宮下 聡子

MIYASHITA Satoko

職名

助教

所属

基幹研究院 人文科学系

文教育学部 人文科学科

主担当学科

文教育学部人文科学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻思想文化学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻国際日本学領域

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 倫理学、宗教的倫理、ユング、悪の問題、道徳教育、宗教的情操教育

研究内容 【 表示 / 非表示

  •  倫理と心理と宗教の接点を探るという研究テーマのもと、人間のあり方について、人間の内面および超越的次元との関わりにおいて考察している。具体的な研究対象は、倫理学と心理学と宗教の境界に立つ思想家の思想である。特にユングに力を入れて研究してきたが、フランクル、キューブラー=ロス、フロムをとり上げたこともある。これらの思想家の思想研究をさらに深めるとともに、新たな思想家にもとり組んでみたい。
     上記の研究によって得た人間のあり方についての知見を道徳教育に応用することも行っている。たとえば、ユングやフランクルの宗教的倫理を、道徳教育における宗教的情操教育の思想的モデルとして提示するといったことを試みている。

教育内容 【 表示 / 非表示

  •  担当している授業は、その形態から、講義、講読・演習、論文指導に分けられる。
     講義については、受講生に倫理学を身近に感じ、関心を持ってもらえるよう工夫している。たとえば、学部向けの講義「倫理学概論/通論Ⅰ・Ⅱ」では、生きることに密接に関わる明暗こもごもの問題をテーマとして立て、各テーマについての代表的な古今東西の思想家の説を紹介し、倫理学的に考察することを通じて、受講生に倫理思想史的知識と倫理学的思考法を身につけてもらいつつ、倫理学を自分自身にも関わることとしてとらえてもらうことを目指している。
     講読・演習では、学部、大学院ともに、倫理や宗教について深く考えさせるテクストをとり上げている。テクストの正確な読解と内容の的確な解釈およびそれらを前提にした自由な思索を大切にするとともに、発表や討論の技能を磨く場としての機能も重視している。
     論文指導については、形式・内容ともに充実した論文を作成することができるよう、学生を集めての発表・講評会の形と個別指導の形の両様で指導している。研究倫理の徹底も図っている。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  •  倫理と心理と宗教の接点を探るという研究テーマをさらに究めるべく、一方で研究対象を広げ、たとえばフロイト、アドラー、アウグスティヌス、遠藤周作等の思想にも触れてみたい。他方で当該テーマそのものについての考察を深め、自分なりの答えを見出すことも試みたい。その際、鍵となるのが「悪の問題」であるとの見通しである。
     理論的な研究にとどまらず、道徳教育における宗教的情操教育といった実践的な領域にも積極的に関わり、理論を応用し、実践に生かす方途も探っていきたい。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  •  倫理学は難しくてとっつきにくいというイメージを持たれがちですが、元来は人間が生きることと密接に関わる、私たちにとって身近な学問です。倫理学では、人間はどうあるべきかという普遍的な問題と自分はどうあるべきかという個別的な問題をともに見据えて、「よく生きる」ことの内実を探っていきます。
     人間について、自分について、深く考えてみたいという皆さんと倫理学のおもしろさを共有できるのを楽しみにしております。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学, 第一文学部, 哲学科心理学専修, 大学, 1994年03月, 卒業, 日本国

  • 東京大学, 文学部, 思想文化学科倫理学専修課程, 大学, 1996年03月, 卒業, 日本国

  • 東京大学大学院, 人文社会系研究科, 基礎文化研究専攻思想文化コース倫理学専門分野, 大学院(修士課程), 2000年03月, 修了, 日本国

  • 東京大学大学院, 人文社会系研究科, 基礎文化研究専攻思想文化コース倫理学専門分野, 大学院(博士課程), 2007年03月, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(文学), 1994年03月

  • 学士(文学), 1996年03月

  • 修士(文学), 2000年03月

  • 博士(文学), 2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 文化科学系,助教

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】,助教

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】,助教

  • 文教育学部 人文科学科,助教

  • 基幹研究院 人文科学系,助教

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • ユングにおける悪と宗教的倫理

    教文館, 2009年11月, 宮下 聡子, 研究書

  • 応用倫理学事典

    罪と悪、応報, 丸善, 2008年01月, 宮下 聡子, 加藤 尚武, 辞典・事典, 416-417, 422-423

  • 現代倫理学事典

    黄金律、偶像、原罪、選民思想、無神論、黙示, 弘文堂, 2006年12月, 関根 清三・宮下 聡子, 大庭 健, 辞典・事典, 92, 208, 249, 548-549, 816, 823-824

