小林 一郎

Kobayashi Ichiro

職名

教授

所属

基幹研究院 自然科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 理学専攻

理学部 情報科学科

主担当学科

理学部情報科学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻情報科学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻情報科学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 言語情報処理、知能情報処理、言語化、潜在的意味解析、テキスト処理、ロボティクス

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 人工知能や言語情報処理の技術を使って対象となるシステムをより知的に,かつより親しみのあるものにすることに興味を持って研究を進めています.また,Webインテリジェンスに関する技術開発も行っています.近年では、時系列データを言葉で解釈する手法について研究を進めており,チャートで表示される株価の動向や動画像に映る人の動作を言葉で説明する手法の開発を行っています.また,文書の潜在的意味解析を行い,その情報を基に,複数文書要約,文書分類,情報検索,等の研究を進めています.また,進化計算や強化学習を使ったロボット制御の研究やパーティクルフィルタを使ったシステムの制御なども行っています.大規模データへの取り組みとして,DBpediaに代表されるRDFデータのランキング手法の開発も行っておりLinked Open Dataを処理する基盤技術の開発も行っています.

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 学部
    1年生の後期にコンピュータシステム序論の講義を行い、コンピュータシステムの構成およびその要素、各部の処理について説明をおこなった。
    3年生の前期に自然言語論を、後期に人工知能論を行った。毎回、配布資料を準備し、授業中に演習問題を出し、講義内容を深く理解させることに務めた。

    大学院
    言語メディア特論では、情報検索システムを構築するための基礎技術について、英語の教科書を使用し、輪読結果を発表形式で行い、情報検索システムの基礎から応用システムまでを幅広く取り上げる講義を行った。言語情報処理特論では、統計的機械学習を取り入れた自然言語処理について説明をする。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 機械学習を取り入れた知能情報処理および自然言語処理研究に力を注ぐつもりでいます。とくに、時系列データの言語化、マルチモーダル情報の言語化を独自技術の強みとして力を入れる予定です。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • すでに世界の垣根はなくなり、現在は、世界で活躍する時代となっています。日本国内のことだけではなく、常に世界を意識して一緒に頑張りましょう。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 武蔵工業大学, 工学部, 電気電子工学科, 大学, 卒業, 日本国

  • 東京工業大学, 総合理工学研究科, システム科学専攻, 大学院(修士課程), 修了, 日本国

  • 東京工業大学, 総合理工学研究科, システム科学専攻, 大学院(博士課程), 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学士

  • 工学修士

  • 博士(工学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,教授

  • 基幹研究院 自然科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 理学専攻

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • The components and structure of the context base, a database for computer text generation

    Equinox, 2013年03月, Yusuke Takahashi,Ichiro Kobayashi,Michiaki Iwazume, 研究書

  • Systemic Functional Perspective of Japanese: Descriptions and Applications

    The components and structure of the context base, a database for computer text generation, Equinox, 2013年, Yusuke Takahashi, Ichiro Kobayashi and Michiaki Iwazume, Elizabeth Thomson and Willam Armour, 単行本(学術書), 325-353

  • Abstract tools and technologies of learning: an evolving partnership

    Springer, 2009年04月, David Butt,Ichiro Kobayashi,Makoto Sasaki, 研究書

  • Comparative Information Technology: Languages, Societies and the Internet (Globalisation, Comparative Education and Policy Research)

    Abstract tools and technologies of learning: an evolving partnership, Springer, 2009年, David Butt,Ichiro Kobayashi,Makoto Sasaki, Joseph Zajda and Donna Gibbs, 単行本(学術書), 11-31

  • 人工知能の基礎

    サイエンス社, 2008年11月, 小林一郎, 教科書

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 意味へのアプローチ:ハリデー言語学の観点から

    認知科学, 24巻1号, 2017年03月, 小林一郎, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • A Study on Efficient Transfer Learning for Reinforcement Learning using Sparse Coding

    Journal of Automation and Control Engineering, 2015年07月, Midori SAITO, Ichiro KOBAYASHI, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Label Propagation for Text Classification Using Latent Topics

    Journal of Advanced Intelligence, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, 18巻5号(頁818 - 822), 2014年09月, Akiko ERIGUCHI, Ichiro KOBAYASHI, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • 文書上の単語対を素性とした潜在的トピック推定

    日本知能情報ファジィ学会論文誌, 25巻1号(頁501 - 510), 2013年01月, 北島理沙,小林一郎, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • 潜在トピックを考慮したグラフ表現に基づく複数文書要約

    日本ファジィ学会誌, 25巻6号(頁914 - 923), 2013年, 北島理沙,小林一郎, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • WCCI2010報告

    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), 2010年, 小林一郎, 単著, 総説・解説(学術雑誌)

  • シリーズ特集:「世界のAI,日本のAI」第11回「言葉と研究と教育と」

    人工知能学会誌, 2008年, 小林一郎, 総説・解説(学術雑誌)

  • 「言語、テキストの知能情報処理」特集にあたって

    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), 2008年, 小林一郎、伴浩美, 総説・解説(学術雑誌)

