小林 一郎

Kobayashi Ichiro

職名

教授

所属

基幹研究院 自然科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 理学専攻

理学部 情報科学科

主担当学科

理学部情報科学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻情報科学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科理学専攻情報科学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 言語情報処理、知能情報処理、言語化、潜在的意味解析、テキスト処理、ロボティクス

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 人工知能や言語情報処理の技術を使って対象となるシステムをより知的に,かつより親しみのあるものにすることに興味を持って研究を進めています.また,Webインテリジェンスに関する技術開発も行っています.近年では、時系列データを言葉で解釈する手法について研究を進めており,チャートで表示される株価の動向や動画像に映る人の動作を言葉で説明する手法の開発を行っています.また,文書の潜在的意味解析を行い,その情報を基に,複数文書要約,文書分類,情報検索,等の研究を進めています.また,進化計算や強化学習を使ったロボット制御の研究やパーティクルフィルタを使ったシステムの制御なども行っています.大規模データへの取り組みとして,DBpediaに代表されるRDFデータのランキング手法の開発も行っておりLinked Open Dataを処理する基盤技術の開発も行っています.

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 学部
    2年生の前期にデータ解析に関する講義を行い、機械学習の基礎について説明を行なう。Pythonプログラム言語を使って、実際にデータ解析を行う演習も行なう。
    3年生の前期に自然言語論を、後期に人工知能論を行った。毎回、配布資料を準備し、授業中に演習問題を出し、講義内容を深く理解させることに務めた。

    大学院
    言語メディア特論では、情報検索システムを構築するための基礎技術について、英語の教科書を使用し、輪読結果を発表形式で行い、情報検索システムの基礎から応用システムまでを幅広く取り上げる講義を行った。言語情報処理特論では、統計的機械学習を取り入れた自然言語処理について説明をする。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 機械学習を取り入れた知能情報処理および自然言語処理研究に力を注ぐつもりでいます。とくに、時系列データの言語化、マルチモーダル情報の言語化、脳内情報解読を独自技術の強みとして力を入れる予定です。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • すでに世界の垣根はなくなり、現在は、世界で活躍する時代となっています。日本国内のことだけではなく、常に世界を意識して一緒に頑張りましょう。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 武蔵工業大学, 工学部, 電気電子工学科, 大学, 卒業, 日本国

  • 東京工業大学, 総合理工学研究科, システム科学専攻, 大学院(修士課程), 修了, 日本国

  • 東京工業大学, 総合理工学研究科, システム科学専攻, 大学院(博士課程), 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学士

  • 工学修士

  • 博士(工学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,教授

  • 基幹研究院 自然科学系,教授

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 理学専攻

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 理学専攻

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 産業技術総合研究所 人工知能研究センター,招聘研究員,2017年08月 - 継続中

  • 理化学研究所 脳科学総合研究センター,リサーチフェロー,2001年04月 - 2005年03月

  • スタンフォード大学 言語・情報研究センター,リサーチフェロー,2007年09月 - 2008年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • The components and structure of the context base, a database for computer text generation

    Equinox, 2013年03月, Yusuke Takahashi,Ichiro Kobayashi,Michiaki Iwazume, 研究書

  • Systemic Functional Perspective of Japanese: Descriptions and Applications

    The components and structure of the context base, a database for computer text generation, Equinox, 2013年, Yusuke Takahashi, Ichiro Kobayashi and Michiaki Iwazume, Elizabeth Thomson and Willam Armour, 単行本(学術書), 325-353

  • Abstract tools and technologies of learning: an evolving partnership

    Springer, 2009年04月, David Butt,Ichiro Kobayashi,Makoto Sasaki, 研究書

  • Comparative Information Technology: Languages, Societies and the Internet (Globalisation, Comparative Education and Policy Research)

    Abstract tools and technologies of learning: an evolving partnership, Springer, 2009年, David Butt,Ichiro Kobayashi,Makoto Sasaki, Joseph Zajda and Donna Gibbs, 単行本(学術書), 11-31

  • 人工知能の基礎

    サイエンス社, 2008年11月, 小林一郎, 教科書

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 敵対的生成ネットワークを用いた集団型異常

    日本データベース学会和文論文誌, 18-J巻2号, 2020年03月, 丸 千尋, 小林一郎, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • ヒューマノイドロボットを用いた 言語理解による動作生成

    日本知能情報ファジィ学会誌, 32巻1号(頁632 - 642), 2020年02月, 濱園侑美,小林一郎,麻生英樹,中村友昭,長井隆之,持橋大地, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • HVGH: Unsupervised Segmentation for High-dimensional Time Series Using Deep Neural Compression and Statistical Generative Model

    Frontiers in Neurorobotics and AI, 2019年11月, Masatoshi Nagano, Tomoaki Nakamura, Takayuki Nagai, Daichi Mochihashi, Ichiro Kobayashi, and Wataru Takahashi, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Survey on frontiers of language and robotics

    Advanced Robotics, 33巻, 2019年06月, T. Tangiuchi,D. Mochihashi,T. Nagai,S. Uchida, N. Inoue,I. Kobayashi,T. Nakamura,Y. Hagiwara,N. Iwahashi and T. Inamura, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Parsing Parking Instructions for Self-driving Cars into Spatial Semantic Descriptions

    Journal of Computers, 14巻5号(頁328 - 338), 2019年05月, Akari Inago, Hiroshi Tsukahara, and Ichiro Kobayashi, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 合同研究会2018 開催報告

    人工知能学会誌, 34巻(頁245 - 252), 2019年03月, 上田晴康, 加藤恒昭, 斎藤博昭, 櫻井祐子, 小林一郎, 原著, 共著者, 査読あり, 研究論文

