工藤 和恵

KUDO Kazue

職名

准教授

生年月

1977年07月

所属

基幹研究院 自然科学系

理学部 情報科学科

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 理学専攻

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

■廃止組織■ シミュレーション科学教育研究センター

研究推進・社会連携・知的財産本部 研究推進部 【教育研究部門】 ソフトマター教育研究センター

主担当学科

理学部情報科学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻情報科学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻情報科学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 統計物理学、パターン形成、量子多体系

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 【パターン形成】ソフトマター系および量子系における秩序構造形成の数理モデルの構築と、それを用いた数値シミュレーション。
    【組み合わせ最適化】統計物理学の手法を利用した時間割や学会のタイムテーブルの作成、コミュニティ検出を応用したレコメンド手法など。
    【量子多体系】組み合わせ最適化問題への量子ダイナミクスの利用。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • (学部)数値計算、数値計算演習、線形代数学
    (大学院)数値解析特論、数値解析演習、非線形数理特論、非線形数理演習

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 量子多体系は、従来から物性の研究や量子力学の基礎研究の対象として研究されてきた。それに加えて最近は、組み合わせ最適化問題への応用も研究され、次世代情報処理技術の基盤として利用する動きが注目を集めている。基礎研究として、量子多体系における非平衡ダイナミクスを研究するだけでなく、組み合わせ最適化問題への量子ダイナミクスの利用についても研究を進める。
    パターン形成の研究では、特にソフトマターおよび巨視的量子系において実際に観察されるパターン形成について研究する。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 情報科学は、身近にある最新技術の基礎を支えています。大学4年間で学べるのはその中のほんの一部かもしれませんが、その基本的な考え方を身につけることは、将来とても役に立つと思います。

学歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学, 理学部, 物理学科, 大学, 卒業, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化研究科, 物質科学専攻, 大学院(修士課程), 修了, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化研究科, 複合領域科学専攻, 大学院(博士課程), 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(理学)

  • 修士(理学)

  • 博士(理学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,准教授

  • 基幹研究院 自然科学系,准教授

  • 理学部 情報科学科,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 理学専攻,准教授

  • 人間文化創成科学研究科 博士前期課程 理学専攻,准教授

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 工学部,日本学術振興会 特別研究員(PD),2005年04月 - 2008年01月

  • ロンドン大学 (University College London),長期ビジター,2007年05月 - 2007年11月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 自己組織化ハンドブック

    量子カオス, エヌ・ティー・エス, 2009年11月, 中村 勝弘・工藤 和恵, 国武 豊喜, 辞典・事典

論文 【 表示 / 非表示

  • Constrained quantum annealing of graph coloring

    Physical Review A, 98巻2号(頁022301 - ), 2018年08月, Kazue Kudo, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Finite-size scaling with respect to interaction and disorder strength at the many-body localization transition

    Physical Review B, 97巻22号(頁220201 - ), 2018年06月, Kazue Kudo, Tetsuo Deguchi, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Academic Meeting Scheduling Using an Antiferromagnetic Potts Model

    Journal of the Physical Society of Japan, 86巻7号(頁075002-1 - 075002-2), 2017年06月, Kazue Kudo, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Effects of Landau-Lifshitz-Gilbert damping on domain growth

    Physical Review E, 94巻6号(頁062215 - ), 2016年12月, Kazue Kudo, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Assessing potential countermeasures against the dengue epidemic in non-tropical urban cities

    Theoretical Biology and Medical Modelling, 13巻(頁12 - ), 2016年04月, Hiroki Masui, Itsuki Kakitani, Shumpei Ujiyama, Kazuyoshi Hashidate, Masataka Shiono and Kazue Kudo, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 学会プログラム編成の半自動化を反強磁性ポッツ模型で実現

    日本物理学会誌, 73巻4号(頁227 - 229), 2018年04月, 工藤 和恵, 寄書, 単著, 査読あり, 総説・解説(学術雑誌)

  • 1次元量子系と振動

    数理科学, 594巻(頁37 - 42), 2012年12月, 工藤 和恵, 総説, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Domain pattern dynamics in Spinor Bose-Einstein Condensates and Ferromagnets

    Kazue Kudo, 国外, 2017年10月, Okinawa School in Physics 2017: Coherent Quantum Dynamics, 恩納村(沖縄県), 招待講演, 第一発表者

  • Coherent control of quantum dynamics by periodic driving

    Kazue Kudo, 国外, 2017年09月, New Advances in Condensed Matter Physics, ヒバ(ウズベキスタン), 招待講演, 第一発表者

  • Simulations of Nonlinear Buckling in Coatings

    Kazue Kudo, Rena Omachi, Michiko Shimokawa, 国内, 2017年08月, IUMRS-ICAM 2017, 京都市, 一般発表, 第一発表者

  • 強磁性薄膜の磁区パターン形成シミュレーション

    工藤 和恵, 国内, 2017年03月, Spring-8ユーザ協同体顕微ナノ材料科学研究会・日本表面科学会放射光表面科学研究部会合同シンポジウム, 東京, 招待講演, 第一発表者

  • Domain Pattern Formation in Ferromagnets and Spinor Bose-Einstein Condensates

    Kazue Kudo, 国外, 2015年09月, EMN Open Access Week 2015, Chengdu (China), 招待講演, 第一発表者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 量子多体系における非平衡ダイナミクス:量子情報処理のための基礎研究

    工藤 和恵, 稲盛財団研究助成, 公益財団法人 稲盛財団, 2018年度, 1,000千円

  • 量子計算による組み合わせ最適化:量子ダイナミクスの制御と計算の効率化

    基盤研究(C), 工藤 和恵, 2018年度, 500千円

  • 量子凝縮系およびソフトマターにおける自己組織化現象に対する流れの影響の解明

    新学術領域研究(研究領域提案型), 工藤和恵, 科学研究費補助金, 2015年度, 500千円

  • 量子凝縮系およびソフトマターにおける自己組織化現象に対する流れの影響の解明

    新学術領域研究(研究領域提案型), 工藤和恵, 科学研究費補助金, 2014年度, 900千円

  • 1次元量子スピン系におけるスピンダイナミクスと輸送現象の外場による制御

    若手研究(B), 工藤和恵, 科学研究費補助金, 2011年度, 700千円

全件表示 >>