  • 入門 哲学の名著

    第15章 キルケゴール『あれか、これか』, Philosophy: The Classics, ナカニシヤ出版, Routledge, 2005年01月, 1998年, 宮下 聡子, 船木 亨 監訳, Nigel Warburton, 研究書, 193-205

  • 日本版 インタープリテイション 聖書と神学と思想の雑誌 第60号

    ユーモアと希望の神学――ユーモラスな人物としてのイサク, Humor and the Theology of Hope: Isaac as a Humorous Figure, ATD・NTD聖書註解刊行会, 2001年05月, 宮下 聡子, 新井 明, Joel S. Kaminsky, 研究書, 33-56

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • ユングの「自己」――その倫理的可能性

    お茶の水女子大学 人文科学研究, 第13巻(頁1 - 11), 2017年03月, 宮下 聡子, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • 道徳教育への宗教的情操教育の貢献可能性――ユング、フランクルの宗教的倫理を手がかりに――

    道徳と教育334号(頁29 - 40), 2016年03月, 宮下 聡子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • On the Individual in Watsuji Tetsurō's Ethics

    倫理学紀要, 20巻(頁1 - 17), 2013年03月, MIYASHITA Satoko, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • フロムの「生産的構え」の倫理性をめぐって

    倫理学紀要, 19巻(頁1 - 31), 2012年03月, 宮下 聡子, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • キューブラー=ロスの死生観――倫理の観点から――

    倫理学紀要, 18巻(頁1 - 27), 2011年03月, 宮下 聡子, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 道徳教育の中の宗教的情操教育

    宗教研究, 第90巻別冊号(頁434 - 435), 2017年03月, 宮下 聡子, 原著, 単著, 査読あり, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

  • ユングにおける神

    宗教研究, 第89巻別冊号(頁242 - 243), 2016年03月, 宮下 聡子, 原著, 単著, 査読あり, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

  • フランクルの「超意味」について

    宗教研究, 第88巻別冊号(頁412 - 413), 2015年03月, 宮下 聡子, 原著, 単著, 査読あり, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

  • 『ヨブへの答え』におけるユングの神解釈解明の試み

    宗教研究327号(頁303 - 304), 2001年03月, 宮下 聡子, 原著, 単著, 査読あり, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

  • 『ヨブへの答え』の読み方についての一試案

    日本倫理学会 大会報告集2000年号(頁95 - 97), 2000年09月, 宮下 聡子, 原著, 単著, 査読あり, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 他者と自由についての古代ユダヤ思想と古代ギリシア思想の比較研究

    宗教的倫理における自由の問題――ユングのユダヤ・キリスト教道徳理解および良心論を手がかりに, 東京大学大学院人文社会系研究科, (頁82 - 92), 2006年03月, 宮下 聡子, 関根 清三(研究代表者), 科研費報告書, 単著

  • 入門 哲学の名著

    第15章 キルケゴール『あれか、これか』訳者解題, ナカニシヤ出版, (頁205 - 207), 2005年01月, 宮下 聡子, 船木 亨 監訳, 著書解題, 単著

  • 西洋思想史の中での生命概念

    ユングにおける同胞との共存への道, 東京大学大学院人文社会系研究科, (頁99 - 110), 2000年03月, 宮下 聡子, 佐藤康邦(研究代表者), 科研費報告書, 単著

  • リチャード・ノル(月森左知・高田有現訳)『ユング・カルト』新評論、1998年

    日本ユングクラブ, JAPAN JUNG CLUB NEWSLETTER 61号(頁9 - 10), 1999年03月, 宮下 聡子, その他, 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 道徳教育の中の宗教的情操教育

    宮下 聡子, 国内, 2016年09月, 日本宗教学会第75回学術大会, 早稲田大学戸山キャンパス, 日本宗教学会, 一般発表, 第一発表者

  • ユングにおける神

    宮下 聡子, 国内, 2015年09月, 日本宗教学会第74回学術大会, 創価大学, 日本宗教学会, 一般発表, 第一発表者

  • フランクルの「超意味」について

    宮下聡子, 国内, 2014年09月, 日本宗教学会第73回学術大会, 同志社大学今出川キャンパス, 日本宗教学会, 一般発表, 第一発表者

  • 『ヨブへの答え』の読み方についての一試案

    宮下 聡子, 国内, 2000年10月, 日本倫理学会第51回大会, 東京大学本郷キャンパス, 日本倫理学会, 一般発表, 第一発表者

  • 『ヨブへの答え』におけるユングの神解釈解明の試み

    宮下 聡子, 国内, 2000年09月, 日本宗教学会第59回学術大会, 駒澤大学駒沢キャンパス, 日本宗教学会, 一般発表, 第一発表者

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 『ユングにおける悪と宗教的倫理』

    研究成果公開促進費(学術図書), 2009年度, 300千円