  • 第32回国際選択体系機能言語学会報告

    月刊「言語」, 2006年, 小林一郎, その他記事

  • 会議報告「InTech05」

    日本知能情報ファジィ学会誌, 2006年, 小林一郎, その他記事

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会誌

    社団法人 人工知能学会, 2006年03月, 日常言語コンピューティング(プロジェクト総括), その他, 共著

  • 研究成果報告書 言語知能システム研究チーム

    IV.研究成果 第2章2.5節「言語プロトコル」 VI.研究評価 第1章人工知能分野2005年03月, 小林一郎, 独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センター、脳を創る領域・知能アーキテクチュア研究グループ, その他

  • Research Report Laboratory for Language-Based Intelligent Systems

    IV Research Results 2. Language-Based Computing Systems 2.5 Language Protocol VI Research Evaluations 1. Artificial Intelligence2005年03月, Ichiro KOBAYASHI, Brain-Style Intelligence Research Group Creating the Brain, Brain Science Institute, RIKEN, その他

  • 人間の情報処理システムを目指した言語体系の特徴を取り入れた情報伝達システムの開発

    1999年01月, 小林 一郎, 外部資金報告書

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 自動運転の駐車指示を対象にした空間的意味記述の生成への取り組み

    稲子明里,塚原裕史,小林一郎, 国内, 2018年06月, 2018 年度人工知能学会全国大会, 鹿児島, 人工知能学会, 一般発表, 共著者

  • 音声によって運転指示可能な自動運転車両の開発

    塚原裕史,日垣博考,大前学,大田原菜々,稲子明里,小林一郎, 国内, 2018年06月, 2018 年度人工知能学会全国大会, 鹿児島, 人工知能学会, 一般発表, 共著者

  • ノンパラメトリックベイズ法に基づく時系列データの分節化

    長野匡隼,中村友昭,長井隆行,持橋大地,小林一郎,金子正秀, 国内, 2018年06月, 2018 年度人工知能学会全国大会, 鹿児島, 人工知能学会, 一般発表, 共著者

  • 画像入力から推定するユーザの嗜好に基づく対話への取り組み

    飯島采永,青木花純,山上勝義,小林一郎, 国内, 2018年06月, 2018 年度人工知能学会全国大会, 鹿児島, 人工知能学会, 一般発表, 共著者

  • 深層強化学習と言葉による離散化を用いたロボット制御への取組み

    橋本さゆり,金子晃,小林一郎, 国内, 2018年06月, 2018 年度人工知能学会全国大会, 鹿児島, 人工知能学会, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 学生奨励賞

    情報処理学会, 藤山千紘, 大脳皮質における予測符号化を模倣した動画像予測に関する取り組み, 2017年03月, 国内

  • 学生奨励賞

    情報処理学会, 松尾映里, 深層学習を用いた画像刺激による脳活動データの説明文生成, 2017年03月, 国内

  • 学生奨励賞

    情報処理学会, 稲子明里, CCGを用いたSpatial Description Clauseの拡張への取り組み, 2017年03月, 国内

  • 学生奨励賞

    情報処理学会, 大山まりほ, 共有する洗剤空間への異なる時系列データの次元圧縮に関する一考察, 2017年03月, 国内

  • 学生奨励賞

    情報処理学会, 恒川英里, 強化学習を用いた物体の片付けに関する概念獲得への取り組み, 2016年03月, 国内

全件表示 >>

工業所有権の取得(産学(官)連携の成果の場合も含む) 【 表示 / 非表示

  • 日常言語コンピューティングシステムおよびその方法

    菅野道夫、小林一郎、伊藤紀子、岩爪道昭, 理化学研究所、菅野道夫、小林一郎、伊藤紀子、岩爪道昭

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 潜在意味空間において感覚情報を言語化し言語的思考を行うロボットの実現

    基盤研究(B), 小林一郎, 科学研究費補助金, 2016年度, 4,000千円

  • 多様相情報の相互転移を用いた記号接地問題の解決および実世界経験学習実現への挑戦

    挑戦的萌芽研究, 2016年度, 1,300千円

  • 潜在意味空間において感覚情報を言語化し言語的思考を行うロボットの実現

    基盤研究(B), 小林一郎, 科学研究費補助金, 2015年度, 3,900千円

  • 居住空間において生活者の日常生活を見守り支援するロボットの基盤技術開発

    立石科学技術振興財団研究助成, 2015年度, 2,500千円

  • 多様相情報の相互転移を用いた記号接地問題の解決および実世界経験学習実現への挑戦

    挑戦的萌芽研究, 2015年度, 1,400千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会, 委員,2011年04月 - 2012年03月, 国内

  • 人工知能学会知識ベースシステム研究会, 委員,2010年04月 - 2012年03月, 国内

  • 情報処理学会, 委員,2010年04月 - 2012年03月, 国内

  • 人工知能学会, 委員,2009年04月 - 2010年03月, 国内

  • 電子情報通信学会, 委員,2007年01月 - 2009年03月, 国内

全件表示 >>