井上 登喜子

INOUE Tokiko

職名

准教授

所属

基幹研究院 人文科学系

主担当学科

文教育学部芸術・表現行動学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻音楽表現学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻表象芸術論領域

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 音楽学, 音楽文化史, 音楽受容, 実証音楽学, 音楽とジェンダー・ダイバーシティ, 演奏会文化/劇場文化, 合唱活動の社会史, 青少年コンサート

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 音楽受容研究、とくに、演奏会文化や聴取文化、都市の音楽活動などを対象とし、社会における人々の音楽の営みや、<聴き手>の集合的な反応について、歴史的、実証的に研究している。
    具体的には、19世紀ドイツを中心とする合唱活動の社会史研究、欧米と日本(アジア)の演奏会におけるレパートリー形成とその要因に関する実証研究、聴取文化をめぐる歴史的研究に取り組んでいる。
    また音楽活動とジェンダーの問題にも関心をもつ。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 【学部教育】
    担当科目は以下のとおり。
    「ソルフェージュ」
    「西洋音楽史Ⅰ・Ⅱ」
    「音楽学概論」
    「音楽学研究演習」
    「卒業論文演習」

    【大学院教育】
    音楽学の修士論文・博士論文指導
    外国語文献の講読ゼミ
    音楽学の特別演習

    【論文指導実績(2020年度)】
    卒業論文(主査4名)
    修士論文 6名(主査3名、副査3名)
    博士論文(主任指導)6名、(副査・審査員)6名.

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 音楽学は、音楽そのものや、音楽とそれを取り巻く諸事象との関係について、正面から向き合い、その実態を明らかにしようとする学問です。音楽の研究には、学問的知識の修得はもちろんのこと、しっかりとした音楽基礎力や、演奏実践を通して得られる音楽的身体と感覚も欠かせません。総合大学の中で音楽を専門的に学べる環境のなかで、演奏も勉強もとことん追究したいという意欲的な受験生を期待しています。

学歴 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学, 文教育学部, 舞踊教育学科音楽教育学専攻(ピアノ演奏学), 大学, 卒業, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人文科学研究科, 音楽学専攻, 大学院(修士課程), 修了, 日本国

  • お茶の水女子大学大学院, 人間文化研究科, 比較文化学専攻(音楽学), 大学院(博士課程), 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士

  • 修士(人文科学)

  • 博士(人文科学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 基幹研究院 人文科学系,助教,2015年04月 - 2018年03月

  • 基幹研究院 人文科学系,准教授,2018年04月 - 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 放送大学,非常勤講師,2003年04月 - 2004年03月

  • 三室戸学園東邦音楽大学 音楽学部音楽学科,講師,2005年04月 - 2011年03月

  • 三室戸学園東邦音楽大学大学院 音楽表現研究科,授業講師,2005年04月 - 2014年03月

  • 三室戸学園東邦音楽大学 音楽学部音楽学科,准教授,2011年04月 - 2014年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 「聴くこと」の革命:ベートーヴェン時代の耳は「交響曲」をどう聴いたか

    Music as Thought:Listening to the Symphony in the Age of Beethoven, アルテス・パブリッシング, Princeton University Press, 2015年10月, 2006年, マーク・エヴァン・ボンズ著、近藤譲・井上登喜子訳, Bonds, Mark Evan , 研究書

論文 【 表示 / 非表示

  • 大正・昭和初期のカルメン受容-「オペラ抜粋曲」のレパートリー形成とその背景-

    早稲田オペラ/音楽劇研究3号(頁17 - 32), 2022年03月, 井上登喜子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 明治末期から昭和初期の学生オーケストラの演奏会:「寄せ集め」から「均質化」への変遷をめぐって(近刊)

    お茶の水音楽論集第23号, 2022年03月, 井上登喜子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • エロイーズ・カニングハムと「青少年シンフォニー・コンサート」

    人文科学研究, 第16巻, 2020年03月, 井上登喜子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Western classical music in a non-Western culture: The repertoires of Japanese professional orchestras in the twentieth century

    Poetics, 67巻(頁13 - 25), 2018年04月, INOUE Tokiko, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • マリー・フォン・リンデマンの回想録からみるシューマンと合唱協会の活動

    お茶の水音楽論集18号, 2017年05月, 井上登喜子, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 〔書評〕ウィリアム・ウェーバー著、松田健訳『音楽テイストの大転換―ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム』

