大森 美香

OMORI Mika

職名

教授

所属

基幹研究院 人間科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 人間発達科学専攻

文教育学部 人間社会科学科

■廃止組織■ 人間発達教育研究センター

主担当学科

文教育学部人間社会科学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻心理学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻心理学領域

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 健康行動、ボディイメージ、食行動、感情制御、ストレス

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (1)科学研究費補助金基盤研究(C)の研究プロジェクトとして、再就職支援の場所への筆記表現法の応用可能性についての検討を行っている。
    (2)青年期の健康行動に関する研究を展開している。青年期女子のダイエット行動に及ほす仲間の影響に関する研究を展開した。"

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学および健康心理学に関する授業・研究指導を行った。大学院においては「健康心理学特論」「健康心理学演習」を担当し、健康心理学の理論や実践についての授業をすすめてきた。学部においては、「臨床心理学概論」「臨床心理学研究法」などの授業を担当した。

    研究指導は、卒業論文4件、修士論文主指導1件、修士論文審査(副査)3件、博士論文審査(副査)を4件つとめた。

    サマープログラム Theme 1 "Contemporary Perspectives on Social Policy, Education, Family and Development"のうち3コマの授業を担当した。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 食行動を含めた健康行動の生成に関連する心理社会的要因の解明をすすめている。

    危機予防をめざした感情教育のありかたについて検討している。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学は、心理的な問題の成り立ちや治療の方法に関わる領域ですが、広範な心理学の基礎知識のうえに成り立っています。臨床の場所では、個人の問題を理解し、どの方法がよいのか仮説をたて、治療法が効果的なものかどうか検証できることが求められます。こうしたことは、科学的な心理学研究法を学ばずには獲得できることではありません。

    基礎的な心理学の知識と科学的な心理学の研究法をしっかり勉強していただきたいと思います。

学歴 【 表示 / 非表示

  • University of Massachusetts, Dartmouth, Department of Clinical Psychology, 大学院(修士課程), その他, アメリカ合衆国

  • 筑波大学, 博士課程心理学研究科, 大学院(博士課程), 中退, 日本国

  • Indiana University, Department of Counseling and Educational Psychology, 大学院(博士課程), 2001年08月, 修了, アメリカ合衆国

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(心理学)

  • Ph.D., 2001年08月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 人間科学系,教授

  • 基幹研究院 人間科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 人間発達科学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 人間発達科学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 人間発達科学専攻

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • Indiana University Department of Counseling and Educational Psychology,Graduate Assistant,1997年08月 - 1999年06月

  • 筑波大学 心理学系,助手,1999年08月 - 2001年09月

  • 京都教育大学 附属教育実践センター,講師,2001年10月 - 2004年09月

  • Indiana University School of Health & Physical Education and Recreation,Visiting Scholar,2003年07月 - 2003年09月

  • Yale University Department of Psychology,Visiting Fellow,2004年01月 - 2005年01月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • お茶の水大学グローバルCOE 格差センシティブな人間発達科学の創成2巻 世界の子育て格差 

    8章 社会格差と子どもの健康 心理学の立場から, 金子書房, 2012年04月, 内田伸子 浜野隆 編著, 研究書

  • 図で理解する発達:新しい発達心理学への招待

    4章 なみだが出るのは悲しいから? 感情の発達, 福村出版, 2010年04月, 大森美香, 川島一夫・渡辺弥生, 教科書, 51-64

  • 臨床心理学用語辞典

    第4章 カウンセリングと心理療法, オーム社, 2008年09月, 大森美香, 池田まさみ, 辞典・事典, 125-173

  • 心理療法・カウンセリングの基礎:カウンセラー・セラピストを目指す人のために

    第9章 健康増進・予防, 有斐閣, 2007年12月, 大森美香, 金沢吉展, 教科書, 215-237

  • リスク社会を生き抜くコミュニケーション力

    第9章「ヘルスリスク予防のためのコミュニケーション」, 金子書房, 2007年03月, 大森美香, 内田伸子・坂元章, 研究書, 171-187

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A Comparative Study of Smoking in American and Japanese Adolescents: Self, Social Influences, and Health Beliefs.

    International Journal of Adolescent Mental Health and Addiction, online first巻, 2014年12月, OMORI Mika, Yamawaki Niwako, MCKYER, E. Lisako, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • The relationship between mothers' thin-ideal and children's drive for thinness: A survey of Japanese early adolescents and their mothers.

