宮本 泰則

MIYAMOTO Yasunori

職名

教授

生年月

1960年09月

所属

ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 ヒューマンライフサイエンス研究所

基幹研究院 自然科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 ライフサイエンス専攻

理学部 生物学科

研究・産学連携本部 研究推進部 【基盤部門】 共通機器センター

研究・産学連携本部 研究推進部 【基盤部門】 ラジオアイソトープ実験センター

研究・産学連携本部 研究推進部 【基盤部門】 動物実験施設

主担当学科

理学部生物学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻生命科学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻生命科学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 分子細胞生物学、神経生物学、細胞外マトリックス、細胞接着

学歴 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学, 生物科学研究科, 生物物理化学専攻, 大学院(博士課程), 1989年03月, 修了, 日本国

  • 筑波大学, 第二学群, 生物学類, 大学, 1984年03月, 卒業, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士, 1989年03月

  • 理学士, 1984年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 ヒューマンライフサイエンス研究所,教授,2021年04月 - 継続中

  • 基幹研究院 自然科学系,教授,2021年04月 - 継続中

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 ライフサイエンス専攻,教授,2021年04月 - 継続中

  • 理学部 生物学科,教授,2021年04月 - 継続中

  • 研究・産学連携本部 研究推進部 【基盤部門】 共通機器センター,2012年04月 - 継続中

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 生命科学系,準研究員,1989年04月 - 1990年03月

  • 武田薬品工業株式会社 開拓第一研究所,リサーチフェロー,1990年04月 - 1994年12月

  • お茶の水女子大学 理学部生物学科,助手,1995年01月 - 2002年08月

  • カリフォルニア大学 サンフランシスコ校 病理学部,訪問研究員,2008年04月 - 2008年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • ヘンダーソン生物学用語辞典

    章 S, Henderson's Dictionary of Biology, オーム社, Oliver and Boyd limited, 2012年09月, 2011年, 生物学用語辞典編集委員会 , Eleanor Lawrence, 辞典・事典

  • バイオサイエンス

    オーム社, 2007年05月, バイオサイエンス研究会, バイオサイエンス研究会, 研究書, 122-135

  • バイオデーターベース利用法 

    転写因子データベース(TRANSFAC Public版を中心に), 学進出版, 2005年, 宮本泰則, 金久實、小川温子、西原祥子編, 単行本(学術書), 54-66

論文 【 表示 / 非表示

  • The neuroprotective function of 2-carba-cyclic phosphatidic acid: implications for tenascin-C via astrocytes in traumatic brain injury

    J. Neuroimmunol. , 361巻(頁577749 - 577764), 2021年12月, Mari NAKASHIMA, Mari GOTOH, Kei HASHIMOTO, Misaki ENDO, Kimiko MURAKAMI-MUROFUSHI, Hiroko IKESHIMA-KATAOKA, Yasunori MIYAMOTO , 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Vitronectin regulates the axon specification of mouse cerebellar granule cell precursors via avb5 integrin in the differentiation stage.

    Neuroscience letters, 746巻(頁135648 - ), 2021年02月, Yuko OISHI, Kei HASHIMOTO, Ayaka ABE, Maho KURODA, Ai FUJII, Yasunori MIYAMOTO. , 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • “Vitronectin is involved in the morphological transition of neurites in retinoic acid-induced neurogenesis in the neuroblastoma cell line Neuro2a”

    Neurochem. Res. , 44巻(頁1621 - 1635), 2019年03月, Miyaka Sugahara, Yuri Nakaoki, Ayano Yamaguchi, Kei Hashimoto, and Yasunori Miyamoto., 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • ”Vitronectin deficiency attenuates hepatic fibrosis in a non-alcoholic steatohepatitis-induced mouse model”

    Int. J. Exp. Pathol. , 100巻(頁72 - 82), 2019年01月, Momoka Hayashida*, Kei Hashimoto*, Tomoko Ishikawa, Yasunori Miyamoto. , 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • “Promotion of differentiation in developing mouse cerebellar granule cells by a cell adhesion molecule BT-IgSF”

    Neurosci. Lett. , 686巻(頁87 - 93), 2018年08月, Kasumi Higashine*, Kei Hashimoto*, Emi Tsujimoto, Yuko Oishi, Yokichi Hayashi, Yasunori Miyamoto., 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2-carba cyclic phosphatidic acid contributes to the repair of stab-wounded cerebral cortex via regulation of microglial and astrocyte cells

    Mari Nakashima, Kei Hashimoto, Ayana Hamano , Hiroko Ikeshima-Kataoka, Mari Gotoh, Kimiko Murakami-Murofushi, Yasunori Miyamoto, 国外, 2019年12月, ASCB/EMBO 2019 meeting, ワシントンDC, ASCB|EMBO, 一般発表, 共著者

  • Vitronectin deficiency attenuates hepatic fibrosis in a non-alcoholic steatohepatitis-induced mouse mode

    Yuko Oishi, Kei. Hashimoto, Ayaka Abe, Maho Kuroda, Yasunori. Miyamoto, 国外, 2019年12月, アメリカ細胞生物学会大会(ASCB|EMBO2019 meeting), ワシントンDC, ASCB|EMBO, 一般発表, 共著者

  • “2-carba cyclic phosphatidic acid contributes to the repair of stab-wounded cerebral cortex via regulation of microglial and astrocyte cells”

    Mari Nakashima, Kei Hashimoto, Ayana Hamano, Hiroko Ikeshima-Kataoka, Mari Gotoh, Kimiko Murakami-Murofushi, Yasunori Miyamoto, 国外, 2018年12月, Anual meeting, American Society of Cell Biology, サンディェゴ (アメリカ), American Society of Cell Biology, 一般発表, 共著者

  • derivative of cyclic phosphatidic acid on microglial and astrocyte cells during the repair of a stab-wounded mouse cerebral cortex”,

    中島麻里, 橋本恵, 濱野文菜, 池島(片岡)宏子, 後藤真里, 室伏きみ子, 宮本泰則, 国内, 2018年09月, 第51回日本神経化学学会大会, 日本神経化学会, 一般発表, 共著者

  • 非アルコール性脂肪肝炎による肝臓の線維化と炎症に対するビトロネクチンの機能

    林田桃香、橋本恵、石川朋子、宮本泰則, 国内, 2018年06月, 第50回日本結合組織学会学術大会, 福岡, 日本結合組織学会, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 神経保護作用を持つ生理活性脂質の新規メカニズムの解明: 脳血管障害治療への応用

    基盤研究(C), 後藤真里, 2021年度

  • ナノプラスチック経口摂取が延髄最後野の炎症反応と自律神経機能に及ぼす影響

    基盤研究(C), グホサビン, 2021年度

  • 神経保護作用を持つ生理活性脂質の新規メカニズムの解明: 脳血管障害治療への応用

    基盤研究(C), 後藤 真里, 2020年度

  • ナノプラスチック経口摂取が延髄最後野の炎症反応と自律神経機能に及ぼす影響

    基盤研究(C), グホ サビン, 2020年度

  • 中脳ドーパミン神経の初期神経形成と分化の分子制御機構

    宮本 泰則, 内藤記念フェローシップ(サバティカルリーブ), 内藤記念科学振興財団, 2008年度, 3,000千円

全件表示 >>