長澤 夏子

NAGASAWA Natsuko

職名

准教授

所属

基幹研究院 自然科学系

主担当学科

生活科学部人間・環境科学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科生活工学共同専攻

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科生活工学共同専攻

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 環境生理心理, 建築計画, インテリア・住居・住環境デザイン

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 建築計画の側面から、身体の健康増進と、心の健康増進をめざします。住宅など日常生活中やオフィスでの仕事中、商業施設での買い物中における、ストレスの計測を行なっています。環境セッティングによって、生活環境、場面、周囲の人、状況、生活リズムなどが規定され、環境によってストレスの発生の実態が明らかになってきており、環境によってストレス軽減を行うことが期待できます。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 建築などの日常的な生活の場を中心に、「生活工学」の視点から、講義およびワークショップなどを行なっています。生活環境の問題は、環境改善だけでなく、ソフト、ハードなど様々な視点で問題発見、問題解決のためのクリエイティブな提案が必要とされます。個別の工学技術だけでなく、発想を豊かにする教育方法を提案し、連携教育のための研究も行なっています。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 日常的な場面での行動観察調査、インタビューなどを用いた心理調査、ストレス計測など機器をもちいた日常行動での実験研究など、複数の手法をミックスしながら、生活場面のハードとソフト両面から、環境セッティングによる、人の行動や心身に与える影響について研究を行なっています。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 理工学の知識を深めクリエイティビティを
    私の専門は建築です。建物を建てるハードの技術ではなく、建物を使う人の行動や心理、健康面から良い建物について考える研究しています。また現在、住宅のエネルギー消費量が減らないことが社会的な問題ですが、省エネルギーな暮らし方の研究にも取り組んでいます。本学科は人と生活環境について、様々な融合研究を行っているので、ぜひ、興味に応じて知的でクリエイティブな感性を伸ばしてください。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学, 理工学部, 建築学科, 大学, 1995年03月, 卒業, 日本国

  • 早稲田大学大学院, 理工学研究科, 建設工学専攻, 大学院(修士課程), 1997年03月, 修了, 日本国

  • 早稲田大学大学院, 理工学研究科, 建設工学専攻, 大学院(博士課程), 2000年03月, 単位取得満期退学, 日本国

  • 早稲田大学大学院, 理工学研究科, 建設工学専攻, 大学院(博士課程), 2007年03月, 論文博士, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(建築学), 1995年03月

  • 修士(工学), 1997年03月

  • 博士(工学), 2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 基幹研究院 自然科学系,准教授

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学 理工学部建築学科,助手,1998年04月 - 2001年03月

  • 早稲田大学 理工学総合研究センター,研究員,2001年04月 - 2007年05月

  • 武蔵野女子大学短期大学部,非常勤講師,2002年04月 - 2003年03月

  • 早稲田大学 芸術学校,非常勤講師,2003年04月 - 2007年03月

  • 早稲田大学 人間科学部e-school,教育コーチ,2003年04月 - 2007年03月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • ゼロ・エネルギーハウス―新しい環境住宅のデザイン

    萌文社, 2017年11月, 田辺 新一・長澤 夏子・高口 洋人・小林 恵吾・中川 純, 単行本(学術書), 55-112

  • すまいの健康度をアップする 健康維持増進住宅 事例集

    創樹社, 2013年07月, 日本サステナブル建築協会健康維持増進住宅‐事例集WG, 単行本(一般書), 29-32

  • 健康に暮らすための住まいと住まい方エビデンス集

    技報堂出版 , 2013年06月, 健康維持増進住宅研究委員会, 単行本(一般書), 158-164

  • JIA GOLDENCUBESAWARDS2011「JIAゴールデンキュ—ブ賞2011作品集」

    2011年09月, JIAゴールデンキュ—ブ賞実行委員会, 単行本(一般書)

  • スマートライフ 渡辺仁史研究室が考える未来の暮らし

    パレード, 2011年09月, スマートライフ 渡辺仁史研究室が考える未来の暮らし, 単行本(一般書)

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本の1930年代の木造住宅作品における断熱 -建築専門誌に示された断熱萌芽期の建築家による断熱材導入-

    日本建築学会計画系論文集, VOL.746巻(頁611 - 621), 2018年04月, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • LONGITUDINAL STUDY OF HOUSING FOR THE PROMOTION OF HEALTH AND WELL-BEING USING A COVARIANCE STRUCTURE MODEL TO IDENTIFY THE CAUSAL RELATIONSHIPS BETWEEN SATISFACTION WITH LIVING ENVIRONMENT, STRESS, AND CHRONIC LOW BACK PAIN

    Japan Architectural Review, Vol.1巻No.1号(頁154 - 166), 2018年01月, NAGASAWA Natsuko, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • 日本の1950年代の木造住宅作品における断熱 

