新田 陽子

NITTA Yoko

職名

准教授

所属

基幹研究院 自然科学系

写真a

学歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学生活科学部食品栄養科学科, 大学, 2000年03月, 卒業, 日本国

  • 大阪市立大学大学院生活科学研究科, 大学院(修士課程), 2002年03月, 修了, 日本国

  • 大阪市立大学大学院生活科学研究科, 大学院(博士課程), 2005年03月, 修了, 日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生活科学), 2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 基幹研究院 自然科学系,准教授,2021年04月 - 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 奈良女子大学生活環境学部食物栄養学科,助手,2005年04月 - 2007年03月

  • 奈良女子大学生活環境学部食物栄養学科,助教,2007年04月 - 2009年03月

  • 兵庫県立大学環境人間学部,助教,2009年04月 - 2013年03月

  • 岡山県立大学保健福祉学部栄養学科,准教授,2013年04月 - 2021年03月

 

学術著書・訳書 【 表示 / 非表示

  • 米の機能性食品化と新規利用技術・高度加工技術の開発

    米粉麺の物性, 株式会社テクノシステム, 2022年03月, 新田 陽子, 大坪 研一, 研究書, 317-326

  • アレルギーの臨床 2020年12月臨時増刊号

    薬用植物を使用したアレルギー様食中毒予防の研究, 2020年, 新田陽子,菊崎泰枝, 研究書

  • Impact

    2019年, 研究書

  • エッセンシャル食品化学

    2018年, 教科書, 181-196

  • 食品学総論

    2016年, 教科書, 110-116

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Structural analysis of the human histidine decarboxylase Y334F mutant

    J. Biol. Macromol., 2021年, KOMORI Hirofumi, NITTA Yoko, 原著, 研究論文(学術雑誌), 共著者

  • A single amino acid substitution converts a histidine decarboxylase to an imidazole acetaldehyde synthase.

    Arch. Biochem. Biophys. , 693巻(頁108551 - ), 2020年, TAKESHIMA Daiki, MORI Ayaka, ITO Hideyuki, KOMORI Hirofumi, UENO Hiroshi, NITTA Yoko, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • Isolation of phenolic components from strawberry cultivar 'Tokun' and their inhibitory activities on recombinant human histidine decarboxylase.

    J. Biol. Macromol., 2020年, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • ヒスタミン産生菌が誘発する食中毒の予防を目的としたコロナ放電の効果について

    日本食品微生物学会雑誌, 2020年, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

  • The ellagitannin trimer rugosin G inhibits recombinant human histidine decarboxylase.

    Biosci. Biotech. Biochem., 2019年, 原著, 研究論文(学術雑誌), 第一著者相当

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • エラジタンニン,ガロタンニンによる食品中ヒスタミン蓄積抑制機構の解明

    葛西 円,菊崎 泰枝,新田 陽子, 国内, 2022年03月, 第466回研究協議会,ビタミンB研究委員会, 一般発表, 第一発表者

  • ヒスタミン生成酵素の1アミノ酸置換による触媒能変換について

    竹島 大貴,小森 博文,植野 洋志,新田 陽子, 国内, 2022年01月, 日本ヒスタミン学会, 一般発表, 第一発表者

  • ヒスチジン脱炭酸酵素および芳香族アミノ酸脱炭酸酵素の活性に影響を及ぼす香辛料成分

    新田 陽子, 国内, 2021年12月, 香辛料研究会, 招待講演, 第一発表者

  • メドウスイートに含まれるヒスタミン産生抑制成分の探索

    竹元 優花,小原 理加,高砂 美有,新田 陽子,小倉 裕範,菊﨑 泰枝, 国内, 2021年12月, 香辛料研究会, 一般発表, 共著者

  • エラジタンニン,ガロタンニンによるモルガン菌由来ヒスチジン脱炭酸酵素の阻害

    葛西 円,菊崎 泰枝,新田 陽子, 国内, 2021年12月, 日本生物高分子学会, 一般発表, 共著者

全件表示 >>

外部資金等受入(教育・社会貢献の外部資金を含む) 【 表示 / 非表示

  • ハナビラタケβ-グルカンの新規食感改良剤としての活用に関する研究

    飯島藤十郎記念食品科学振興財団, 2022年度, 2,300千円

  • アレルギー様食中毒の予防を目的とした非加熱調理の最適化の検討

    基盤研究(C), 2021年度, 1,800千円

  • ヒスタミンに起因するアレルギー様食中毒防止に資する食用植物成分の探索

    基盤研究(C), 2021年度, 650千円

  • ビタミンB研究委員会奨励寄付金, 2021年度, 78千円

  • 株式会社ビオスタ奨励寄付金, 2021年度, 1,546千円

 

学術団体の役員、委員等としての貢献 【 表示 / 非表示

  • 日本栄養改善学会未来デザイン委員会, 委員,2021年12月 - 現在, 国内

  • ビタミン学会将来構想検討委員会, 委員,2021年04月 - 現在, 国内

  • ビタミンB研究委員会, 委員,2018年04月 - 現在, 国内

  • 日本生物高分子学会, 理事,2016年04月 - 現在, 国内

  • 日本生物高分子学会, 評議員,2013年04月 - 現在, 国内

全件表示 >>