髙橋 哲

TAKAHASHI Masaru

職名

准教授

所属

基幹研究院 人間科学系

主担当学科

生活科学部心理学科

担当大学院(博士前期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻発達臨床心理学コース

担当大学院(博士後期課程)

人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻発達臨床心理学領域

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 非行・犯罪,逸脱行動,再犯リスクアセスメント,自傷・他害,嗜癖

学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学, 教育学部, 教育心理学コース, 大学, 1998年03月, 卒業, 日本国

  • 南イリノイ大学カーボンデール校(Southern Illinois University Carbondale), 大学院(修士課程), 2010年12月, 修了, アメリカ合衆国

  • 筑波大学大学院, 人間総合科学研究科 , 生涯発達科学専攻, 大学院(博士課程), 2016年03月, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(カウンセリング科学), 2016年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 基幹研究院 人間科学系,准教授,2020年04月 - 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 法務省 矯正局,法務技官(心理),1999年04月 - 2020年03月

  • 人事院,国家公務員採用総合職試験(人間科学)試験専門委員,2011年07月 - 2014年06月

  • 早稲田大学文学学術院,非常勤講師,2012年09月 - 2014年03月

  • 桜美林大学大学院心理学研究科,非常勤講師,2019年09月 - 2022年03月

  • 青山学院大学大学院,非常勤講師,2021年04月 - 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 大学受験生の精神的健康に関する研究の動向と展望

    お茶の水女子大学心理臨床相談センター紀要, 23巻(頁1 - 9), 2022年03月, 松平祐美子・高橋哲, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • Gender Differences in the Relationship between Methamphetamine Use and High-risk Sexual Behavior among Prisoners: A Nationwide, Cross-sectional Survey in Japan.

    Journal of psychoactive drugs(頁1 - 9), 2021年, Shimane, T., Takahashi, M., Kobayashi, M., Takagishi, Y., Takeshita, Y., Kondo, A., ... & Matsumoto, T., 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

その他書籍掲載文、作品解説・解題、校閲・監修(特定課題研究報告書を含む) 【 表示 / 非表示

  • 覚醒剤事犯者の理解とサポート2021

    9 ACEと自殺・自傷, 国立精神・神経医療研究センターおよび法務省法務総合研究所, 2022年03月, 解説書・図録等, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 再犯リスクコミュニケーションに関する予備的検討

    高橋哲, 国内, 2021年10月, 日本犯罪心理学会第59回大会, 一般発表, 第一発表者

  • 性犯罪の加害者臨床

    高橋哲, 国内, 2021年09月, 日本心理臨床学会第40回大会, 一般発表, 第一発表者

  • Denial, recidivism, and acceptance of responsibility among sex offenders

    Takahashi, M., 国外, 2021年06月, Asian criminological society 12th Annual Conference, 一般発表, 第一発表者

研究活動に対する受賞 【 表示 / 非表示

  • 法務省矯正局長表彰

    高橋哲, 2019年12月, 国内

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 再犯防止に向けた多職種連携のためのリスクコミュニケーション指針の策定

    若手研究, 2021年度, 900千円