    日本建築学会技術報告集, 53巻(頁209 - 214), 2017年02月, 高橋 彰子, 元岡 展久, 長澤 夏子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • ゼロエネルギーハウスの設計・建設と四季の計測 -早稲田大学『Nobi-Nobi HOUSE ~重ね着するすまい』-

    日本建築学会技術報告集 , 52巻(頁1049 - 1052), 2016年10月, 長澤 夏子, 渋谷 彩音, 松永 知大, 田辺 新一, 古谷 誠章, 渡辺 直哉, 広橋 亘, 林 泰弘, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • CREATING A NET ZERO ENERGY HOUSE IN JAPAN -Solar Power; Thermal Environment; Zero Energy House-

    Healthy Buildings 2015, 2015年05月, Matsunaga, TM. , Tanabe, ST , Nagasawa, N , Hayashi, H , Watanabe, W ,, 原著, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著者

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • オフィス”の行方「腰痛とストレス─知的オフィスにおける環境と労災の関係」

    建築雑誌2017年10月号2017年10月号号(頁20 - 21), 2017年10月, 総説, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

  • 女性による街中空間と自宅での生体計測(脳波・唾液アミラーゼ)による検討 くつろぎの生活空間とストレス評価 その2

    2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 環境工学I巻(頁5 - 8), 2017年09月, 長澤 夏子・加藤 龍一・荒井 直子, 原著, 第一著者相当, 査読なし, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

  • アンケート調査およびIAPS画像の心理評価と脳波測定による検討 くつろぎの生活空間とストレス評価 その1

    2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 環境工学I巻(頁1 - 4), 2017年09月, 加藤 龍一・長澤 夏子・荒井 直子, 原著, 共著者, 査読なし, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

  • 画像解析を用いたベビーカー移動者および周囲の歩行状態と群集密度の関連

    2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 建築計画巻(頁629 - 630), 2017年09月, 勢古口 遥・長澤 夏子, 原著, 共著者, 査読なし, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

  • お茶の水女子大学におけるキャンパスの変遷 奈良女子大学、日本女子大学との継時的比較分析

    2016年度日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1巻(頁285 - 286), 2017年09月, 五ノ井 菜摘・元岡 展久・長澤 夏子, 原著, 共著者, 査読なし, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度工学教育調査研究連合委員会企画シンポジウム報告「イノベーションのための工学教育イノベーション」

    工学教育協会, 工学教育66巻巻2号号(頁91 - 94), 2017年, 元岡 展久・長澤 夏子, その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 一人暮らしの住まいにおける省エネルギー行動の研究:質的研究からわかる行動規定要因の特徴

    長澤夏子・中久保豊彦, 国内, 2017年09月, BECC japan 2017, 東京, 省エネルギー行動研究会, 一般発表, 第一発表者

  • 靴型デバイスを用いた生活動作特性の研究(1) -住宅内での生活動作中の足裏圧力データ計測-

    王美娜・長澤 夏子・太田 裕治・安在 恵美, 国内, 2017年09月, LIFE2017, 東京, ライフサポート学会, 一般発表, 共著者

  • 育児中の女性の住まいの環境と生活行動におけるストレスに関する研究 -簡易脳波計を用いた生活行動の生理計測-

    荒井 直子・加藤 龍一・長澤 夏子, 国内, 2017年09月, LIFE2017, 東京, ライフサポート学会, 一般発表, 共著者

  • 女性による街中空間と自宅での生体計測(脳波・唾液アミラーゼ)による検討 くつろぎの生活空間とストレス評価 その2

    長澤 夏子・ 加藤 龍一 ・荒井 直子, 国内, 2017年09月, 2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 広島, 日本建築学会, 一般発表, 第一発表者

  • アンケート調査およびIAPS画像の心理評価と脳波測定による検討 くつろぎの生活空間とストレス評価 その1

    加藤 龍一・長澤 夏子・荒井 直子, 国内, 2017年09月, 2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 広島, 日本建築学会, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

創作活動・製品・公演・競技・フィールドワーク等 【 表示 / 非表示

  • エネマネハウス2014「早稲田大学Nobi-Nobi HOUSE」

    2014年01月

    東京都江東区

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 建てない時代に求められる建築関連職能に対応した、ワークショップ型建築教育の調査

    基盤研究(C), 元岡 展久, 長澤夏子, 2015年度, 283千円

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会 防災教育WG , 委員,2015年06月 - 現在, 国内

  • 日本建築学会 環境工学委員会 生理心理小委員会, 委員,2014年04月 - 現在, 国内

  • 日本建築学会 災害委員会, 委員,2012年04月 - 現在, 国内

  • 日本建築学会 ユビキタス情報基盤構築による震災復興・スマートシティ特別研究委員会, 委員,2012年04月 - 2014年03月, 国内

  • 日本建築学会 スマートシティ情報連携小委員会, 委員,2012年04月 - 2014年03月, 国内

全件表示 >>