佐藤 敦子

SATO Atsuko

職名

助教

所属

基幹研究院 自然科学系

主担当学科

理学部生物学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻生命科学コース

写真a

学歴 【 表示 / 非表示

  • オックスフォード大学, 大学, 2008年06月, 修了, グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士, 2002年03月

  • 修士, 2004年03月

  • 博士, 2008年06月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 全学教育システム改革推進本部 リーディング大学院推進センター,特任講師

  • 基幹研究院 自然科学系,助教

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 英国海洋生物学研究所,2008年05月 - 2008年12月

  • オックスフォード大学,リサーチフェロー,2008年12月 - 2009年12月

  • 沖縄科学技術研究基盤整備機構 マリンゲノミックスユニット,リサーチフェロー,2010年01月 - 2011年03月

  • オックスフォード大学,リサーチフェロー,2011年04月 - 2013年03月

  • 東京大学 大学院理学系研究科地球惑星科学専攻,特任研究員,2013年04月 - 2014年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

担当科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Hemichordate genomes and deuterostome origins

    Nature, 527巻(頁459 - 465), 2015年11月, Oleg Simakov, Takeshi Kawashima, Ferdinand Marletaz, Jerry Jenkins, Ryo Koyanagi, Therese Mitros, Kanako Hisata, Jessen Bredeson, Eiichi Shoguchi, Fuki Gyoja, Jia-Xing Yue, Bob Freeman, Leon Peshkin, Akane Sasaki, Tomoe Hikosaka-Katayama, Atsuko Sato, Manabu Fujie, Kenneth Baughman, Judith Levine, Paul Gonzalez, Cameron Christopher, Tom Humphreys, Yi-Hsien Su, Nicholas Putnam, Jeremy Schmutz, Asao Fujiyama, Jr-Kai Yu, Kunifumi Tagawa, Kim C Worley, Marc Kirschner, Christopher J Lowe, Noriyuki Satoh, Daniel S Rokhsar, John Gerhart, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Molecular basis of canalization in an ascidian species complex adapted to different thermal conditions

    Scientific Reports, 5巻(頁16717 - ), 2015年11月, Sato A, Kawashima T, Fujie M, Hughes S, Satoh N, Shimeld S, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Remarkable morphological differences between larvae of the Ciona intestinalis species complex: hints for a valid taxonomic definition of distinct species

    PLoS One , DOI: 10.1371/journal.pone.0122879巻, 2015年05月, Roberta Pennati, Francesco Ficetola, Riccardo Brunetti, Federico Caicci, Fabio Gasparini, Francesca Griggio, Atsuko Sato, Thomas Stach, Sabrina Kaul-Strehlow, Carmela Gissi, Lucia Manni, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Hybrid compatibility in the broadcast spawner Ciona intestinalis, a model for marine genomics and developmental biology.

    Zoological Science, 31巻6号(頁369 - 374), 2014年, Sato A, Shimeld S M and Bishop J D D , 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Role of developmental buffering in ecology and evolution of the chordates.

    PuLS, Linnean Society19号(頁7 - ), 2013年, Sato, A, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The endoplasmic reticulum chaperones control canalization in animal development under environmental stress

    Atsuko Sato, 国外, 2016年01月, Society for Integrative and Comparative Biology Meeting , Portland, Oregon, US, Society for Integrative and Comparative Biology, 一般発表, 第一発表者

  • Molecular basis of developmental robustness: Maternal control over organismal adaptation

    Atsuko Sato, 国外, 2015年12月, Ecotoxycology Seminar Series, School of Life and Environmental Sciences, University of Exeter, UK, School of Life and Environmental Sciences, University of Exeter, UK, 招待講演, 第一発表者

  • The endplasmic reticulum chaperones dnajc3 and dnajc10 control canalization of animal development under environmental stress.

    Atsuko Sato, Takeshi Kawashima, Manabu Fujie, Sam Hughes, Nori Satoh and Sebastian Shimeld, 国内, 2015年06月, 48th Annual Meeting of Japan Society of Developmental Biologists, つくば国際会議場, 日本発生生物学会, 一般発表, 第一発表者

  • 半索動物翼鰓類のゲノム科学への展望

    佐藤敦子, 国内, 2013年09月, 日本動物学会, 招待講演, 第一発表者

  • Molecular basis of thermal tolerance facilitates monitoring ecological and morphological changes under climate change

    Atsuko Sato, Takeshi Kawashima, Manabu Fujie, Nori Satoh, Seb Shimeld, 国外, 2012年11月, IX meeting (joint meeting of SDB, SSDB and SPDB), 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 資生堂女性研究者サイエンスグラント

    佐藤敦子, 2013年05月, 国内

  • Ann Sleep Award

    Linnean Society, London, Atsuko Sato, Sato A, Kawashima T, Fujie M, Hughes S, Satoh N, Shimeld S Molecular basis of canalization in an ascidian species complex adapted to different thermal conditions Scientific Reports 5: 16717 (2015), 2012年01月, 国外

  • Outstanding Poster First Prize

    British Society for Developmental Biology, Atsuko Sato, 2006年03月, 国内

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 小胞体シャペロンの脊索動物における役割の解明

    若手研究(B), 佐藤 敦子, 2015年度, 2,080千円