久保 隆徹

KUBO Takayuki

職名

准教授

所属

基幹研究院 自然科学系

主担当学科

理学部数学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻数学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻数学領域

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 時間遅れをもつバーガーズ方程式

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 現在,時間遅れをもつバーガーズ方程式に対して,時間非局所項や空間非局所項を入れた場合の考察を考えている.また,昨年度の結果の延長として,時間無限大での解のふるまいを考察している.

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 上記の問題に対して,大学院生とともに解析を行っている.

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 交通流に対する新しい数理モデルの提案ができるのではないかと考えている.

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 高校数学や大学数学は数学自身の面白さがあります.それらの面白さを感じながら,一方で社会への応用を考えることもこれからの研究にとって大事なことだと考えています.

学歴 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学, 理工学部, 数理科学科, 大学, 2001年03月, 卒業, 日本国

  • 早稲田大学, 理工学研究科, 数理科学専攻, 大学院(修士課程), 2003年03月, 修了, 日本国

  • 早稲田大学, 理工学研究科, 数理科学専攻, 大学院(博士課程), 2005年09月, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(理学), 早稲田大学, 2001年03月

  • 修士(理学), 早稲田大学, 2003年03月

  • 博士(理学), 早稲田大学, 2005年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 基幹研究院 自然科学系,准教授,2019年10月 - 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学 理工学術院,客員研究助手,2005年07月 - 2006年03月

  • 早稲田大学 理工学術院,客員講師,2006年04月 - 2008年11月

  • 筑波大学 数理物質科学研究科数学専攻,助教,2008年11月 - 2011年09月

  • 筑波大学 数理物質系数学域,助教,2011年10月 - 2013年04月

  • 筑波大学 数理物質系数学域,講師,2013年05月 - 2019年09月

研究分野 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 数学リテラシー

    共立出版, 2018年12月, 竹内 潔・久保 隆徹, 教科書・概説・概論

  • The proceedings on Mathematical Fluid Dynamics and Nonlinear Wave

    Gakkotosho, 2015年04月, 学術書

  • 非線形偏微分方程式

    朝倉書店, 2012年01月, 柴田 良弘・久保 隆徹, 学術書

論文 【 表示 / 非表示

  • Existence of Weak Solution to the Nonstationary Navier-Stokes Equations Approximated by Pressure Stabilization Method

    Journal of Mathematical Fluid MEchanics, Birkhauser-Science, 24巻1号(頁147 - 164), 2022年02月, Hiroki Kikuchi, Takayuki Kubo, Ranmaru Matsui , 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • On the Evolution of Compressible and Incomressible Viscous Fluids with a Sharp Interface

    Mathematics, , 2021年03月, Takayuki Kubo, Yoshihiro Shibata, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • On a Local Energy Decay Estimate of Solutions to the Hyperbolic type Stokes Equations

    Journal of Differential Equations, , 2018年, T. Kobayashi, T. Kubo, K. Nakamura, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • On pressure stabilization method for nonstationary Navier-Stokes equations

    Communications on Pure and Applied Analysis, , 2018年, T. Kubo, R. Matsui, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Numerical verification for existence of a global-in-time solution to semilinear parabolic equations

    Journal of Computational and Applied Mathematics, , 2017年, M. Mizuguchi, A. Takayasu, T. Kubo, and S. Oishi, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of non-stationary Navier-Stokes equations approximated by the pressure stabilization method

    数理解析研究所講究録2107, 2019年, T.Kubo, 総説, 単著, 査読なし, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • On two phase problem: compressible -compressible model problem

    数理解析研究所講究録1905, 2014年, T.Kubo, 総説, 単著, 査読なし, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • Weighted Lp -Lq estimate for the Stokes semigroup in half-space and perturbed half-space

    数理解析研究所講究録1730, 2011年, T.Kubo, 総説, 単著, 査読なし, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Existence of weak solution to the nonstationary Navier-Stokes equations approximated by the pressure stabilization method

    Takayuki KUBO, 国内, 口頭発表(招待・特別), 2022年12月, , International Workshop on Multiphase Flows: Analysis, Modelling and Numerics, Waseda Univ., 招待講演, 第一発表者

  • On the Evolution of Compressible and Incompressible Viscous FLuids with a Sharp Interface

    久保 隆徹, 国内, 2021年12月, , International Workshop on Multiphase Flows: Analysis, Modelling and Numerics, 招待講演, 第一発表者

  • 時間遅れを考慮に入れたBurgers方程式の大域解について

    久保 隆徹, 国内, 2021年11月, , RIMS共同研究「時間遅れ系と数理科学:理論と応用の新たな展開に向けて」, 招待講演, 第一発表者

  • 時間遅れを持つ粘性Burgers方程式の解の性質について

    上田 好寛・久保隆徹, 国内, 2021年09月, , 応用数理学会, 一般発表, 共著者

  • Analysis of non-stationary Navier-Stokes equations approximated by the pressure stabilization method

    Takayuki Kubo, 国内, 2020年12月, , International Workshop on Multiphase Flows: Analysis, Modeling and Numerics, 招待講演, 第一発表者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 非有界領域での2相問題の数学的アプローチと準線形放物型方程式論への拡張

    基盤研究(B), 2022年度, 300千円

  • 多次元のウェーブレットによる多重方向解析と、多次元の波動方程式への応用

    基盤研究(C), 2022年度, 50千円

  • 近似パラメータを含むNavier-Stokes方程式の数学解析

    基盤研究(C), 2022年度, 800千円

  • 近似パラメータを含むNavier-Stokes方程式の数学解析

    基盤研究(C), 2021年度, 600千円

  • 多次元のウェーブレットによる多重方向解析と、多次元の波動方程式への応用

    基盤研究(C), 2021年度, 50千円

全件表示 >>

 

公開講座、講演・講習・研修会、出張講義等 【 表示 / 非表示

  • 出張授業 「数学で物理現象を理解する方法 --- 数列と微分を使って ---」

    2018年11月, 東京都立両国高等学校 

  • コアSSH AP サイエンス学習会

    2014年10月, 茗渓学園

  • 「永福寺の算額復元と和算講演会」

    2014年08月, 塩尻宿400年祭