毛内 拡

MONAI Hiromu

職名

助教

生年月

1984年06月

所属

基幹研究院 自然科学系

ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 ヒューマンライフイノベーション研究所

主担当学科

理学部生物学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻生命科学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻生命科学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 脳、ニューロン、グリア細胞

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 脳が生きているというのはどういうことなのでしょうか。細胞をゴマンと寄せ集めても機能は生まれません。いくらニューロンのような挙動を示す方程式を連立しても脳にはなりません。
    私は、「非シナプス的相互作用」を手がかりに、マウス生体脳からの (in vivo)イメージングや電気生理の技術を駆使して、「生体組織が機能する」際の基礎原理を探求しています。
    従来のシナプス伝達によるニューロン回路のみならず、

    ・アストロサイトのカルシウムイオン(Ca2+)上昇
    ・グリア細胞からの液性因子の放出 (グリア伝達)
    ・神経修飾物質の拡散伝達
    ・細胞外カリウムイオン(K+)濃度
    ・細胞外空間の体積変動
    ・細胞外電場
    ・脳脊髄液(CSF)循環
    ・生理活性脂質

    などなどに興味を持って研究を行なっています。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 参考・推薦図書
    工藤佳久・都筑幹夫 著 「生命科学がわかる」技術評論社
    工藤佳久 著 「神経生物学入門」朝倉書店
    工藤佳久 著 「脳とグリア細胞」技術評論社
    宮川博義・井上雅司 著「ニューロンの生物物理 第2版」丸善出版

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 生きたマウスを用いた研究を予定しています。

    理化学研究所(埼玉県和光市)で最新の機器を使って研究を行うことも可能です。
    また、理研オリンパス連携センターとの共同研究も予定しています。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 生物学の勉強が将来何の役に立つのか?
    何か直接的な資格の取得には結びつかないかもしれません。
    私は、生物や生命科学を研究することは自分を知ること、見つめ直すことだと思っています。
    生きているとはどういうことだろう、死んでしまうとはどういうことだろう。
    生命科学の勉強や研究が、皆さんの人生観が一変するような体験になって欲しいと願って止みません。
    今すぐ応用に結びつかないかも知れませんが、50年後100年後の人類の役に立つかもしれない、そんな期待を抱いて基礎研究は行われています。
    ぜひ広い視野で、長い目で、腰を据えて生物・生命科学の勉強・研究を楽しんで欲しいと思います。
    そして皆さんが卒業する頃には、家族や友人に基礎研究の素晴らしさを嬉々として語ってもらえたらこれ以上の喜びはありません。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京薬科大学, 生命科学部, 分子生命科学科, 大学, 卒業, 日本国

  • 東京工業大学, 総合理工学研究科, 知能システム科学専攻, 大学院(修士課程), 修了, 日本国

  • 東京工業大学, 総合理工学研究科, 知能システム科学専攻, 大学院(博士課程), 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(生命科学)

  • 修士(理学)

  • 博士(理学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 基幹研究院 自然科学系,助教

  • ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 ヒューマンライフイノベーション研究所,助教

  • 理学部 生物学科,助教

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京薬科大学 生命科学研究科,アソシエイトフェロー,2010年04月 - 2013年03月

  • 日本学術振興会,特別研究員 DC1,2010年04月 - 2013年03月

  • 東北大学 加齢医学研究所,アソシエイトフェロー,2010年10月 - 2011年03月

  • 理化学研究所 脳科学総合研究センター,アソシエイトフェロー,2012年04月 - 2013年03月

  • 理化学研究所 脳科学総合研究センター,リサーチフェロー,2013年04月 - 2018年02月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 日本認知症学会誌 Dementia Japan

    グリア活性化による脳可塑性の向上―経頭蓋直流電気刺激(tDCS)の作用機序として, 2018年04月, 平瀬 肇・三嶋 恒子・毛内 拡, 研究書, 17-23

  • 電子情報通信学会技術研究報告

    球面収差補正システムを用いた生体脳の屈折率推定, 2017年03月, 毛内 拡・上 喜裕・樋口 香織・西脇 大介・田島 鉄也・岡咲 賢哉・濱 裕・平瀬 肇,・宮脇 敦史, 研究書

