今泉 修

IMAIZUMI Shu

職名

助教

所属

ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 人間発達教育科学研究所

主担当学科

生活科学部心理学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻心理学コース

URL

写真a

学歴 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学, 工学部, デザイン工学科意匠系, 大学, 2008年03月, 卒業, 日本国

  • 千葉大学, 大学院工学研究科, デザイン科学専攻, 大学院(修士課程), 2011年03月, 修了, 日本国

  • 千葉大学, 大学院工学研究科, デザイン科学専攻, 大学院(博士課程), 2016年03月, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(工学), 2008年03月

  • 修士(工学), 2011年03月

  • 博士(学術), 2016年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 人間発達教育科学研究所,助教

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 株式会社日立ソリューションズ,総合職研修員,2011年04月 - 2012年12月

  • 千葉大学 大学院工学研究科,技術補佐員,2013年01月 - 2013年03月

  • 日本学術振興会(千葉大学大学院工学研究科),特別研究員DC1,2013年04月 - 2016年03月

  • 日本学術振興会(東京大学大学院総合文化研究科),特別研究員PD,2016年04月 - 2019年03月

  • 早稲田大学理工学術院総合研究所,招聘研究員,2018年04月 - 2019年03月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • Body Schema and Body Image: New Directions (in press)

    Cross-referenced body and action for the unified self: Empirical, developmental, and clinical perspectives, Oxford University Press, 2020年, IMAIZUMI Shu, ASAI Tomohisa, MIYAZAKI Michiko, ATARIA Yochai, TANAKA Shogo, GALLAGHER Shaun, 研究書

論文 【 表示 / 非表示

  • Fluid movements enhance creative fluency: A replication of Slepian and Ambady (2012)

    PsyArXiv, 2020年03月, IMAIZUMI Shu, TAGAMI Ubuka, YANG Yi, 原著, 研究論文(その他学術会議資料等), 第一著者相当

  • No correlation between perception of meaning and positive schizotypy in a female college sample

    PsyArXiv, 2020年02月, TAGAMI Ubuka, IMAIZUMI Shu, 原著, 研究論文(その他学術会議資料等), 共著者

  • 心身脳問題:からだを巡る冒険

    心理学研究, 90巻5号(頁520 - 539), 2019年12月, 田中 彰吾・浅井 智久・金山 範明・今泉 修・弘光 健太郎, 総説, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • 主体感研究の再考と展望

    電子情報通信学会技術研究報告, 119巻167号(頁35 - 38), 2019年08月, 今泉 修, 総説, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 第一著者相当

  • Questionnaire data on visual, perceptual, and emotional characteristics of Japanese adults

    Data in Brief, 25巻104362号, 2019年08月, IMAIZUMI Shu, 資料, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 奥行き情報と把持可能性が擬似的空間無視へ及ぼす影響

    小里 彩月・今泉 修, 国内, 2020年03月, 第10回Society for Tokyo Young Psychologists, 一般発表, 共著者

  • 視覚刺激の意味知覚と統合失調型パーソナリティ

    田上 初夏・今泉 修, 国内, 2020年03月, 第10回Society for Tokyo Young Psychologists, 一般発表, 共著者

  • 行為を制約する身体的特性と自由意志信念の関連

    今泉 修, 国内, 2019年12月, 第11回多感覚研究会, 一般発表, 第一発表者

  • Sense of self through bodily action

    IMAIZUMI Shu, 国外, 2019年11月, Psychological and Artificial Agency Workshop, 一般発表, 第一発表者

  • 主体感とIntentional bindingの相関のメタ分析

    今泉 修, 国内, 2019年09月, 日本心理学会第83回大会, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 自己が起こした感覚事象の認知の時空間特性

    若手研究(B), 今泉 修, 2017年度, 2,400千円

  • 疼痛と精神病理に介在する特異な身体的自己意識:機序解明と臨床応用

    特別研究員奨励費, 今泉 修, 2016年度, 4,000千円

  • 不快刺激がもたらす快感情に関する心理生理学研究

    基盤研究(C), 岩城 達也, 今泉 修, 2016年度, 150千円

  • 視覚刺激が誘発する快・不快の心理・生理メカニズムの解明

    特別研究員奨励費, 今泉 修, 2013年度, 2,500千円