水野 輝之

MIZUNO Teruyuki

職名

助教

所属

基幹研究院 人文科学系

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 意味論、語用論、統語論、モダリティ、条件文

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 可能性や因果、反事実性、選好、時間、意思決定といった人間の知的活動に関わる諸概念が、自然言語によってどのように表現されるか、そしてそれらが我々の言語の仕組みにどのような示唆を与えうるか、と言う問題に関して、形式意味論の観点から研究しています。近年は特に、反事実性を表す表現が、世界の様々な言語においてどのように組み立てられるか、その背後にどのような多様性と普遍性が存在するかという問題に焦点を当てています。他にも統語論と意味論のインターフェースに関わる現象、特に省略現象に関心があります。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学, 文学部, 大学, 2015年03月, 卒業, 日本国

  • 京都大学大学院, 文学研究科, 大学院(修士課程), 2017年03月, 卒業, 日本国

  • コネチカット大学, 言語学科, 大学院(博士課程), 2023年05月, 卒業, アメリカ合衆国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(文学), 京都大学, 2015年03月

  • 修士(文学), 京都大学, 2017年03月

  • Ph.D(言語学), 米国コネチカット大学, 2023年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 基幹研究院 人文科学系,助教,2023年04月 - 継続中

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 人文・社会 / 言語学, 形式意味論、語用論、統語論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The structures and meanings of might-counterfactuals: a view from Japanese

    Linguistics and Philosophy, , 2024年, MIZUNO Teruyuki, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Strategies for Anderson conditionals: their implications for the typology of O-marking and X-marking

    Semantics and Pragmatics, , 2024年, MIZUNO Teruyuki, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Problem-solving with Japanese beki

    Proceedings of Sinn und Bedeutung, , 28巻, 2024年, KAUFMANN Magdalena, KAUFMANN Stefan, MIZUNO Teruyuki, YANG Muyi, 原著, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著者

  • Past-as-Past in counterfactual desire reports: a view from Japanese

    Proceedings of Semantics and Linguistic Theory, , 32巻(頁83 - 103), 2022年, MIZUNO Teruyuki, KAUFMANN Stefan, 原著, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 第一著者相当

  • Argument ellipsis, topicality, and a theory of null anaphora

    Proceedings of Chicago Linguistics Society, , 57巻(頁317 - 328), 2022年, MIZUNO Teruyuki, 原著, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Towards a more fine-grained theory of X-marking

    MIZUNO Teruyuki, 国外, 口頭発表(一般), 2024年03月, 2024年03月15日2024年03月17日, Workshop of JSPS Core-to-Core Program A - Advanced Research Networks "International Research Network for the Human Language Faculty", Berlin, ZAS, 一般発表, 第一発表者

  • Specificity triggered by naming restrictions in Japanese

    YAMADA Akitaka, TANAKA Eri, MIZUNO Teruyuki, YANG Muyi, 国外, 口頭発表(一般), 2024年03月, 2024年03月15日2024年03月17日, Workshop of JSPS Core-to-Core Program A - Advanced Research Networks "International Research Network for the Human Language Faculty", Berlin, ZAS, 一般発表, 共著者

  • Formal semantics as a science of natural language meaning

    MIZUNO Teruyuki, 国内, 口頭発表(招待・特別), 2023年12月, , お茶の水女子大学英文学会 第15回年次大会, 招待講演, 第一発表者

  • Problem-solving with Japanese beki

    KAUFMANN Magdalena, KAUFMANN Stefan, MIZUNO Teruyuki, YANG Muyi, 国外, ポスター発表, 2023年09月, 2023年09月06日2023年09月08日, Sinn und Bedeutung 28, Bochum, Germany, Ruhr University , 一般発表, 共著者

  • Problem solving with Japanese beki

    KAUFMANN Magdalena, KAUFMANN Stefan, MIZUNO Teruyuki, YANG Muyi, 国外, 口頭発表(一般), 2023年07月, , Workshop in Semantics and Pragmatics, Komorebi in Ogoto-onsen, Shiga, 一般発表, 共著者

全件表示 >>