TAKEMURA Asuka


Position

Associate Professor

Affiliation

Faculty of Core Research Humanities Division

Faculty

Languages and Culture

Education Organization (Master's Program)

Japanese Language and Literature

Education Organization (Doctoral Program)

Japanese Studies in a Global Perspective

写真a

Research Keywords 【 display / non-display

  • The history of Japanese language, The history of Japanese phonology

Academic 【 display / non-display

  • 奈良女子大学, 文学部, 言語文化学科言語情報学専攻, 大学, 2003.03, 卒業, Japan

  • 大阪大学大学院, 文学研究科, 国語学専門分野, 大学院(博士課程), 2008.03, 修了, Japan

  • 大阪大学大学院, 文学研究科, 国語学専門分野, 大学院(博士課程), 2013.03, 修了, Japan

Degree 【 display / non-display

  • 学士(文学), 奈良女子大学, 2003.03

  • 修士(文学), 大阪大学大学院, 2008.03

  • 博士(文学), 大阪大学大学院, 2013.03

Campus Career 【 display / non-display

  • Graduate School of Humanities and Sciences, Research Organization, the Core Section The Cultural Sciences Division, Assistant Professor, 2014.04 - 2015.03

  • Faculty of Core Research Humanities Division Fuculty of Core Research, Humanities Division, Assistant Professor, 2015.04 - 2018.03

  • Faculty of Core Research Humanities Division, Associate Professor, 2018.04 -

Research Field 【 display / non-display

 

Papers 【 display / non-display

  • 『日葡辞書』のオ段拗長音ー二様の表記は同音異表記ではないー

    国語国文, , vol.91(12)(p.1 - 13), 2022.12, 竹村 明日香, Original, Research paper (scientific journal), Single Author

  • 『上方はなしコーパス』について--近代大阪方言の速記落語--

    コーパスによる日本語史研究 近代編, (p.229 - 250), 2021.11, 竹村 明日香, Original, Research paper (scientific journal), Single Author

  • 謡伝書における五十音図―発音注記に着目して―

    『日本語の研究』, , vol.14(4)(p.48 - 64), 2018.12, 竹村 明日香・宇野 和・池田 來未, Original, Research paper (scientific journal), Capital Author

  • 九州方言エ段音節の再検討―中世日本語エ段音節の再構に向けて―

    日本語の研究, , vol.9(2)(p.16 - 32), 2013.04, 竹村 明日香, Original, Research paper (scientific journal), Single Author

  • 『日葡辞書』の開拗長音

    国語国文, , vol.81(3)(p.1 - 26), 2012.03, 竹村 明日香, Original, Research paper (scientific journal), Single Author

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 「日本語疑問文の通時的・対照言語学的研究」研究報告書

    中世日本語資料の疑問文―疑問詞疑問文と文末助詞との相関―, 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所, vol.1(p.3 - 19), 2014.03, 竹村 明日香・金水 敏, 金水 敏, Investigative Report(Field Research etc.), Joint Work

  • 「日本語疑問文の通時的・対照言語学的研究」研究報告書

    疑問文データベース作成に関する中間報告―中世日本語資料を中心に―, 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所, vol.1(p.117 - 125), 2014.03, 竹村 明日香, 金水 敏, Investigative Report(Field Research etc.), Individual

  • 近代語コーパス設計のための文献言語研究成果報告書

    電子化が望まれる近代語資料探索―日本語史を研究する大学院生の報告から―, 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所, (p.27 - 35), 2012.10, 岡島 昭浩・森 勇太・金 曘泳・竹村 明日香・坂井 美日, 田中 牧郎・岡島 昭浩・小木曽 智信・小野 正弘・小島 聡子・島田 泰子・朱 京偉・高田 智和・張 元哉・ 陳 力衛・近藤 明日子・須永 哲矢, Public Grants-in-Aid for Scientific Research Report, Joint Work

  • 文献に現れた語彙・語法と国語史の不整合性について

    抄注・北原白秋第二詩集『思ひ出』語彙, 大阪大学大学院文学研究科, (p.93 - 106), 2009.03, 蜂矢 真郷・鳩野 恵介・藤本 真理子・清田 朗裕・竹村 明日香・蜂矢 真弓, 蜂矢 真郷, Public Grants-in-Aid for Scientific Research Report, Joint Work

  • 忍頂寺文庫・小野文庫の研究

    忍頂寺文庫所蔵兵庫口説について―橋づくし、お染久松ものを中心に―, 大阪大学大学院文学研究科 飯倉洋一研究室, vol.2(p.52 - 61), 2007.03, 竹村 明日香, 「忍頂寺文庫・小野文庫の研究」共同研究グループ・国文学研究資料館, Investigative Report(Field Research etc.), Individual

Presentations 【 display / non-display

  • 契沖の仮名遣書における『塵芥抄』系謡伝書『筆之次』の利用の跡

    竹村 明日香, Domestic, Oral presentation (general), 2024.04, 2024/04/27, 第134回国語語彙史研究会, 国語語彙史研究会, Not Invited, Main Speaker

  • 宣長と謡伝書ー『漢字三音考』にみる四声観の摂取ー

    竹村 明日香, Domestic, Oral presentation (general), 2023.01, 2023/01/282023/01/28, 第2回文献日本語研究会, zoom, 文献日本語研究会, Not Invited, Main Speaker

  • 二つの「ぬ」--謡伝書の胡麻章が示し分ける打消と完了--

    竹村 明日香, Domestic, 2021.11, , 第16回国際比較日本学コンソーシアム 日本語・日本語教育部会, お茶の水女子大学, Not Invited, Main Speaker

  • 『上方はなし』コーパス(試作版)を使った調査例

    竹村 明日香, Domestic, 2019.03, , 『上方はなし』コーパス公開発表会―五代目笑福亭松鶴の落語を検索する―, 大阪市, Not Invited, Main Speaker

  • 『上方はなし』コーパス(試作版)の使い方

    竹村 明日香, Domestic, 2019.03, , 『上方はなし』コーパス公開発表会―五代目笑福亭松鶴の落語を検索する―, 大阪市, Not Invited, Main Speaker

display all >>

Work 【 display / non-display

  • もう悩まない!今日から変われる会話の教科書

    2022.08, Other

    2022年度お茶の水女子大学リベラルアーツ演習「ことばで近づく、ことばで離れる」受講生一同・竹村 明日香

Prize for Research Activities 【 display / non-display

  • 2018年度日本語学会論文賞

    日本語学会, 竹村 明日香・宇野 和・池田 來未, 論文「謡伝書における五十音図―発音注記を中心に―」(2018年12月『日本語の研究』掲載), 2019.03, Domestic

Receipt of outside funds (Education, Research, Contribution to Society and industry-academia[government] collaboration) 【 display / non-display

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(C)2024, 900Thousand yen

  • Grant-in-Aid for Early-Career Scientists2022

  • 「能楽の国際的・学際的研究拠点」2021年度共同研究2022

  • 「能楽の国際的・学際的研究拠点」2021年度共同研究2021, 174Thousand yen

  • Grant-in-Aid for Early-Career Scientists2021

display all >>

 

Contributions as an officer, member, etc., of an academic society 【 display / non-display

  • 2021.04 - 2023.03,Other, Academic society, research group, etc., Domestic

Open lectures; lectures, courses, and seminars; guest lectures; etc. 【 display / non-display

  • 兵庫口説について

    2014.02, 文楽応援団