GOURAUD SABINE SANDRA STEPHANIE

GOURAUD SABINE SANDRA STEPHANIE

職名

特任准教授

所属

全学教育システム改革推進本部 リーディング大学院推進センター

写真a

学歴 【 表示 / 非表示

  • Doctoral School in Physiology and Physiopathology (Paris VII), Faculty of Science, 大学, 2003年07月, 卒業, フランス共和国

  • Doctoral School in “Cellular and Molecular Technologies in Physiology”, Faculty of Sciences, Dipartimento di fisiologia ambientale, Universite degli Studi di Bari, ITALY, 大学, 2003年07月, 卒業, イタリア共和国

学位 【 表示 / 非表示

  • PhD (physiology and physiopathology of nutrition), 2003年07月

  • PhD "Cellular and Molecular Technologies in Physiology", 2003年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 全学教育システム改革推進本部 リーディング大学院推進センター,特任准教授

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • Bristol University Henry Welcome LINE,Research assistant,2003年06月 - 2007年01月

  • 和歌山県立医科大学 生理学,Post-doctoral fellow,2007年02月 - 2010年08月

  • 和歌山県立医科大学 生理学,学内助教,2010年09月 - 2014年09月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The circadian clock maintains cardiac function by regulating mitochondrial metabolism in mice.

    PLoS One, 2014年11月, Kohsaka A, Das P, Hashimoto I, Nakao T, Deguchi Y, Gouraud SS, Waki H, Muragaki Y, Maeda M. , 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • The use of protein-DNA, chromatin immunoprecipitation, and transcriptome arrays to describe transcriptional circuits in the dehydrated male rat hypothalamus

    Endocrinology, 2014年, Qiu J, Kleineidam A, Gouraud S, Tieng Yao S, Greenwood M, Hoe SZ, Hindmarch C, Murphy D, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Activation of histamine H1 receptors in the nucleus tractus solitarii attenuates cardiac baroreceptor reflex function in rats.

    Acta Physiol (Oxf), 2014年, Takagishi M, Gouraud SS, Bhuiyan ME, Kohsaka A, Maeda M, Waki H, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Transcriptome of the NTS in exercise-trained spontaneously hypertensive rats: implications for NTS function and plasticity in regulating blood pressure

    Physiol Genomics, 2013年, Waki H, Gouraud SS, Bhuiyan ME, Takagishi M, Yamazaki T, Kohsaka A, Maeda M, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Excessive leukotriene B4 in nucleus tractus solitarii is pro-hypertensive in spontaneously hypertensive rats.

    Hypertension, 2013年, Waki, H, Hendy EB, Hindmarch CCT, Gouraud S, Toward M, Kasparov S, Murphy D and Paton JR. , 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • SHR 孤束核におけるプレプロオレキシン遺伝子発現低下は高血圧発症に関与する.

    Gouraud S, 和気 秀文、高岸 美和、向阪 彰、前田 正信. , 国内, 2014年03月, 第91回 日本生理学会大会, 鹿児島, 一般発表, 第一発表者

  • Altered expression profile of neurotrophin transcripts and proteins in the NTS of spontaneously hypertensive rats.

    Gouraud S, Waki H, Takagishi M, Kohsaka A, Paton JFR, Maeda M. , 国外, 2013年07月, The 37th Congress of the International Union of Physiological Science IUPS2013, Birmingham, UK, 一般発表, 第一発表者

  • SHR の延髄孤束核におけるニューロトロフィン発現プロファイル.

    Sabine S Gouraud, 和気秀文, 高岸美和, 向阪彰, 前田正信, 国内, 2013年03月, 第90回日本生理学会大会, 東京, 一般発表, 第一発表者

  • Altered expression of astrocytic RANTES in the NTS of SHR may be pro-hypertensive

    Gouraud S, Waki H, Takagishi M , Kohsaka A , Masanobu M, 国内, 2012年09月, 第105回近畿生理学談話会, 大阪, 一般発表, 第一発表者

  • Leukotriene B4が培養アストロサイトにおけるCCL5遺伝子・タンパク質発現に及ぼす影響

    Sabine S Gouraud, 和気秀文, 向阪 彰, Julian FR Paton, 前田正信, 国内, 2012年03月, 第89回日本生理学会大会, 長野, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>