  • 書評「ベイズ推論による機械学習入門」

    数理科学「特集:機械学習の数理」, 8巻662号(頁59), 2018年08月, 小林一郎, 原著, 単著, 査読なし, 書評,文献紹介等

  • 合同研究会2017開催報告

    人工知能学会誌, 33巻2号(頁223 - 230), 2018年03月, 小林一郎、加藤恒昭、上田晴康, 原著, 共著者, 査読なし, 会議報告等

  • WCCI2010報告

    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), 2010年, 小林一郎, 単著, 総説・解説(学術雑誌)

  • シリーズ特集:「世界のAI,日本のAI」第11回「言葉と研究と教育と」

    人工知能学会誌, 2008年, 小林一郎, 総説・解説(学術雑誌)

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 学会誌「情報処理」

    情報処理学会, 59巻8号, 2018年08月, 先生、質問です!, その他, 単著

  • 人工知能学会誌

    10 年を振り返って:「言葉と研究と教育と」, 人工知能学会, 33巻2号(頁113), 2018年03月, 小林一郎, その他, 単著

  • 人工知能学会誌

    社団法人 人工知能学会, 2006年03月, 日常言語コンピューティング(プロジェクト総括), その他, 共著

  • Research Report Laboratory for Language-Based Intelligent Systems

    IV Research Results 2. Language-Based Computing Systems 2.5 Language Protocol VI Research Evaluations 1. Artificial Intelligence2005年03月, Ichiro KOBAYASHI, Brain-Style Intelligence Research Group Creating the Brain, Brain Science Institute, RIKEN, その他

  • 研究成果報告書 言語知能システム研究チーム

    IV.研究成果 第2章2.5節「言語プロトコル」 VI.研究評価 第1章人工知能分野2005年03月, 小林一郎, 独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センター、脳を創る領域・知能アーキテクチュア研究グループ, その他

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 事前学習モデルを用いた要約モデルへの潜在トピック導入による効果の検証

    尾崎花奈、小林一郎, 国内, 2020年06月, 2020年度人工知能学会全国大会(第34回), 熊本, 人工知能学会, 一般発表, 共著者

  • 深層学習における注意機構に対する一考察

    廣田梨那、小林一郎, 国内, 2020年06月, 2020年度人工知能学会全国大会(第34回), 熊本, 人工知能学会, 一般発表, 共著者

  • 自動運転車を対象とする様々な駐車指示の空間意味表現に基づくグラウンディング

    大田原菜々、塚原裕史、欅 惇志、小林一郎, 国内, 2020年06月, 2020年度人工知能学会全国大会(第34回), 熊本, 人工知能学会, 一般発表, 共著者

  • ヒト脳内での予測を対象とする深層生成学習モデル構築への取り組み

    黒田彗莉、小林一郎, 国内, 2020年06月, 2020年度人工知能学会全国大会(第34回), 熊本, 人工知能学会, 一般発表, 共著者

  • 文法変分自己符号化器を用いた自然言語文の連続的な統語構造変換

    折口希実、小林一郎, 国内, 2020年06月, 2020年度人工知能学会全国大会(第34回), 熊本, 人工知能学会, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 学生奨励賞

    情報処理学会, 黒田彗莉, 予測を対象とする深層生成モデルを用いた実世界理解への取り組み, 2020年03月, 国内

  • 平成29年度科研費優秀審査委員

    日本学術振興会, 小林一郎, 平成29年度科研費審査, 2019年10月, 国内

  • 学生プレゼンテーション賞

    日本データベース学会, 丸千尋, 敵対的生成ネットワークを用いた時系列データの異常検知への取り組み, 2019年03月, 国内

  • ポスター・デモセッション優秀発表賞

    日本知能情報ファジィ学会, 尾崎花奈, 分散表現を用いたトピック抽出における確率的変分推論法適用への一考察, 2018年08月, 国内

  • ポスターセッション最優秀発表賞

    日本知能情報ファジィ学会, 松尾映里, 深層学習を用いた画像刺激下の脳活動情報からの文生成, 2017年08月, 国内

全件表示 >>

工業所有権の取得(産学(官)連携の成果の場合も含む) 【 表示 / 非表示

  • 日常言語コンピューティングシステムおよびその方法

    菅野道夫、小林一郎、伊藤紀子、岩爪道昭, 理化学研究所、菅野道夫、小林一郎、伊藤紀子、岩爪道昭

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 実践知能アプリケーション構築フレームワークPRINTEPSの開発と社会実践

    山口 高平, 小林 一郎, 共同研究, 科学技術振興機構, 2019年度, 5,000千円

  • 言語による時間生成

    新学術領域研究(研究領域提案型), 2019年度, 9,300千円

  • 実践知能アプリケーション構築フレームワークPRINTEPSの開発と社会実践

    山口 高平, 小林 一郎, 共同研究, 科学技術振興機構, 2018年度, 5,000千円

  • 実践知能アプリケーション構築フレームワークPRINTEPSの開発と社会実践

    山口 高平, 小林 一郎, 共同研究, 科学技術振興機構, 2017年度, 5,000千円

  • 潜在意味空間において感覚情報を言語化し言語的思考を行うロボットの実現

    基盤研究(B), 小林一郎, 科学研究費補助金, 2016年度, 4,000千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会, 委員,2011年04月 - 2012年03月, 国内

  • 人工知能学会知識ベースシステム研究会, 委員,2010年04月 - 2012年03月, 国内

  • 情報処理学会, 委員,2010年04月 - 2012年03月, 国内

  • 人工知能学会, 委員,2009年04月 - 2010年03月, 国内

  • 電子情報通信学会, 委員,2007年01月 - 2009年03月, 国内

全件表示 >>