大薮 海

OYABU Umi

職名

准教授

生年月

1982年01月

所属

基幹研究院 人文科学系

グローバル女性リーダー育成研究機構 グローバルリーダーシップ研究所

文教育学部 人文科学科

主担当学科

文教育学部人文科学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻歴史文化学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻国際日本学領域

URL

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 日本中世史、室町幕府、興福寺、北畠氏、応仁・文明の乱、明応の政変

研究内容 【 表示 / 非表示

  • 室町幕府は守護を各国に設置することにより地方統治を行っていたと考えられがちですが、各国の状況を史料に即して詳しく検討すると、守護の支配が及んでいた地域とそうでない地域が浮かび上がってきます。たとえば、興福寺は寺社権力でしたが、大和国(現在の奈良県)を支配する地域権力でもありました。同様に、北畠氏も公家社会を構成する公家衆の一員でしたが、伊勢南半国(現在の三重県南部)を支配する地域権力でもありました。彼らは守護による支配を受けないばかりか、守護に代わる働きもしていました。幕府は、守護による一元的な統治という理想を捨て、守護と既存の地域権力を並存させて利用するという現実策を採ったのです。その支配体制が応仁・文明の乱を契機として乱れ、明応の政変で完全に崩壊します。曖昧で体制としては不安定なものがなぜ一応の成功を収めていたのかについて、京都からではなく地方からの視点を重視しながら研究を進めています。

教育内容 【 表示 / 非表示

  • 中世史料に慣れることを目的として、古記録や古文書を講読しています。学部では『言継卿記』を、大学院では『北野社家日記』をテキストとして使用しています。さらに大学院では、後北条氏発給文書も年代順に読み進めています。また、ゼミでの講読とは別に、古文書の勉強会や『建内記』の輪読会も開いています。

将来の研究計画・研究の展望・共同研究の可能性 【 表示 / 非表示

  • 公武統一政権が各地域権力と取り結んでいた関係を追究し、室町期の支配構造を解明したいと考えています。

受験生等へのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 「歴史は覚えることが多い」と思い込みがちです。しかし、ある一つの証拠や疑問を出発点として、あらゆる可能性を模索しながらさらに証拠を集めて推理し、一つの論を組み立てていく―歴史研究に必要なのは論理的思考力であり、知識ではありません。もしわからないこと・知らないことが出てきたならば、その場で調べればよいのです(もちろん、知識があればなお良いのですが)。あと必要なのは、不思議に思う気持ちと好奇心。ありのままを受け入れるのではなく、「なぜどうしてそうなったのか?」と考えることを常に意識してください。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学, 文学部, 人文社会学科日本史学専攻, 大学, 2004年03月, 卒業, 日本国

  • 慶應義塾大学大学院, 文学研究科, 史学専攻(日本史学), 大学院(修士課程), 2006年03月, 修了, 日本国

  • 慶應義塾大学大学院, 文学研究科, 史学専攻(日本史学), 大学院(博士課程), 2009年03月, 単位取得満期退学, 日本国

  • 慶應義塾大学大学院, 文学研究科, 史学専攻(日本史学), 大学院(博士課程), 2012年07月, その他, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(史学), 2004年03月

  • 修士(史学), 2006年03月

  • 博士(史学), 2012年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 基幹研究院 人文科学系,助教

  • 文教育学部 人文科学科,助教

  • 人間文化創成科学研究科 博士前期課程 比較社会文化学専攻,助教

  • グローバル女性リーダー育成研究機構 グローバルリーダーシップ研究所,研究員

  • 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 比較社会文化学専攻,助教

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾高等学校 社会科,講師,2006年04月 - 2008年03月

  • 慶應義塾大学 文学部,講師,2009年04月 - 2011年03月

  • 国立歴史民俗博物館 研究部,補助業務従事者,2009年07月 - 2011年03月

  • 学習院高等科 社会科,講師,2011年04月 - 2012年03月

  • 国立歴史民俗博物館 研究部,研究支援推進員,2011年04月 - 2012年03月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 『応仁・文明の乱と明応の政変』

    吉川弘文館, 2021年03月, 大薮 海, 研究書

  • 『南北朝武将列伝 南朝編』

    「北畠親房―後醍醐・後村上を支えた南朝の指導者」, 戎光祥出版, 2021年03月, 大薮 海, 亀田 俊和・生駒 孝臣, 単行本(一般書), 98-119

  • 『増補改訂新版 日本中世史入門―論文を書こう』

    「室町期守護論の「これまで」と「これから」」, 勉誠出版, 2021年03月, 大薮 海, 秋山 哲雄・田中 大喜・野口 華世, 単行本(学術書), 295-314

  • 『中世史講義【戦乱篇】』

    「応仁の乱」, 筑摩書房, 2020年04月, 大薮 海, 高橋典幸, 単行本(学術書), 137-157

  • 『室町・戦国天皇列伝』

    「後亀山天皇―南北朝合一のはざまで」, 戎光祥出版, 2020年03月, 大薮 海, 久水俊和・石原比伊呂, 単行本(学術書), 75-99

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 「康暦の強訴終結後の混乱と南都伝奏の成立」

    『お茶の水史学』62号(頁1 - 15), 2019年03月, 大薮 海, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「奥州再仕置に関わる新出の徳川家康書状」