    『音楽学』, 64巻1号(頁64 - 65), 2018年10月, 井上 登喜子, 原著, 単著, 査読あり, 書評,文献紹介等

  • 大学教育における「音楽学」の可能性:領域横断的視野を育む教育

    お茶の水音楽論集(徳丸吉彦先生喜寿記念特別号)(頁13 - 14), 2013年12月, 井上登喜子, 原著, 単著, 査読なし, その他記事

  • 日本人はなぜウィンナ・ワルツが好きなのか

    MOSTLY CLASSIC 1月号(頁54 - 55), 2012年01月, 井上登喜子, 原著, 単著, 査読なし, その他記事

  • 19世紀ドイツの合唱協会:都市、社会階層と不可分の音楽活動(後半)リレー連載『新・19世紀の社会文化考③』

    NHK交響楽団『フィルハーモニー』 6月号(頁34 - 38), 2007年06月, 井上登喜子, 原著, 単著, 査読なし, 総説・解説(商業誌)

  • 19世紀ドイツの合唱協会:都市、社会階層と不可分の音楽活動(前半)リレー連載『新・19世紀の社会文化考③』

    NHK交響楽団『フィルハーモニー』 5月号(頁45 - 47), 2007年05月, 井上登喜子, 原著, 単著, 査読なし, 総説・解説(商業誌)

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 小学校音楽鑑賞用教材集〔解説書〕(NHK DVD教材)

    「世界の民族音楽」, NHKソフトウェア, 2005年01月, 井上 登喜子(分担執筆), 教材, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Does Conductor Diversity Increase the Diversity of Repertoire in Orchestral Concerts?

    Tokiko Inoue, 国外, 2022年08月, 21st Quinquennial International Musicological Society Congress (IMS2022), Athens, Greece(採択・発表予定), International Musicological Society, 一般発表, 第一発表者

  • Reception, Transformation, and Localization of Opera Repertoire in East Asia in the Early 20th Century

    Tokiko Inoue, 国外, 2021年10月, First Conference of the IMS Study Group, "Global History of Music": Music in the Pacific World: Change and Exchange Through Sound and Memory, Taipei, Taiwan, IMS Study Group, Global History of Music, 一般発表, 第一発表者

  • レパートリーの「革新」はどのように起こるのか?~20世紀の日本・米国・ドイツのオーケストラ演奏会データの検証が示すもの~

    井上登喜子, 国内, 2021年05月, 庭園想楽シンポジウム オーケストラ公演のレパートリー、過去・現在・未来~受け継がれてきたもの、変化していくもの~, オンライン, 庭園想楽, 招待講演, 第一発表者

  • 大正・昭和初期のオーケストラ演奏会と「オペラ抜粋曲」

    井上登喜子, 国内, 2021年02月, オペラ/音楽劇研究所2月研究例会(第193回オペラ研究会), オンライン開催, 早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所, 一般発表, 第一発表者

  • 浅草オペラへのまなざし―さまざまな文化を包摂する大正期芸能の再検証―

    井上登喜子, 国内, 2019年09月, 民族藝術学会第89回東京例会シンポジウム, お茶の水女子大学(東京), 民族藝術学会東京事務所, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 女性指揮者の「ガラスの天井」の国際的実証研究

    基盤研究(C), 井上登喜子, 日本学術振興会 科学研究費助成事業, 2021年度, 600千円

  • 実証分析による20世紀の交響楽団におけるレパートリー形成とその要因の国際比較研究

    基盤研究(C), 井上登喜子, 2014年度, 780千円

  • 実証分析による20世紀の交響楽団におけるレパートリー形成とその要因の国際比較研究

    基盤研究(C), 井上登喜子, 2013年度, 650千円

  • 実証分析による20世紀の交響楽団におけるレパートリー形成とその要因の国際比較研究

    基盤研究(C), 井上登喜子, 2012年度, 1,300千円

  • 一九二〇、三〇年代日本の西洋音楽のレパートリー形成とメディアに関 する実証研究

    若手研究(B), 井上登喜子, 2010年度, 650千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所, 委員,2021年04月 - 2022年03月, 国内

  • 早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所, 委員,2020年04月 - 2021年03月, 国内

  • 民族藝術学会, 理事,2015年04月 - 2021年03月, 国内

  • 国際音楽文献目録委員会(RILM)国際版担当, その他,2003年04月 - 2018年03月, 国内