    Journal of Health Psychology, online version巻(頁1 - 12), 2014年03月, YAMAZAKI Yoko, OMORI Mika, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Relationships between familial variables and children’s attitudes towards family meals

    Psychology & Health, 28巻sup1,号(頁283), 2013年07月, OMORI Mika, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Emotion skills as a protective factor for risky behaviors among college students

    Journal of College Student Development, 2013年03月, Rivers, S. E., Brackett, M. A., Omori, M., Sickler, C., Cook, M., & Salovey, P., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Gender differences in thin-ideal internalization and drive for thinness among adolescents: Mothers’ roles in children’s thin-ideal internalization.

    Ochanomizu University Global COE Program Proceedings, 2011年03月, Yamazaki, Y., & Omori, M., 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共著者

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 女性の心と身体に忍び寄る危険(1)-思春期から成年へ-

    幼児の教育, 2006年, 大森美香, その他記事

  • 女性の心と身体に忍び寄る危険(2)-思春期から成年へ-

    幼児の教育, 2006年, 大森美香, その他記事

  • 学校カウンセリングを考える

    京都教育大学附属心理教育相談室紀要, 2004年, 内田利広, 大森美香, 中村道彦, 本間友巳, 松井仁, 共著者, 総説・解説(大学・研究所紀要)

  • マサチューセッツ大学ダートマス校に留学して

    筑波大学臨床心理学論集, 1995年, 大森,美香, 総説・解説(大学・研究所紀要)

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 文化および環境要因が青年期ヘルスリスク行動の形成過程に与える影響

    2006年03月, 大森美香, 科研費報告書

  • 教職研修キーワード生徒指導

    情緒不安定, 教育開発研究所, 1992年, 大森美香

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 健康行動促進をめざしたリスク認知とヘルスコミュニケーション

    大森美香, 国内, 2012年09月, 日本心理学会第75回大会, 川崎, 一般発表, 第一発表者

  • 楽観性が認知的評価の変化に及ぼす影響-高校生の試験前後におけるストレス対処過程-

    合澤典子・大森美香, 国外, 2012年09月, 日本心理学会第75回大会, 川崎, 一般発表, 共著者

  • ヴィジュアル系ファンにおける自我脆弱性とファン心理

    福森あずさ・大森美香, 国外, 2012年09月, 日本心理学会第75回大会, 一般発表, 共著者

  • Impacts of Socio-Economic Status and Self-Esteem on Adolescent Health-Endangering Behavior,

    Aizawa, N., Yamazaki, Y., de Zoysa, P., & Omori, M., 国外, 2012年05月, the 24th Annual Convention of Association for Psychological Science., Chicago, IL, 一般発表, 共著者

  • Is the transmission of thin-ideal from mothers to their children influenced by mothers’ perception of the quality of a mother-child relationships?: A survey with Japanese children and their mothers.

    Yamazaki, Y., & Omori, M., 国外, 2012年05月, 2012 International Conference on Eating Disorders., 一般発表, 共著者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 本明記念賞

    日本健康心理学会, 大森美香, 論文 Psychosocial Predictors of health-endangering behaviors during the transitions to adulthood, Japanese Health Psychology, 9, 15-31 (2001) に対して, 2002年10月, 国内

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 筆記表現法の応用可能性:退職勧奨者の再就職支援プログラムの開発

    基盤研究(C), 大森美香, 2013年度, 1,300千円

  • 筆記表現法の応用可能性:退職勧奨者の再就職支援プログラムの開発

    基盤研究(C), 大森美香, 2012年度, 2,340千円

  • 感情能力はストレス過程の調整要因となりえるか

    基盤研究(C), 2011年度, 1,040千円

  • グローバルCOE「格差センシティブな人間発達科学の創成」

    耳塚寛明, 2011年度

  • 感情能力はストレス過程の調整要因となりえるか

    基盤研究(C), 2010年度, 1,040千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 自律訓練研究, 委員,2014年10月 - 現在, 国内

  • 日本心理学会, 委員,2012年11月 - 2016年10月, 国内

  • 自律訓練研究, 委員,2012年10月 - 2014年09月, 国内

  • 日本健康心理学会, 委員,2012年09月 - 2013年08月, 国内

  • 日本健康心理学会英文誌WG, 委員,2012年09月 - 2013年03月, 国内

全件表示 >>