    『戦国史研究』77号(頁28 - 29), 2019年02月, 大薮 海, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「洛中洛外図屏風「歴博甲本」と「歴博乙本」の人物データベースによる比較」

    『国立歴史民俗博物館研究報告』209号(頁123 - 154), 2018年03月, 小島 道裕・森下 佳菜・大薮 海, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共著者

  • 「南北朝期の興福寺強訴と戒重西阿―いわゆる三輪勝房をめぐって―」

    『大美和』134号(頁20 - 26), 2018年01月, 大薮 海, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • 「『洛中洛外図屏風』に描かれた中世京都の商人と職人―「歴博甲本」人物データベースの活用―」

    『お茶の水女子大学比較日本学教育研究センター研究年報』13号(頁102 - 108), 2017年03月, 大薮 海, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

全件表示 >>

その他雑誌掲載文 【 表示 / 非表示

  • 「明応の政変における伊勢貞宗の動向―新出文書の紹介―」

    『日本歴史』846号(頁75 - 77), 2018年11月, 大薮 海, 原著, 単著, 査読なし, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 「「美し国」からの贈物」

    『三重県史だより』, 32巻1号(頁1 - 2), 2017年03月, 大薮 海, 原著, 単著, 査読なし, 総説・解説(その他)

  • 「2016年の歴史学界―回顧と展望― 日本(中世)南北朝・室町期」

    『史学雑誌』, 124巻5号(頁73 - 76), 2015年05月, 大薮海, 原著, 単著, 査読なし, 総説・解説(学術雑誌)

  • 「洛中洛外図屏風歴博甲本人物データベース各項目の立項方法と入力語」

    『国立歴史民俗博物館研究報告』180号(頁79 - 103), 2014年02月, 大薮海, 原著, 単著, 査読なし, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 「書評 木下聡著『中世武家官位の研究』」

    『日本史研究』608号(頁68 - 78), 2013年04月, 大薮海, 原著, 単著, 査読なし, 書評,文献紹介等

全件表示 >>

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 『新説 応仁の乱』

    応仁の乱で室町幕府の地方支配はどう変わった?, 宝島社, (頁180 - 189), 2017年05月, 大薮 海, その他, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 「応永期興福寺諸職補任事例にみる室町幕府―興福寺関係の変化」

    大薮 海, 国内, 2019年11月, 第117回史学会大会日本史部会, 東京都文京区, 史学会, 一般発表, 第一発表者

  • 「『洛中洛外図屏風』に描かれた中世京都の商人と職人」

    大薮 海, 国内, 2016年12月, 第11回国際日本学コンソーシアム―はたらく/あそぶ―, 東京, お茶の水女子大学比較日本学教育研究センター, 一般発表, 第一発表者

  • 「明応の政変における伊勢貞宗の行動―新出史料の紹介―」

    大薮 海, 国内, 2014年11月, 史学会大会, 東京都文京区, 史学会, 一般発表, 第一発表者

  • 「中世後期の地域支配―幕府・守護・知行主―」

    大薮 海, 国内, 2013年05月, 歴史学研究会大会, 東京都国立市, 歴史学研究会, 一般発表, 第一発表者

  • 「画像技術を用いた歴史情報の可視化とその展示応用」

    宮田 公佳・大薮 海・小島 道裕, 国内, 2012年03月, 日本色彩学会 視覚情報基礎研究会 第11回研究発表会, 東京都新宿区, 日本色彩学会 視覚情報基礎研究会, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 強訴消滅後の室町・戦国期興福寺訴訟ルートの基礎的研究

    若手研究(B), 科学研究費補助金, 日本学術振興会, 2019年度, 500千円

  • 強訴消滅後の室町・戦国期興福寺訴訟ルートの基礎的研究

    若手研究(B), 大薮 海, 科学研究費補助金, 日本学術振興会, 2018年度, 900千円

  • 南北朝期興福寺関係史料の研究―『細々要記』の諸本調査と復元―

    大薮 海, 須田 牧子・末柄 豊・安田 次郎・荻島 聖美, 東京大学史料編纂所一般共同研究, 東京大学史料編纂所, 2017年度, 270千円

  • 強訴消滅後の室町・戦国期興福寺訴訟ルートの基礎的研究

    若手研究(B), 大薮 海, 科学研究費補助金, 日本学術振興会, 2017年度, 700千円

  • 南北朝期興福寺関係史料の研究―『細々要記』の諸本調査と復元―

    大薮 海, 須田 牧子・末柄 豊・安田 次郎・荻島 聖美, 東京大学史料編纂所一般共同研究, 東京大学史料編纂所, 2016年度, 440千円

全件表示 >>

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 『古文書研究』(日本古文書学会), 委員,2016年02月 - 2018年03月, 国内