佐藤 敦子

SATO Atsuko

職名

准教授

所属

基幹研究院 自然科学系

主担当学科

理学部生物学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻生命科学コース

写真a

学歴 【 表示 / 非表示

  • オックスフォード大学, 大学, 2008年06月, 修了, グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士, 2002年03月

  • 修士, 2004年03月

  • 博士, 2008年06月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 全学教育システム改革推進本部 リーディング大学院推進センター,特任講師,2014年04月 - 2015年07月

  • 基幹研究院 自然科学系,助教,2015年08月 - 2021年03月

  • 基幹研究院 自然科学系,准教授,2021年04月 - 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 英国海洋生物学研究所,2008年05月 - 2008年12月

  • オックスフォード大学,リサーチフェロー,2008年12月 - 2009年12月

  • 沖縄科学技術研究基盤整備機構 マリンゲノミックスユニット,リサーチフェロー,2010年01月 - 2011年03月

  • オックスフォード大学,リサーチフェロー,2011年04月 - 2013年03月

  • 東京大学 大学院理学系研究科地球惑星科学専攻,特任研究員,2013年04月 - 2014年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Co-expression network analysis of environmental canalization in Ciona.

    BMC Ecology and Evolution, in press巻, 2022年, Sato, A*., Gina M Oba., Nathanael Aubert-Kato., Yura, K., Bishop, J. D. D., 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Chromosomal inversion polymorphisms in two sympatric ascidian lineages.

    Genome Biology and Evolution, 13巻(頁evab068 - ), 2021年04月, Satou, Y.†, Sato, A.†, Yasuo, H†., Mihirogi, Y., Bishop, J. D. D., Fujie, M., Kawamitsu, M., Hisata, K., Satoh, N. (†co-first authors), 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Hemichordate genomes and deuterostome origins

    Nature, 527巻(頁459 - 465), 2015年11月, Oleg Simakov, Takeshi Kawashima, Ferdinand Marletaz, Jerry Jenkins, Ryo Koyanagi, Therese Mitros, Kanako Hisata, Jessen Bredeson, Eiichi Shoguchi, Fuki Gyoja, Jia-Xing Yue, Bob Freeman, Leon Peshkin, Akane Sasaki, Tomoe Hikosaka-Katayama, Atsuko Sato, Manabu Fujie, Kenneth Baughman, Judith Levine, Paul Gonzalez, Cameron Christopher, Tom Humphreys, Yi-Hsien Su, Nicholas Putnam, Jeremy Schmutz, Asao Fujiyama, Jr-Kai Yu, Kunifumi Tagawa, Kim C Worley, Marc Kirschner, Christopher J Lowe, Noriyuki Satoh, Daniel S Rokhsar, John Gerhart, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Molecular basis of canalization in an ascidian species complex adapted to different thermal conditions

    Scientific Reports, 5巻(頁16717 - ), 2015年11月, Sato A, Kawashima T, Fujie M, Hughes S, Satoh N, Shimeld S, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Remarkable morphological differences between larvae of the Ciona intestinalis species complex: hints for a valid taxonomic definition of distinct species

    PLoS One , DOI: 10.1371/journal.pone.0122879巻, 2015年05月, Roberta Pennati, Francesco Ficetola, Riccardo Brunetti, Federico Caicci, Fabio Gasparini, Francesca Griggio, Atsuko Sato, Thomas Stach, Sabrina Kaul-Strehlow, Carmela Gissi, Lucia Manni, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • How developmental buffering stabilize CNS development in the face of thermal stress

    Atsuko Sato, Gina M Oba, Nathanael Aubert Kato, Kei Yura, John Bishop, 国外, 2022年06月, Euro Evo Devo, Napoli, Italy, Euro Evo Devo, 一般発表, 第一発表者

  • Phenotypic plasticity of horned turban Turbo sazae

    Atsuko Sato, Derek Moulton and Nathanael Aubert-Kato, 国外, 2022年06月, Euro Evo Devo, Napoli, Italy, Euro Evo Devo, 一般発表, 第一発表者

  • カタユウレイボヤ姉妹種における熱ストレスへの適応戦略

    佐藤敦子, 国内, 2021年09月, 日本動物学会第92回大会, 招待講演, 第一発表者

  • カタユウレイボヤ姉妹種(C. robusta, C. intestinalis)を新たな研究モデルに! 熱ストレスの影響における発生緩衝の仕組みと、世代間継承について

    佐藤敦子 三尋木幸恵, 国内, 2020年10月, 第5回 ホヤ研究会, 一般発表, 第一発表者

  • The endoplasmic reticulum chaperones control canalization in animal development under environmental stress

    Atsuko Sato, 国外, 2016年01月, Society for Integrative and Comparative Biology Meeting , Portland, Oregon, US, Society for Integrative and Comparative Biology, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 資生堂女性研究者サイエンスグラント

    佐藤敦子, 2013年05月, 国内

  • Ann Sleep Award

    Linnean Society, London, Atsuko Sato, Sato A, Kawashima T, Fujie M, Hughes S, Satoh N, Shimeld S Molecular basis of canalization in an ascidian species complex adapted to different thermal conditions Scientific Reports 5: 16717 (2015), 2012年01月, 国外

  • Outstanding Poster First Prize

    British Society for Developmental Biology, Atsuko Sato, 2006年03月, 国内

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 発生緩衝と進化可能性における、生態系解析法を活用した新規システム的解釈

    基盤研究(C), 佐藤敦子, 日本学術振興会, 2022年度, 1,200千円

  • 発生緩衝と進化可能性における、生態系解析法を活用した新規システム的解釈

    基盤研究(C)独立, 2021年度, 1,500千円

  • 発生緩衝と進化可能性における、生態系解析法を活用した新規システム的解釈

    独立研究基盤支援, 佐藤敦子, 日本学術振興会, 2021年度, 1,500千円

  • 小胞体シャペロンの脊索動物における役割の解明

    若手研究(B), 佐藤 敦子, 2015年度, 2,080千円