萩原 章子

HAGIWARA Akiko

写真a

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 文字認識 音声認識 漢字

学歴 【 表示 / 非表示

  • アイオワ大学大学院, 第二言語習得, 大学院(博士課程), 2010年07月, 卒業, アメリカ合衆国

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • ミシガン州立大学,講師,2000年01月 - 2005年05月

  • 早稲田大学,常勤インストラクター,2012年04月 - 2015年03月

  • 国際基督教大学,特任講師,2015年04月 - 2020年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The role of phonology and phonetic radicals in L2 kanji learning

    The Modern Language Journal, 100巻4号(頁880 - 897), 2016年12月, HAGIWARA Akiko, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • Effect of visual support on the processing of multiclausal sentences

    Language Teaching Research, 19巻4号(頁455 - 472), 2015年, HAGIWARA Akiko, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

  • 日本語学習者によるEメール作成 :書き手中心から読み手中心へ

    早稲田日本語教育 実践研究2号(頁9 - 24), 2014年02月, 萩原 章子, 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • プライミング効果と複文内の助動詞の産出に関する検証

    ICU日本語教育研究7号(頁3 - 18), 2011年03月, 萩原 章子 , 原著, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

  • JSL learners’ processing and reconstruction of complex sentences

    日本語教育146号(頁103 - 117), 2010年08月, HAGIWARA Akiko, 原著, 研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Cluster Analysis for Finding L2 Kanji Learners’ Ability to Utilize Phonological Knowledge

    国外, 2021年03月, 第二言語習得学会 国際年次大会, 一般発表, 第一発表者

  • Exploring Visual-Aural Association in Learning Kanji as Second Language: Does Mode of Input Influence Cognitive Load?

    国外, 2019年03月, The American Association for Applied Linguistics (AAAL) Conference, 一般発表, 第一発表者

  • 中級日本語学習者の漢字力―プレースメントテストを用いた 漢字圏・非漢字圏学習者の比較

    国内, 2017年05月, 日本語教育学会春季大会, 一般発表, 第一発表者

  • 初級学習者を対象とした漢字プレースメントテストの妥当性‐問題形式・学習者の漢字力の差異に焦点を当てた検証

    国内, 2016年11月, 日本語教育学会秋季大会, 一般発表, 第一発表者

  • 音符を学ぶことは音符を含む漢字を覚えることに貢献するか

    国内, 2016年05月, 日本語教育学会春季大会, 一般発表, 第一発表者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • 発音中心か文字中心か:漢字語彙を覚えるための認知的負荷軽減の方略

    基盤研究(C), 萩原章子, 2021年度

  • 読み・意味・字形の関連付け強化が非漢字圏学習者の漢字学習に与える効果の検証

    若手研究, 萩原章子, 2020年度, 264千円

  • 読み・意味・字形の関連付け強化が非漢字圏学習者の漢字学習に与 える効果の検証

    若手研究, 萩原章子, 2019年度

  • 読み・意味・字形の関連付け強化が非漢字圏学習者の漢字学習に与 える効果の検証

    若手研究, 萩原章子, 2018年度

  • 音と形の同時学習による漢字習得―非漢字圏日本語学習者のための 学習モデル構築

    奨励研究, 萩原章子, 2013年度

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育学会, 委員,2020年06月 - 現在, 国内