内海 緒香

UTSUMI Shoka

写真a

学位 【 表示 / 非表示

  • 言語・地域文化学士

  • 人文科学修士

  • 人文科学学士

  • 社会科学博士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間文化創成科学研究科 研究院【基幹部門】 文化科学系,リサーチフェロー,2014年04月 - 2015年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 思いをつなぐ 保育の環境構成 4.5歳児クラス偏

    第6章 保育の環境と評価, 中央法規出版, 2020年02月, 内海 緒香, 宮里 暁美, 単行本(一般書), 126-136

  • 思いをつなぐ 保育の環境構成 2.3歳児クラス偏

    第6章 保育の環境と評価, 中央法規出版, 2020年02月, 内海 緒香, 宮里 暁美, 単行本(一般書), 116-126

  • 思いをつなぐ 保育の環境構成 0.1歳児クラス偏

    第6章 保育の環境と評価, 中央法規出版, 2020年02月, 内海 緒香, 宮里 暁美, 単行本(一般書), 122-132

  • Cyberbullying in the Global Playground: Research from International Perspectives

    Cyberbullying in Japan: Cases, government reports, adolescent relational aggression, and parental monitoring roles, Wiley-Blackwell, 2012年02月, AOYAMA I., UTSUMI S., HASEGAWA M., Li Q., CROSS D., P. K. SMITH P.K., 単行本(学術書), 183-201

論文 【 表示 / 非表示

  • Unlearning-based professional development for early childhood care and education: Survey of the ECCELL program at Ochanomizu University, Japan

    高等教育と学生支援, 11巻(頁25 - 32), 2021年03月, HAMAGUCHI Junko, UTSUMI Shoka, 総説, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • 子どもの安心安全を守り育む保育実践尺度(FCHWS)の作成:見守り概念とモニタリング理論を踏まえて

    人文科学研究, 16巻(頁157 - 167), 2020年03月, 内海 緒香, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 子どもの健康・安全・適応を育む保育の場における見守りプロセスの検討

    人文科学研究, 15巻(頁89 - 103), 2019年03月, 内海 緒香, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 子どもの健康・安全・適応はどのようにモニタリングされているのか:幼稚園教師の語りの質的内容分析

    人文科学研究, 14巻(頁121 - 132), 2018年03月, 内海 緒香, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「探求力・活用力に関する追跡調査」報告―お茶の水女子大学附属小学校6年生データに焦点をあてて―

    高等教育と学生支援, 7巻(頁61 - 68), 2017年03月, 内海 緒香, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 実践ファイル 第3回お茶大こども園フォーラム報告 実践や体験を通して語り合い学び合う

    幼児の教育, 118巻4号(頁24 - 27), 2019年09月, 内海 緒香, 資料, 単著, 査読あり, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 倉橋惣三と日本の保育について -J・トビン氏、林 安希子さんと『育ての心』を読む-

    幼児の教育, 117巻1号(頁54 - 57), 2017年12月, 浜口 順子・内海 緒香, 原著, 共著者, 査読あり, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 園生活における保育者の幼児に関するモニタリング―保育者は子どもの健康・安全・適応をどのようにモニタリングしているか―

    内海 緒香, 国内, 2015年09月, 日本心理学会 第79回大会, 名古屋 名古屋大学, 日本心理学会, 一般発表, 第一発表者

  • 成人期の対人ネットワークの質の検討―日本語版Network Relationships inventory を用いて―

    吉武 尚美・菅原 ますみ・内海 緒香, 国内, 2014年09月, 日本心理学会 第78回大会, 京都 同志社大学, 日本心理学会, 一般発表, 共著者

  • CRPBI-30の信頼性と妥当性の検討:中学生の自己報告を用いて

    内海 緒香, 国内, 2012年09月, 日本心理学会第76回大会, 東京, 日本心理学会, 一般発表, 第一発表者

  • 親の権威に対する中学生と親の判断:領域理論の視点から

    内海 緒香, 国内, 2011年09月, 日本心理学会第75回大会, 東京, 一般発表, 第一発表者

  • Self-esteem, perceived parenting and psychological adjustments among Japanese mid-adolescents

    UTSUMI Shoka, 国外, 2011年08月, European Conference on Developmental Psychology, Bergen (Norway), ECDP, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 幼小接続期における自己制御を育む養育者と保育者のモニタリング

    基盤研究(C), 2021年度

  • 認定こども園教育・保育カリキュラムの開発:地域・社会に開かれた教育課程の視点から

    基盤研究(C), 宮里暁美, 2021年度

  • 幼小接続期における自己制御を育む養育者と保育者のモニタリング

    基盤研究(C), 2020年度, 350千円

  • 認定こども園教育・保育カリキュラムの開発:地域・社会に開かれた教育課程の視点から

    基盤研究(C), 宮里 暁美, 2020年度