

    Persuasions On-line, 36巻1号, 2015年12月, TAKAKUWA Haruko, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 'Wild Irish' Heroines: Sydney Owenson's National Tales of the 1810s

    Journal of Irish Studies, 26巻(頁24 - 37), 2011年10月, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • イギリスのナショナル・テイル――マライア・エッジワースの『パトロネッジ』

    専修大学人文科学年報41号(頁1 - 22), 2011年03月, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • 『マンスフィールド・パーク』の「ずれ」――ファニー・プライスの周縁性

    ジェイン・オースティン研究4号(頁15 - 27), 2010年07月, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 海外学会報告 『高慢と偏見』出版に百周年カンファレンス報告

    ジェイン・オースティン研究8号(頁111 - 116), 2014年06月, 高桑 晴子, 原著, 単著, 査読あり, 会議報告等

  • (翻訳)キャサリン・オドネル著「エドマンド・バークとアイルランドの『長い17世紀』」

    『思想』(岩波書店)11月号号(頁208 - 229), 2012年11月, 原著, 共著者, 査読なし, その他記事

  • 中野知律・越智博美編著『ジェンダーから世界を読むⅡ--表彰されるアイデンティティ』・風呂本武敏編『アイルランド・ケルト文化を学ぶ人のために』

    ジェイン・オースティン研究 4号(頁76 - 81), 2010年07月, 原著, 単著, 査読あり, 書評,文献紹介等

  • 鈴木美津子・玉田佳子・五幣久恵・吉野由利著,女性作家の小説サブジャンルへの貢献と挑戦――デイヴィス、ヘイウッド、エッジワース、オーエンソンの場合』

    英文学研究 , 86巻和文号号(頁38 - 41), 2009年11月, 原著, 単著, 査読あり, 書評,文献紹介等

  • Julie Anne Stevens, The Irish Scene in Somerville and Ross

    Journal of Irish Studies , 22巻(頁131 - 133), 2007年10月, 原著, 単著, 査読あり, 書評,文献紹介等

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 復刻版『ロイタラー』1789-1790

    The Loitererと18世紀イギリスの定期刊行物, ユーリカ・プレス, (頁27 - 44), 2007年05月, 著書解題, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • アイルランド問題の置換――シドニー・オウェンソンのインド表象

    高桑 晴子, 国内, 2015年06月, 日本ジェイン・オースティン協会第9回大会, フェリス女学院大学(横浜市), 日本ジェイン・オースティン協会, 一般発表, 第一発表者

  • 『高慢と偏見』と『天使のはしご』-宝塚歌劇への翻案にみるオースティン受容

    高桑 晴子, 国内, 2014年11月, お茶大英文学会第6回年次大会, お茶の水女子大学, お茶大英文学会, 招待講演, 第一発表者

  • Pride and Prejudice as "Ladder of Angels": Jane Austen's Novel Becomes Takarazuka Musical Theatre

    TAKAKUWA Haruko, 国外, 2013年06月, Pride and Prejudice: Celebrating 200 years of Jane Austen's best-loved novel, Lucy Cavendish College, University of Cambridge, Lucy Cavendish College, University of Cambridge, 一般発表, 第一発表者

  • 土地に魅入られて――ビッグ・ハウス小説にみる所有の正当性への不安

    高桑 晴子, 国内, 2013年05月, 日本英文学会第85回全国大会, 東北大学 川内キャンパス, 日本英文学会, 一般発表, 第一発表者

  • 'Wild Irish' Heroines: Sydney Owenson's National Tales of the 1810s

    TAKAKUWA Haruko, 国外, 2010年10月, The 27th International Conference, IASIL Japan, 東京大学 駒場キャンパス, International Association for the Studies in Irish Literatures, Japan, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • The Japan Branch of the International Association for the Study of Irish Literatures (IASIL Japan), 常任理事(常務理事),2016年01月 - 現在, 国外

  • 『英文学研究』; Studies in English Literature (日本英文学会), 委員,2015年04月 - 現在, 0039-3649; 0837-3439, 国内

  • 『関東英文学研究』(日本英文学会関東支部), 委員,2014年04月 - 2015年03月, 1883-7115, 国内

  • 日本オースティン協会 大会準備委員会, 委員,2012年04月 - 現在, 国内

  • 日本英文学会 事務局, その他,2011年09月 - 2012年05月, 国内

全件表示 >>