研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 原子・分子、イオン・原子衝突問題、可視化

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 水素原子に7価塩素イオンを衝突させたときの、1電子捕獲現象について理論的に調べた。分子軌道展開による緊密結合法を用い、量子論として取り扱った。系の主量子数 n=5, 6 を考慮にいれ、衝突エネルギーが10^{-4}eV/u ~1keV/u の範囲に着目した。電子捕獲断面積および反応速度定数を求めた。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • お茶大は少人数クラスがモットーの大学です。先生方との距離がとっても近い、アットホームな環境があります。自分の興味がもてるものを見つけ、それを探求することに、みんなが手を貸してくれますよ。
    また、お手本とすべきたくさんの卒業生(もちろん女性の先輩)がいます。将来の姿を思い描くときに、きっと参考になります。
    とっても貴重な4年間をお茶大でいっしょに過ごしましょう。

学歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学, 理学部, 物理学科, 大学, 1990年03月, 卒業, 日本国

  • お茶の水女子大学, 大学院(その他), その他, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士, 1990年03月

  • 博士(理学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,助教

  • 基幹研究院 自然科学系,助教

  • 研究推進・社会連携・知的財産本部【基盤部門】 情報基盤センター

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Ab initio investigation of electron capture by Cl7+ ions from H

    PHYSICAL REVIEW A, 2007年08月, L. B. Zhao, A. Watanabe, P. C. Stancil, and M. Kimura, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者