  • 電子情報通信学会技術研究報告

    生体脳イメージングのための球面収差補正システムの開発, 2017年03月, 上 喜裕・毛内 拡・樋口 香織・西脇 大介・田島 鉄也・岡咲 賢哉・濱 裕・平瀬 肇,・宮脇 敦史, 研究書

  • こころの科学増刊 「ここまでわかった!脳とこころ」

    第7章 脳に電気を流すと頭がよくなる?――グリア細胞の意外な働き, 日本評論社, 2016年07月, 毛内拡, 平瀬肇, 加藤 忠史 , 単行本(一般書), 75-79

  • 電子情報通信学会技術研究報告

    受動的なケーブルによる低周波誘電分散特性, 2011年11月, 毛内 拡・宮川 博義・青西 亨, 研究書

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A spherical aberration-free microscopy system for live brain imaging

    Biochemical and Biophysical Research Communications, 2018年04月, UE Yoshihiro, MONAI Hiromu, HIGUCHI Kaori, NISHIWAKI Daisuke, TAJIMA Tetsuya, OKAZAKI Kenya, HAMA Hiroshi, HIRASE Hajime, MIYAWAKI Atsushi, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Astrocytes as a target of transcranial direct current stimulation (tDCS) to treat depression

    Neuroscience Research126号(頁15 - 21), 2018年01月, MONAI Hiromu, HIRASE Hajime, 総説, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Serotonin rebalances cortical tuning and behavior linked to autism symptoms in 15q11-13 CNV mice

    Science Advances, 3巻6号(頁e1603001 - ), 2017年06月, NAKAI Nobuhiro, NAGANO Masatoshi, SAITOW Fumihito, WATANABE Yasuhito, KAWAMAURA Yoshinobu, KAWAMOTO Akiko, TAMADA Kota, MIZUMA Hiroshi, ONOE Hirotaka, WATANABE Yasuyoshi, MONAI Hiromu, HIRASE Hajime, NAKATANI Jin, INAGAKI Hirofumi, KAWADA Tomoyuki, MIYAZAKI Taisuke, WATANABE Masahiko, SATO Yuka, OKABE Shigeo, KITAMURA Kazuo, KANO Masanobu, HASHIMOTO Kouichi, Suzuki Hidenori, TAKUMI Toru, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Astrocytic calcium activation in a mouse model of tDCS - extended discussion

    Neurogenesis, 3巻1号(頁e1240055 - ), 2016年09月, MONAI Hiromu, HIRASE Hajime, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Calcium imaging reveals glial involvement in transcranial direct current stimulation-induced plasticity in mouse brain

    Nature Communications, 7巻11100号, 2016年03月, MONAI Hiromu, OHKURA Masamichi, TANAKA Mika, OE Yuki, KONNO Ayumu, HIRAI Hirokazu, MIKOSHIBA Katsuhiko, ITOHARA Shigeyoshi, NAKAI Junichi, IWAI Youichi, HIRASE Hajime, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • -A case of RIKEN-OLYMPUS collaboration activity- A spherical aberration free microscopy system for live brain imaging

    ナノメディシン国際シンポジウム2017要旨集(頁79), 2017年10月, Y. Ue, H. Monai, K. Higuchi, D. Nishiwaki, T. Tajima, K. Okazaki, H. Hama, H. Hirase, A. Miyawaki, 原著, 共著者, 査読なし, 研究発表要旨(国際会議)

  • tDCS metaplasticity and astrocytic calcium in mice

    Brain Stimulation, 10巻4号(頁e22), 2017年08月, H. Hirase, H. Monai, 原著, 共著者, 査読なし, 研究発表要旨(国際会議)

  • Transcranial Direct Current Stimulation Alters Microglial Morphology in Mice

    Brain Stimulation, 10巻4号(頁e24), 2017年08月, T. Mishima, Yuki Oe, H. Monai, Hajime Hirase, 原著, 共著者, 査読なし, 研究発表要旨(国際会議)

  • P306 Calcium imaging reveals glial involvement in transcranial direct current stimulation-induced plasticity in mouse brain

