赤松 利恵

AKAMATU Rie

職名

教授

所属

基幹研究院 自然科学系

人間文化創成科学研究科 博士後期課程 ライフサイエンス専攻

人間文化創成科学研究科 博士前期課程 ライフサイエンス専攻

生活科学部 食物栄養学科

主担当学科

生活科学部食物栄養学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻食品栄養科学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻食品栄養科学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 栄養教育、健康教育・ヘルスプロモーション、公衆衛生学、健康心理学

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 栄養教育による知識やスキルの習得は、健康および健康的な生活習慣に必要である。特にどのように習慣化させるかが重要である。本研究室では、"より良い食習慣の獲得のために,個人の認知的要因(知識,態度等)および社会環境がどのように関わっているのかについて研究している。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 学部授業:栄養教育論Ⅰ,Ⅱ,栄養カウンセリング論,栄養カウンセリング論実習,栄養教育実習

    大学院授業:食品栄養科学研究法,栄養教育学特論,栄養教育学演習,食行動学,食行動学特論

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 行動科学を用い,より科学的な栄養教育の方法論の提案を目指し研究を進めている。特に,食行動に関する基礎的な研究を中心に,子どもから大人,また社会環境を対象に研究を進めている。多面的な立場で食行動を捉えて研究したいと考えている。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 栄養教育学は,基礎的研究を社会の人々に伝え,実践のサポートをする,いわゆる橋渡し的な学問分野です。食行動を変えるためには,行動を理解するところから始まります。そのためには,健康心理学からの視点が必要になります。また,環境の側面から,食行動を変えようと考えた場合は,公衆衛生学や社会学といった視点,さらに,情報伝達の媒体として欠かせない教材開発では,教育学の視点も必要です。このように,栄養教育学では,幅広い学問分野にまたがって研究をすすめています。しかし,共通することは,人に焦点をあて,食行動の側面から研究をすすめることです。このような栄養教育学に興味を持たれた方と一緒に,お茶大から新しい栄養教育を発信していきたいと思っています。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学, 医学研究科, 社会健康医学系専攻, 大学院(博士課程), 2004年11月, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(社会健康医学), 2004年11月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 自然・応用科学系,教授,2015年01月 - 2015年03月

  • 基幹研究院 自然科学系,教授,2015年04月 - 継続中

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士後期課程】 ライフサイエンス専攻,准教授,2008年04月 - 2015年03月

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 ライフサイエンス専攻,准教授,2015年04月 - 継続中

  • 人間文化創成科学研究科 教育院【博士前期課程】 ライフサイエンス専攻,准教授,2008年04月 - 2015年03月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 日本子ども資料年鑑2021

    Ⅴ. 栄養・食生活, KTC出版, 2021年02月, 赤松利恵, 愛育研究所編, 辞典・事典, p.161-184

  • Visual 栄養学テキスト 栄養教育論

    2章栄養教育マネジメント(単), 3章行動科学の理論とモデル(共),4章栄養カウンセリング(共),5章組織づくり・地域づくりへの展開(共), 中山書店, 2020年03月, 赤松利恵, 永井成美・赤松利恵 編, 教科書, pp.13-53, pp.78-102

  • Q&Aシリーズ 生活習慣病成人期

    Q18 生活習慣の改善ができません。どのように取り組んだらよいですか, 国立大学法人お茶の水女子大学, 2020年03月, 赤松利恵, お茶の水女子大学ヒューマンライフイノベーション開発研究機構 編, 単行本(一般書), pp.40-41

  • 健康心理学事典

    第5章健康教育・ヘルスプロモーション, 丸善出版, 2019年10月, 赤松利恵, 上地広昭,赤松利恵(第5章) 日本健康心理学会(編), 研究書, 179-228(編集ページ),179,182-183,198-199(執筆ページ)

  • シリーズ心理学と仕事12 健康心理学

    第3章 ライフスタイル改善に果たす健康心理学の貢献,2節 食生活改善に寄与する心理学, 北大路書房, 2017年09月, 赤松利恵, 太田信夫(監修)竹中晃二(編集), 研究書, 59-65

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 外食・中食における「健康な食事・食環境」認証事業者のスマートミールの提供状況と認証継続の課題 -第1回更新事業者を対象とした調査結果-

    栄養学雑誌, 79巻1号(頁37 - 45), 2020年, 赤松利恵,串田修,高橋希,黒谷佳代,武見ゆかり, 資料, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • 外食事業者の食べ残し記録の取組状況および提供量と食べ残しに対する態度

    栄養学雑誌, 79巻1号(頁46 - 52), 2020年, 頓所希望,赤松利恵,齋木美果,小松美穂乃, 井邉有未,渡邉紗矢, 資料, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Development and Validation of the Expanded Mindful Eating Scale

    International Journal of Health Care Quality Assurance, 14巻(頁doi: 10.1108/IJHCQA-01-2020-0009 - ), 2020年, Kawasaki Y, Akamatsu R, Omori M, Sugawara M, Yamazaki Y, Matsumoto S, Fujiwara Y, Iwakabe S, Kobayashi T, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • 家庭で子どもに調理を教える保護者の特徴

    日本健康教育学会誌, 28巻1号(頁25 - 33), 2020年, 渡邉紗矢, 吉井瑛美,赤松利恵, 資料, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • An ethnographic study exploring factors that minimize lunch waste in Tokyo elementary schools

    Public Health Nutrition, 23巻6号(頁1142 - 1151), 2020年, Izumi BT, Akamatsu R,Shanks CB,Fujisaki K, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 栄養指導における心理行動科学的アプローチ

    糖尿病, 4巻4号(頁68 - 74), 2012年, 赤松利恵, 原著, 単著, 査読なし, 総説・解説(商業誌)

  • 生活者視点の「日本人の食事摂取基準2010年版」の活用

    病院, 2010年, 赤松利恵

  • 患者さんにもっと自信をつけてもらうには 自己効力感の観点から

    糖尿病ケア, 2008年, 赤松利恵, その他記事

  • 患者さんにもっと自信をつけてもらうには 自己効力感の観点から

    糖尿病ケア, 2008年, 赤松 利恵, その他記事

  • 動機づけ面接とは?

    肥満と糖尿病, 2008年, 赤松 利恵, その他記事

全件表示 >>

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 「健康な食事」の基準の再評価と基準に沿った食事の調理・選択に応じた活用支援ガイドの開発

    厚生労働科学研究費, 厚生労働省, 2020年度, 500千円

  • 新型コロナウイルス感染症の影響による国民の食行動等の変化とその要因研究

    厚生労働科学研究費, 厚生労働省, 2020年度, 3,039千円

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本健康教育学会, 常任理事(常務理事),2014年07月 - 現在, 国内

  • 栄養改善学会, 評議員,2012年11月 - 現在, 国内

  • 日本健康教育学会栄養教育研究会, 委員長,2011年06月 - 2017年06月, 国内