    Clinical Neurophysiology, 128巻3号(頁e159 - e160), 2017年03月, H. Monai, M. Ohkura, M. Tanaka, Y. Oe, A. Konno, H. Hirai, K. Mikoshiba, S. Itohara, J. Nakai, Y. Iwai, and H. Hirase, 原著, 第一著者相当, 査読なし, 研究発表要旨(国際会議)

  • 生体脳イメージングのための球面収差補正システムの開発と応用

    光計測シンポジウム2016論文集(頁18 - 20), 2016年10月, 上喜裕, 毛内拡, 樋口香織, 西脇大介, 田島鉄也, 岡咲賢哉, 濱裕, 平瀬肇, 宮脇敦史, 原著, 共著者, 査読なし, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • -A case of RIKEN-OLYMPUS collaboration activity- A spherical aberration free microscopy system for live brain imaging

    Y. Ue, H. Monai, K. Higuchi, D. Nishiwaki, T. Tajima, K. Okazaki, H. Hama, H. Hirase, A. Miyawaki, 国外, 2017年12月, 11th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2017) Special Session "Industry-University Cooperation Study of Nanomedicine", Seiryo Auditorium of Seiryo Campus in Tohoku University, 招待講演, 共著者

  • A spherical aberration free microscopy system for live brain imaging

    Y. Ue, H. Monai, K. Higuchi, D. Nishiwaki, T. Tajima, K. Okazaki, H. Hama, H. Hirase, A. Miyawaki, 国外, 2017年11月, Society for Neuroscience, Washington DC, Society for Neuroscience, 一般発表, 第一発表者

  • Serotonin rebalances cortical tuning and behavior linked to autism symptoms in 15q11-13 duplication mice

    N. Nakai, M. Nagano, F. Saitow, Y. Watanabe, Y. Kawamura, A. K. Tamada, H. Monai, H. Hirase, H. Mizuma, H. Onoe, T. Miyazaki, Y. Watanabe, Okabe, M. Kano, K. Hashimoto, H. Suzuki and T. Takumi, 国外, 2017年11月, Society for Neuroscience, Washington DC, Society for Neuroscience, 一般発表, 共著者

  • BAC-GLT-1-G-CaMP7 #817 系統 (G7NG817)遺伝子改変マウスによる経頭蓋マクロイメージングとその応用

    毛内 拡, 岩井 陽一, 平瀬 肇, 国内, 2017年09月, 第26回日本バイオイメージング学会 学術集会, 八王子, 日本バイオイメージング学会, 一般発表, 第一発表者

  • In vivo イメージングの改善のための最適な観察条件の探索

    北村瞭次, 毛内 拡, 山口和志, 川上良介, 上 喜裕, 岡咲賢哉, 濱 裕, 平瀬 肇, 根本知己, 宮脇敦史, 国内, 2017年09月, 第26回日本バイオイメージング学会 学術集会, 八王子, 日本バイオイメージング学会, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 理事長 感謝状

    理化学研究所 , 毛内 拡, 2018年04月, 国内

  • ベストイメージング賞

    日本バイオイメージング学会, 毛内 拡, BAC-GLT-1-G-CaMP7 #817 系統 (G7NG817)遺伝子改変マウスによる経頭蓋マクロイメージングとその応用, 2017年09月, 国内

  • Mouse of the month

    理研バイオリソースセンター(BRC), BAC-GLT-1-G-CaMP7 #817 系統 (G7NG817)遺伝子改変マウス, 2017年08月, 国外

  • RIKEN Researcher/Technician Incentive Award 2016

    RIKEN, Hiromu Monai, Gliogenic mechanism of transcranial DC stimulation (tDCS), 2017年03月, 国外

  • 新学術領域「グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態」 Young Glia トラベルアワード

    毛内 拡, 2016年12月, 国内

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 脳のクリアランス促進による恒常性維持機構の解明

    若手研究, 科学研究費助成事業, 日本学術振興会, 2018年度, 2,200千円

  • 細胞外電場を介した非シナプス的相互作用による神経回路網の情報処理機構の解明

    特別研究員奨励費, 2010年度, 2,100千円

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本情報通信学会, 委員,2017年05月 - 現在, 国内